閉経へのカウントダウン!?更年期と生理の関係性と体の変化

更年期特有の「発汗」や「ほてり」などの症状が無くても、否応なしに更年期を意識してしまうのが、生理不順という現象です。

特に、40代~50代の女性なら「もしかして更年期かも?」「このまま閉経しちゃうの?」と感じる人も多いでしょう。

ですが、医学的に子宮や卵巣の老化は35歳頃から、少しずつ始まっているのをご存知でしょうか?女性の身体は目に見えないところで、常に変化しているのです。

最近では、更年期が始まったとは思えない20代や30代の女性にも見られる「若年性更年期」、40代になったばかりの「プレ更年期」、更には「早発閉経」なども増えています。

このように、更年期や閉経といったデリケートな問題は、大人の女性なら年代に関係なく押さえておきたい知識とも言えるんです。

では、更年期になると生理がどのように変化していくのか、詳しく見ていきましょう。

知っておきたい更年期&閉経の基礎知識

更年期や閉経は、女性にとって避けては通れない問題です。ここでは、多くの女性が抱えている、素朴な疑問について確認してみましょう。

更年期っていつから始まるの?

年齢に合わせて、常に変化し続ける女性の身体。初めて初潮を迎えてから初潮が安定するまでの期間は、妊娠できる身体へと変化している最中なんです。

一方、妊娠できる身体から妊娠できない身体へと変化する期間が、更年期と呼ばれる期間です。具体的には、閉経する前後5年間が、更年期にあたります。

ユニチャーム・ソフィによると、日本人女性が閉経する平均年齢は50.5歳。つまり、45.5歳~55.5歳で更年期を経験する女性が多い、という事になりますね。

ポイント!

  • 更年期とは、妊娠できる身体から妊娠できない身体へと変化する期間
  • 閉経する前後5年間が更年期
  • 日本人女性が閉経する平均年齢は50.5歳
  • 45.5歳~55.5歳で更年期を経験する女性が多い

更年期になるとどうして生理が乱れるの?

更年期になると、ほとんどの女性が生理不順を経験します。その最たる原因は、卵巣機能の低下です。

更年期を迎えた女性は、閉経へ向けて卵巣の機能が徐々に低下していきますので、女性ホルモンの分泌量も減少していきます。

女性ホルモンの分泌がアンバランスな状態になると、排卵システムが乱れるばかりか、自律神経まで不安定になってしまうんです。

その結果、基礎体温を測っても低温期と高温期が見分けにくくなる、排卵期がハッキリ計測できない、高温期が短くなるなど二相性が成り立たないという特徴が見られます。

ポイント!

  • 卵巣機能が低下する
  • 女性ホルモンの分泌量が減少する
  • 排卵システムが乱れる
  • 基礎体温表がキレイな二相性にならない

更年期かどうか確かめるには?

ある程度の年齢の女性が生理不順を経験すると、「もしかして更年期?」「このまま閉経しちゃったらどうしよう!」と不安になりますよね。

パートナーにも相談できず一人で思い悩んでいる女性も多いでしょう。そんな時は、一人で思い悩んで悩んでいないで事実を確認してみてはいかがでしょうか?

最近では、婦人科の簡単な検査で更年期がどうか判別する事が出来ますし、もちろん日帰りでもOKですよ。

一般的な方法としては、血液を採取するホルモン検査。卵巣から分泌されるエストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンや、脳下垂体より分泌されるFSHやLHという性腺刺激ホルモンの分泌量から、卵巣機能が正常に働いているかどうかを判定します。

ちなみに、排卵を伴う生理なのか、それとも無排卵なのかも判定できますよ。

ポイント!

  • 更年期かどうかは婦人科で調べられる
  • 血液採取によるホルモン検査が一般的
  • 検査するのは、女性ホルモン&性腺刺激ホルモン
  • 2種類のホルモンの分泌量から、卵巣機能が正常に働いているか判断
  • 排卵性生理or無排卵性生理の判定も、同じ検査で分かる

閉経の判断基準は?

閉経とは、ある日突然訪れるモノではありません。閉経前の数年間を通して、卵巣の機能が次第に低下していき、これに伴って徐々に生理が不安定になっていきます。

つまり、排卵を伴う生理→排卵を伴わない生理→生理自体が停止する、というプロセスが一般的で、完全に生理が止まって12ヵ月以上経過すると、「閉経」と見なされます。

閉経しても1年~2年は妊娠の可能性が!?

更年期の生理不順を経て、生理が止まって12ヵ月以上経過すると「閉経」と見なされますが、完全に妊娠の可能性が無くなったと判断するのは早計です。

事実、閉経したと思っていた女性が、その後2年以内に予期せぬ妊娠を体験した!というケースも報告されています。

妊娠を望まない場合は、閉経後も数年間は避妊を意識しておいた方が良いでしょう。

ちなみに、更年期の避妊法として、ピルを勧めている婦人科医も少なくありません。更年期のホルモン治療としても効果的ですし、避妊効果が高い事でも知られています。

ポイント!

  • 生理が止まって、1年以上経ってから妊娠した女性も居る
  • 妊娠を望まない場合は、50歳くらいまで避妊すべき
  • 更年期の避妊法は、ピルが効果的

日本人にも増えている!プレ更年期&早発閉経

生理は、ストレスのバロメーターと呼ばれるほど、メンタルに影響されやすいですよね。

その為、生理不順が続いても「人間関係のストレスだろう」「環境が変化したせいだろう」と、放置してしまう女性も少なくありません。

ですが、若い女性の間で「プレ更年期」や「早発閉経」が増えているのをご存知でしょうか?

▼プレ更年期

  • 更年期の前段階
  • 30代後半~40代ぐらい
  • そのまま閉経してしまう可能性がある
▼早発閉経

  • 30代後半や43才未満で閉経すること
  • 骨粗しょう症の危険性が高まる

更年期や閉経は、年齢によって判断するのではなく、生理や卵巣の状態によって判断するのが鉄則です。

プレ更年期&早発閉経の対処法は?

通常の更年期が45.5歳~55.5歳なのに対して、30代後半~40代ぐらいで生理不順や更年期特有の症状が見られる「プレ更年期」は、そのまま閉経してしまう危険性が指摘されています。

妊娠を望む場合は、早めに婦人科の診療を受けるべきでしょう。

また、たとえ妊娠を望まない場合でも、早くから更年期の症状が始まってしまうと、それだけ老化が早まりますので、骨がもろくなる「骨粗しょう症」の危険性が高まってしまいます。

妊娠を望む人も望まない人も、女性ホルモンを補うホルモン補充療法が効果的と言われています。

閉経へのプロセス

更年期になると、閉経へ向けて生理に変化が見られます。どのようなプロセスを辿って閉経していくのか、4種類の生理不順を例にご説明しましょう。

タイプA:周期サイクルが不規則になる

正常時の生理サイクルは、25日~38日が平均とされていますが、更年期になるとこの周期サイクルが不安定になります。

周期が24日以内の「頻発月経」や、39日以上の「稀発月経」、3ヵ月以上も生理が来ない「続発性無月経」などがあります。

また、人によっては1ヵ月に生理が2回来たかと思えば2ヵ月も来なかったりと、短い周期と長い周期が交互に繰り返されるケースも少なくありません。

タイプB:経血量が不安定になる

閉経の間際になると経血量が減少し、茶色のおりもの程度の状態になる事も珍しくありません。

ですが、更年期に入ったばかりの時期には、一時的に経血量が増えるケースも見受けられます。

2日目のような大量出血が数日続いたかと思えば、翌月には少量の出血だけで終わってしまうなど、その月によって経血量がバラバラになる女性も少なくありません。

タイプC:継続期間が乱れる

正常月経の場合、1回の生理が続く期間は3日~7日と定義されていますが、更年期の生理は継続期間も乱れがちになります。

2日以内で終わってしまう「過短月経」や、8日以上続く「過長月経」を繰り返し、次第に閉経へと向かっていきます。

タイプD:2つ以上の特徴が重なる

更年期の生理不順は、最初は1つだったポイントが複数になり、最終的に閉経へと辿りつくのが一般的です。

今まで順調だった生理が突然止まらなくなり、尚且つ大量の出血量を伴っているなら、「過長月経」と「過多月経」という2つの生理不順が重なっている状態です。

また、生理が数ヵ月おきに1度のペースになり、生理が来ても少量の経血量で僅か2日で終わってしまうなら、

  • 続発性無月経
  • 過少月経
  • 過短月経

これら3つが重なっている状態と言えるでしょう。

標準的な終わり方はない!

閉経へのプロセスは人によって様々ですから、これが更年期の正常な状態だと言える、標準的な終わり方はありません。

しかも、更年期の生理不順は、ある日突然始まってしまう傾向にあります。自分の年齢が更年期に相当する場合は、前もって心の準備をしておきましょう。

ちなみに、経験者の口コミが掲載されている掲示板では、実母の経験談が最も参考になった!という女性が多いようです。

親子ですから、体質が似ているのかもしれませんね。

更年期の生理不順と思っていたら〇〇だった!

たとえ40代後半の女性であっても、生理不順=閉経へのカウントダウン!とは限りません。確かに、年齢は更年期かどうかを判断する上で重要なファクターです。

ですが、多くの婦人科医が警鐘を鳴らしているように、女性特有の病気が隠れているケースも少なくありません。

  • 子宮ガン
  • 子宮筋腫
  • 子宮頸管ポリープ
  • 子宮内膜症

これらの病気を根治するには、早期発見が何より重要です。定期的な婦人科検診やガン検診を受けて、万一に備えておきましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る