爆発くせ毛を抑える方法!雨の日の髪のセットもバッチリ決められる

よくシャンプーのCMで見る、まっすぐでサラサラな髪はやはり憧れ。でも現実はそうもいきません。

あなたはくせ毛に悩んだことはありませんか?実は、くせ毛の日本人はかなり多く、70%はくせ毛だともいわれています。

くせ毛の程度にもよりますが、くせが強い方だと雨が降ったりして湿度があがっただけでぶわっと広がってしまうことも。雨の日が憂鬱になってしまいますよね。

いったいどうしてくせ毛になってしまうのでしょうか。「子どもの頃はまっすぐだったのに……」と思っている方もいるかもしれませんが、ちゃんと原因があったんです。

くせ毛は直せるのでしょうか。

そして、くせ毛の方の予防や対策はどんなものが有効なのでしょうか。

あなたも当てはまるかも?くせ毛ってこんな髪

まずは『くせ毛』と呼ばれるのがどんな髪なのかについて考えてみましょう。

くせ毛とは髪がまっすぐに生えていない状態ですが、外因的や生活習慣的な要素を除けば、これは毛穴や毛根が歪んでいる状態で生えてくる髪です。

髪の毛を輪切りにして顕微鏡などで見てみると、まっすぐ、つまり直毛の断面は円形をしています。

それに対して、くせ毛の断面は楕円形をしています。

そのために髪のまとまりが悪く、広がってしまうことが多いのです。

毛穴や毛根が歪んでいる状態と言いましたが、これは別に特殊なことでも悪いことでもありません。その人が生まれつき持っている性質です。

ただ、この性質を持っていると、そもそも髪がまっすぐに生えないのです。それで髪がくせ毛になってしまうというわけです。

生まれつきじゃないのにくせ毛になってしまうのはなぜ?

生まれつきや、それ以外の理由でくせ毛になってしまうのには、いくつか原因があります。

遺伝によるもの

これは生まれつきなので、なにも悪いことではありません。

両親の両方がくせ毛の場合はもちろん、どちらかがくせ毛の場合でも高確率で子どもはくせ毛になります。

なぜかというと、くせ毛は優性遺伝子なので遺伝しやすいためです。

よって、日本人にはくせ毛の方が多いのです。

成長によって髪質が変化する

「子どもの頃はまっすぐでサラサラだったのに……」という場合はこれが原因かもしれません。

子どもの髪はやわらかいですよね。これは大人の髪とは髪質が異なるためです。しかし、思春期を迎える頃にはホルモンバランスが変化します。

これにより、幼い頃と髪質が変わってしまう場合です。

毛穴が詰まっている

毛穴が歪んでいると、髪がまっすぐに生えないのでしたね。

これが生まれつきの場合は悪いことではないですし、仕方のないことなのですが、外因的な要素で毛穴が歪んでいる場合は少し注意をしなければなりません。

毛穴に汚れなどが詰まると、それが原因で歪みになることがあります。

詰まるものは主に、3種類です。

シャンプーなどに含まれる添加物
シャンプーやトリートメントには、多少の差はあれども添加物が使われています。髪を洗う際にシャンプーやトリートメントを落としきれていない場合、頭皮に残ってしまい、毛穴を詰まらせてしまうのです。
皮脂や汚れ
生きていれば皮脂は絶対に分泌されますし、生活すれば髪にも汚れが付きます。これも落としきれていない場合、毛穴を詰まらせる原因となるのです。
洗浄力が強すぎて頭皮が弱くなっている
シャンプーの洗浄力が強すぎて髪に必要な皮脂まで取り去ってしまう場合、髪が水分不足になって皮脂を過剰に分泌してしまい、それが詰まりの原因になることもあり得ます。

過度なダイエットによる栄養不足

運動などでダイエットをしている場合は、髪についてはなにも問題がありません。

ただし、ダイエットのためなどの理由で過度の食事制限をしている方は要注意なのです。

食事制限をすると、体に必要な栄養が不足します。

するとどうなるかというと、髪や爪といった生命維持に比較的影響のない部分から、与えられる栄養が減っていくのです。

髪は頭皮から生えますね。そのため、頭皮に与えられる栄養が足りないと髪が十分に育ちません。

そして、食事制限によるダイエットはリバウンドする可能性も大いにあります。

リバウンドしてしまった場合、頭皮に再び栄養がいくため、髪は太くなります。

こう聞くと「それなら髪が元気に戻って、いいことじゃないの?」と思われるかもしれませんが、そうともいえないのです。

髪は一気に伸びるものではないために、一本の髪に細い部分と太い部分ができてしまうことになります。

すると、くせ毛の一種である『連球毛』という状態になってしまうのです。

くせ毛であることのデメリット

上記のような原因で、もともとくせ毛である、もしくはくせ毛になってしまった場合、いろいろと困ったことが起きます。

普段から実感されている方も多いでしょう。代表的なのは、雨の日に広がってしまうことと、パサパサになりやすいという2点です。

雨の日に髪が広がるのはどうして?

くせ毛はもともと水分を吸収しやすい性質があります。

そして天気が悪くなると湿度が高くなりますよね。これより空気中の水分を吸収してしまって、髪が広がってしまうのです。

常に天気が悪い状態が続く、梅雨時などはなおさらです。

パサパサしやすいのはどうして?

くせ毛は直毛に比べて、乾燥しやすいと言われています。

それはなぜかというと、くせ毛は髪がうねっているため、髪の間を直毛より空気が通りやすいのです。

空気に触れることが多いために、乾燥しやすいというわけですね。

また、うねっているために髪を保護しているキューティクルが剥がれやすく、傷みやすくてそれが原因となるという一面もあります。

くせ毛対策にはシャンプーを見直す

さて、ではここから具体的な、くせ毛対策を見ていきましょう。

ここまで読んで、「じゃあ遺伝が原因だったら直らないんだ……」と思った方も多いかもしれません。

でも、くせ毛対策をすることによって、なるべくくせ毛を抑えることは可能なんです。

くせ毛対策にとって、一番大切なのは適切なシャンプーを使い、正しくシャンプーをすることです。

おすすめのシャンプーは、アミノ酸シャンプーです。

アミノ酸シャンプーのメリット

髪はたんぱく質からできています。

そして、アミノ酸はたんぱく質のもとになる物質なのです。よって、髪に栄養を与えてくれる効果があります。

また、アミノ酸シャンプーは添加物が少なめのものが多いのです。

洗浄力はそれほど強くないのですが、そのために頭皮に必要な皮脂を落としすぎてしまうことが少なくなります。

正しいシャンプーをしよう

では、シャンプーを使ってどのように髪を洗ったら良いのでしょうか。毎日、もしくは少なくとも2、3日に一度はシャンプーをしますよね。

普段何気なく洗っているという方も多いと思いますが、そのシャンプーを正しいものにすることで、髪や頭皮の状態を良くすることができます。

洗う前にブラッシング

お風呂に入る前に、下準備として、ブラシなどで髪をとかしておきます。

髪をブラッシングすることで、髪についた汚れやフケなどが浮き上がって表面に出てきて、シャンプーをしたときに落としやすくなります。

また、髪のもつれも減って、洗ったときに傷みにくくなります。

シャンプー前にお湯ですすぐ

表面の汚れを落とすために、いきなりシャンプーを付けずに、まずはお湯ですすぎます。1~2分ほどはすすぎましょう。

すすぐときは、頭を上に向けて流すのがおすすめです。生え際から髪の流れに沿ってすすげるために、汚れなどが落ちやすくなります。

シャンプーで洗う

いよいよシャンプーで洗います。シャンプーは髪につける前に、手に取ってから良く泡立てましょう。

たくさんシャンプーを使えば綺麗になるわけではありません。髪につく量が増えることで、かえって頭皮に残ってしまう可能性も高くなるでしょう。

良く泡立てれば、ワンプッシュくらいの量でも十分に洗えるのです。

洗うときは、指の腹を使って優しく洗いましょう。爪を立てたりゴシゴシと強く洗ってしまうと頭皮を傷つけてしまいます。

シャンプーをすすぐ

シャンプーの泡が残らないように、よくすすぎましょう。

シャンプー前に一度お湯ですすぎましたよね。あのときにかけた時間+1分くらいはかけてすすぎましょう。

このときもお湯だけですすいだときのように、仰向けで髪の付け根から流すほうがおすすめです。

髪の付け根からしっかりシャンプーを洗い流せますし、髪のリフトアップにもなります。

トリートメントをつける

トリートメントをつけるときは、頭皮につかないように気を付けましょう。

頭皮にトリートメントがつくと、頭皮にトリートメントが残ってしまう原因になってしまうかもしれません。

トリートメントをすすぐときも、シャンプーのときと同じです。残っていると頭皮にダメージを与えてしまいますので、しっかりと落としましょう。

タオルで拭き方に気を使ってみよう

洗い終えたらタオルで拭きますね。でもこのときも少し気を付けてみましょう。

髪をごしごし、わしゃわしゃと強く拭いてはいけません。髪を傷めてしまいます。

あくまでも水気をぬぐうように、しかし水分が残らないように十分にタオルで水気を取りましょう。

ここでしっかりと水気をぬぐっておくことで、ドライヤーをかける時間を減らすことができます。

ドライヤーは、いくら髪に優しいものを選んでも、どうしても熱や風で乾かすので髪を傷めやすくなります。その時間を短縮することで、髪に優しく乾かすことができます。

洗い流さないトリートメントを使っても良い

髪に栄養を与えたり、ドライヤーの熱から保護したりするなどの理由で洗い流さないトリートメントというものがあります。こういったものを使ってもいいでしょう。

ただし、つけるときは頭皮につかないようにつけましょう。頭皮にトリートメントが残ってしまうのは、今まで何度か書きましたが髪に良い影響を与えません。

また、洗い流さないトリートメントはタオルドライをして、水気を十分に取ってからつけましょう。

ドライヤーでの乾かし方のコツ

最後にドライヤーで乾かします。ドライヤーをかける前に髪を軽くとかしておくと、ドライヤーの効果が高まります。

ドライヤーをかけるときは、髪から15~20センチ程度は離しましょう。近付けすぎるとドライヤーの熱で髪が傷んでしまいます。

また、髪にあたる熱を集中させないために、一ヵ所に集中してかけないようにしましょう。ドライヤーを動かして、いろんなところにあたるようにします。

ドライヤーからの風をあてるときは、髪の根元から毛先に向けてあてましょう。髪を保護してくれるキューティクルが閉じやすくなるためです。

また、このとき手ぐしをするようにして、根元から引っ張るように乾かすと髪が伸びた状態で乾いてくれやすいです。

乾いたあとには、ドライヤーで冷風をかけましょう。冷やすことでキューティクルが閉じ、髪を固まらせてくれます。

髪は濡れたまま放置しないで!

ドライヤーがあまり好きではない、お風呂に入ると疲れてそのまま寝てしまう、という方もいらっしゃると思います。でもこれはくせ毛の原因になってしまうのです。

濡れた髪は非常に傷つきやすくなっています。

これは濡れた状態だとキューティクルが開いている状態であるからです。キューティクルは髪を保護してくれる役目があるために、キューティクルが開きっぱなしですと、髪が非常に敏感な状態になっています。

ベッドや布団で寝てしまうと、髪は寝具にこすれますよね。その刺激によって傷んでしまうことがあるのです。

また、髪を自然乾燥させると、うねっている状態で固定されてしまいます。つまりくせ毛が酷くなってしまうのです。

髪を乾かして髪を伸ばすということは、とても大切なことなのです。

濡れたままにした髪に良いことなどありませんので、シャンプーをしたあとは必ずドライヤーで乾かすようにしましょう。

くせ毛改善のために良い生活習慣を

最後に、くせ毛をなるべく抑えるための生活習慣についてのお話をします。

どれも健康のためには当たり前のことかもしれませんが、髪、つまり頭皮にとっては大切なことです。

ストレスの解消

ストレスは万病のもとですよね。受けるストレスが強かったり長く続いたりすると、自立神経のバランスが狂ってきます。

すると、全身の血行が悪くなり、頭皮にも栄養が届きにくくなってしまうのです。

ストレスの原因を解決することはなかなか難しいと思いますので、ストレスを発散するようにしましょう。

趣味や好きなことをおこなったり、軽い運動も効果があります。

栄養バランスの良い食事をとる

過度のダイエットがくせ毛の原因になるというお話をしましたね。改善のためには、栄養バランスのよい食事をすることが大切です。

三食きちんと食べなかったり、同じものばかり食べるダイエットはおすすめできません。

また、ジャンクフードや脂っこいもの、砂糖をたっぷり使っているスイーツなどは控えめにしましょう。

揚げ物や甘いものはコレステロールが高いせいで、血管が詰まりやすくなります。

その結果、栄養がうまく全身に運ばれなくなり、ひいては頭、頭皮まで栄養が回らないという状態になることもありえます。

カラーやパーマなどは控えめに

カラーリングやパーマは薬剤を使うために、どうしても髪が傷みやすくなります。頻繁におこなうのはあまりおすすめできません。

薬剤を使うときは、頭皮につけないように美容師さんに相談してみると良いかもしれません。

睡眠をしっかりとる

睡眠が十分でないと、健康な髪が育ちにくくなります。それは、夜眠っているときに成長ホルモンが活発にはたらくためです。

成長ホルモンの働きで美肌が作られるというのはよく知られていますが、頭皮も皮膚ですから同じです。

睡眠時間がたりなかったり深く眠れていなかったりすると、成長ホルモンが十分にはたらけずに、頭皮に栄養が届かないことがあります。

体を冷やさない

冷えは女性の大敵ですが、くせ毛の原因にもなりえます。

体が冷えると新陳代謝が悪くなります。そこで頭皮にまで栄養が届きにくくなってしまいます。

冬は防寒、夏は冷房対策をするなどして、コールドドリンクやアイスなどは控えめにしておきましょう。

意外と生活習慣も関係しているくせ毛の原因

くせ毛の原因から対策まで、いろいろなものを見てきました。くせ毛の改善は、そのまま髪を大切にすることにも繋がります。

綺麗なヘアセットをするためだけでなく、健康な頭皮を作り、元気な状態の髪を作るためにもくせ毛対策を試してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る