眉マスカラで自然な眉を作る!使い方次第で簡単に印象チェンジ

眉メイクに必要なアイテムには、アイブロウライナーやパウダーなど、たくさんの種類があります。

なかでも重要なカギを握っているのが「眉マスカラ」。眉メイクのアイテムの中では、もしかするとマイナーなイメージをもっている方もいるかもしれませんね。

実はこの眉マスカラを使うことで、より自然に、表情もより柔らかに見せることができるんです。

眉メイクは、アイメイクに比べるとその作業行程も少なく、アイテムをチェックしたり増やしたりするのも後回しにしてしまいがち。

でも、一度ここで眉メイクの、特に眉マスカラの重要性について知っておくことで、さらに自分の魅力を引き出すことにつながりますよ!

眉マスカラを使うメリットや色の選び方、そしてよりナチュラルな眉に仕上げる方法をご紹介します。

眉から得る情報は意外と多い!顔の印象の決め手となる眉

眉は、パーツとしてはとても小さいですが、実は顔の印象を決定づけるとても重要な役割を果たしています。

たとえば眉間に寄ったしわや上がり眉、下がり眉といった眉の様子から、怒りや悲しみなどのような感情がわかりますよね。

さまざまな表情にあわせて眉が動くように、眉の持つ印象によっても、顔全体の雰囲気の伝わり方が変わります。眉の印象は喜怒哀楽などの感情表現を伝える一部分として、しっかりと認識されているのです。

ですから、せっかく他のパーツのメイクがうまくいっても、眉メイクがうまくいかないと、顔全体が残念なイメージになってしまうことも。

だからといって気合いを入れすぎてしまうと、眉だけが悪目立ちしてしまうという危険性もあります。

そうならないように、眉メイクには注意が必要です。

眉メイクには必需品!眉マスカラを使うメリットとは

眉メイクのアイテムにはたくさんの種類がありますが、なかでも忘れちゃいけないのが眉マスカラです。マストアイテムとも言えるでしょう。

眉マスカラを使うメリットには、以下のようなものが挙げられます。

  • 脱色に比べて短時間・簡単に眉の色を変えられる
  • 肌への負担が軽く済む
  • ふんわりと垢抜けた仕上がりに
  • 汗や水に強く、いつの間にか消えているという心配がない
  • 立体感を出し、メリハリのある印象へ
  • 髪色に合わせて気軽に変えることができる

そう、お手軽・簡単に取り入れることができるのです。

しかも垢抜け、メリハリという、メイクをするうえで意識したい2点も網羅できちゃいます。まさにいいこと尽くしですね。

また、最近では、眉毛ティントという「眉毛を描いた後でも、一週間以上色が落ちない」というアートメイクに似たアイブロウのコスメも発売されています。

時短でメイクがしたい、すっぴんでも綺麗な眉毛があるようにしたいという方には眉毛ティントという方法もおすすめです。「メイクの時短とすっぴん美人が叶う!話題の眉ティントを試してみました」是非こちらの記事も確認してみてくださいね!

色はどう選ぶ?自分に似合う色の選び方

簡単に眉の印象を変えることのできる、メリットもたくさんの眉マスカラ。

しかし、店頭の商品を見てもオンラインで注文するにしても、そのカラーバリエーションはざまざまです。

大切なのは、自分に合った色選び。

どんな色が自分に合うのか、似合う色の選び方のポイントは3つあります。

  • 髪色に合わせる
  • 瞳の色に合わせる
  • 自眉より気持ち明るめの色を選ぶ

この3つのポイントを意識することで、眉の色が全体の雰囲気から浮いてしまうという状況を避けることができますよ。

これらに加え、テクスチャーにも着目しましょう。眉毛の質によって色ののり具合も変わってきます。

毛質が堅くしっかりしているなら硬め、毛質がふんわり柔らかいならゆるめのものを選ぶとよいでしょう。

テスターを活用すれば、自分の毛質にあったものを選ぶことができますね。

眉マスカラはこう使う!とても簡単な3ステップ

ここからは実際に眉マスカラを使って、より自然なナチュラル眉に仕上げる方法についてご紹介します。

1.自眉をきちんと整えておく

大前提として、自眉は整えておきましょう。

毛流れを整えた上で、ラインからはみ出してしまっている部分はカットしたり抜いておくことで、仕上がりは大きく変わってきます。

また、なるべく自眉を『活かす』ことも大切。より自然に仕上がりますよ。

2.アイブロウライナーやパウダーを使って眉を描いておく

眉メイクのベースとなる部分です。

ここの工程で顔全体や服装に合わせて眉をデザインしておきましょう。

綺麗に仕上がるか、あまりない自信がない人は「眉毛が顔の印象を左右させる!綺麗な眉毛の書き方を知ろう」で一度確認してみましょう。

眉メイクの最後に眉マスカラをオン

眉メイクの仕上げで眉マスカラを使っていきましょう。注意して欲しい点が3つありますので、確認しながら見ていきます。

1.塗る前にまずはティッシュオフ
つけすぎを防ぐために、とても重要なステップです。地肌につけてしまうと、平面的になってしまい、たちまち不自然な仕上がりになってしまいます。面倒に感じるかもしれませんが、失敗しないようにするためにも忘れずにティッシュオフを。
2.毛の流れとは反対方向につけていこう
毛の流れに逆らうことで、しっかりと眉毛に色をのせることができます。その際、少しずつ小刻みに動かすことを意識しましょう。
3.最後は毛の流れに沿って軽く整える
再度色づけするのと、毛の流れをキープさせる効果があります。この工程により眉の立体感を出すこともできます。

この3ステップで眉メイクの完成です。

こうしてみてみると、難しい手順はありませんよね。そう、眉マスカラは先ほどから触れているように、簡単、手軽に取り入れられるのです!

あなたはどんな眉が好き?眉で自分らしさを表現しよう!

いかがでしたか?眉で自分の印象を演出できること、眉の形や色によってその印象を変えられることがおわかりいただけたのではないでしょうか。

ただ一つ忘れてはいけないこと。どんな眉の形であっても、重要なのは『自然に見える』ということです。

より自然な眉に仕上げるためにも、使う手順やポイントに気をつけながら、日頃の眉メイクにぜひ眉マスカラを取り入れましょう。

眉マスカラを活用して、より自然な眉で自分らしさを表現してみませんか。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る