正しい骨盤矯正の方法!骨の歪みは、まず筋肉から改善を

今では骨盤矯正に関する本やグッズが豊富で、その効果や矯正法はたくさんの人が知るところでしょう。しかし、

  • その方法をあなたは効果的に実践できていますか?
  • また、整体院や整骨院、エステサロンなどで施術をうけた事があるという人は効果を実感できましたか?

骨盤矯正にはセルフで行う場合も施術を受ける場合でも効果的なやり方というものがあるのです。

その矯正法をご紹介します。

骨盤の歪みをチェック

まずは、簡単にできるセルフチェックで、骨盤が歪んでいる可能性をチェックしてみましょう。

  • 急に動き始めると腰が痛い
  • 足を組むとき、横座りをするときはいつも同じ方向である
  • パソコンの位置が正面にない
  • 身体の中心にオヘソがない
  • 歩いているとがに股やО脚になる
  • よくつまずく
  • 片方の靴底だけ早くすり減る
  • いつも同じ方ばかりで荷物をもっている。
  • 姿勢が悪いと指摘される
  • 産後の体型変化、腰痛がある。

Yesの数はいくつありましたか?ほとんどあてはまる、という人は骨盤が歪んでいる可能性が高いといえるでしょう。

では骨盤に歪みが生じてしまった場合身体にはどのような影響があるでしょうか。

骨盤の歪みが起こす悪影響

骨盤は骨格のちょうど中心にあり上半身と下半身をつないでいます。

いくつかの骨で成り立っており、骨盤内では子宮や卵巣といった生殖器や直腸など、大切な臓器を包んでいます。

そのような骨盤が歪んでしまうと、

  • 内臓が下がりお腹が出てくる
  • 血行不良によるむくみ、冷え 肥満。
  • 腸の働きが低下し便秘になる
  • 姿勢が悪くなることで肩こりや頭痛、腰痛。

などの悪影響がでてきます。

また、女性特有の症状としては骨盤内の血行不良により子宮や卵巣の働きが低下し、卵子が順調に育たなかったり、受精卵が子宮に着床しづらくなってしまったりといった不妊に繋がる可能性もあります。

骨盤はなぜ歪むのか?

最初のセルフチェックの項目にもあったように骨盤が歪んでしまう原因は悪い姿勢、日常の癖や習慣などが考えられますが、その他にも

  • ストレス
  • 運動不足
  • 妊娠

などがあります。

そして、これらには筋肉が深く関わっているのです。

筋肉が骨の歪みの原因だった!

骨盤に限らず、骨自体が勝手に歪むということはありません。骨は筋肉に影響を受けて動いているように歪みも筋肉によって生じているのです。

ではそれぞれが筋肉に及ぼす影響とはどのようなものでしょうか

・悪い姿勢や癖が及ぼす筋肉への影響
同じ姿勢を長時間続けると筋肉は硬直し骨に負担をかけてしまい、それにより骨は正常な位置からずれてしまう。
・妊娠が及ぼす筋肉への影響
出産により骨盤がゆるみ筋肉も伸びてしまっている。
・ストレスが及ぼす筋肉への影響
精神的異常は筋肉が緊張し、肩こりなどの原因にもなる
・運動不足が及ぼす筋肉への影響
運動不足により筋肉が硬くなってしまい柔軟性を失ってしまう。それにより筋肉は衰え骨にまで影響してくる。

このように骨と筋肉には密接に関わっているのです。そのことから

骨盤の歪みだけを矯正しても筋肉をほぐすことができなければまた歪んでしまう可能性は高いといえるでしょう。

また、仙骨が歪んでいることによって体に悪影が出る場合もあります。「酷い腰痛・肩こりは仙骨のゆがみが原因かも?歪みの原因と解消方法」で確認してみましょう。

骨盤矯正の方法

骨盤矯正の方法としては

  • 整体や整骨院に通い施術を受ける
  • 自宅で簡単にできるエクササイズなどの矯正法

などがありますが、どちらにしても筋肉へアプローチは必要となります。

骨盤を矯正するだけなら比較的簡単に出来るといわれています。

しかし、その状態を維持し、骨盤の歪みで起こる様々な症状を改善するためには矯正と共に骨盤の歪みの原因とされる筋肉を鍛えることと、筋肉の緊張をほぐすことが欠かせない条件となってきます。

整体院や整骨院で施術を受ける場合

世間では骨盤矯正を売りにした整骨院やヨガ、エステサロンなどが多く存在していますが、実際に骨盤矯正を根本から治療できる施術者は少ないといわれています。

ですから、そういった場所で施術を受ける場合はそのサロンや施術者をしっかり見極める事が大切です。

< 施術者やサロンを見極めるポイント >

  • 筋肉をしっかりと診てくれるか
  • 施術後、正しい姿勢や歩き方など見た目に明らかな変化がみられるか
  • 成果がでるまでは時間がかかるもの。短期間での効果を謳わずに時間をかけたプログラムを提示してくれるか
  • あなたの質問に対して曖昧な言葉で誤魔化さず明確に返答してくれるか

などをポイントとして選びましょう

< 深層筋調節を取り入れているサロン >

筋肉が骨格を支えおり、骨と筋肉は密接な関係にあるとお伝えしてきました。その筋肉を良い状態に保つことができなければ骨格もまた歪んでしまいます。

深層筋をほぐし調整することは骨の歪みを防ぎ不調を改善します。

この深層筋調節は一般的なマッサージとは違い奥深くから筋肉を緩めて全身の回復に繋げ根本的な原因を改善させる施術です。

この施術は専門的な技術を必要とするため、施術者は少ないといわれていますが根本治療のためにはぜひ取り入れたい施術です。

自宅で簡単に出来るエクササイズ

自分で骨盤矯正が出来てしまうエクササイズやグッズも豊富にありますよね。

セルフで行う場合はできるだけ筋肉の柔軟性を高めてくれるストレッチを積極的に取り入れましょう。

【 おススメのエクササイズ 】

< シーソーのようにゆらゆら >

  1. 床に座って両足の裏を合わせる
  2. 両手で合わせた両足をしっかりと掴む
  3. 床にお尻の骨が当たるように骨盤を立てる
  4. 中心を軸にして左右にゆらゆら揺れる(片方の膝が床につくまで傾き、床についたら反動で反対側に同じように傾く)

股関節をほぐし、内臓の活性化させます。

お腹に力を入れて行うのがコツです。

< ツイスト運動 >

  1. 仰向けになる
  2. 手の平を床に向けて両手を広げる
  3. 膝を立てる
  4. 片方の腕に力を入れ斜めに上体を起こす
  5. 上体を起こしながらもう片方の手は反対側の膝をタッチ。

まずは10回から20回を目安に頑張りましょう。

このトレーニングでくびれをつくる腹斜筋を鍛えます。

< 太ももスッキリトレーニング >

  1. 背もたれは使わず浅めに椅子に座る
  2. 安定させるために横から椅子の座面をつかむ
  3. 片足ずつ交互に20㎝~30㎝あげる。(骨盤はまっすぐ安定させて行う)

10回を2セット~3セット行いましょう。深層筋である腸腰筋を鍛えます。

ポイントとなることは、筋肉へのアプローチ

筋肉を無駄なく使って有効活用することで骨盤の歪みの改善が期待できるでしょう。

また、ストレッチなどを毎日継続して行う事で、整骨院や整体などで受ける施術がより効果的になります。

なかなか継続して行う事ができないという人は普段の癖や習慣だけでも見直して、骨盤の歪みの原因になっているようなことがあれば改善していきましょう。

産後の骨盤矯正は美しい体型を手に入れるチャンス

女性は産後体型が変わってしまったという人は少なくないでしょう。

その原因と一つとして出産時の影響で骨盤が広がった状態のまま過ごしていることが考えられます。

産後はあかちゃんのお世話でなかなかリラックスできなかったり、無理な体制をとってしまったりすることが多くそのままでは骨盤を正常に戻すのは難しいことでしょう。

しかし、産後は骨盤の形が変わりやすい状態にあります。

それを利用することで産後の骨盤矯正は場合によっては出産前よりも美しい体型になれるチャンスなのです。

そのベストなタイミングは産後2か月から6か月です。

骨盤矯正の専門家の施術を受けることもおすすめですが、産後は赤ちゃんのお世話などもありなかなか外出が難しい場合もありますよね。

そんな時は自分でできる産後用のガードルやベルトを積極的に使用しましょう。

また簡単に出来るエクササイズなども気分転換にもなりおすすめですよ。産後すぐは安静期間も大切になってきますので、無理はせずに始めましょう。

筋肉をほぐすことから始めよう!

骨盤の歪みの原因の大元の原因は筋肉にあります。

そしてその結果として骨盤の歪みになるのです。骨盤の歪みが原因で太ってしまった、肩こりがする、姿勢が悪い、という人は筋肉に目を向けてみましょう。

これまで何度も骨盤矯正してきたけれど効果がなったという人も次は違う結果が得られるかもしれませんよ。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る