婚活は楽しんで参加しよう!婚活うつにならない為に心得る4つのこと

婚活に励む女性はとても多く、この活動がきっかけで結婚した人たちもたくさんいます。

しかし、中には上手くいかない人もいて、ひどい場合には『婚活うつ』と呼ばれる状態に陥ります。

女性は元々うつになりやすいのですが、なぜ婚活でうつになってしまうのか?その問題点を知り、婚活うつを予防しましょう。

これから婚活を始める人も、すでに婚活に打ち込んでいる人も、ぜひチェックしてください。

こんなにあった!?婚活が原因でうつになるまで

一見するとうつとは無関係な婚活ですが、女性の精神面に与える負担は大きく、以下のような要因が重なると危ないです。

  • 失敗ばかりを重ねる
  • 上手くいくと期待しすぎて裏切られる
  • 婚活を成功させるために無理をしすぎる

上記の要因は婚活をする全ての女性にあり得る事態で、「自分は大丈夫!」と油断していると、現実とのギャップに戸惑うことでしょう。

『女性から積極的に動けば恋愛は上手くいく』と言われますが、近年の男性は結婚にも慎重になっているため、やきもきする女性は多いです。

それで焦ってしまうと逆効果になってしまい、「どうして上手くいかないの!?」と考えるでしょう。

そんなことが続いて気分が落ち込んだら、婚活うつになる一歩手前かもしれません。重度のうつ状態になる前に、これから説明する対策を活かしましょう。

休むのも大事?婚活に疲れたらしたいこと

とくに30代以降の女性は「婚活が忙しくて休んでいる暇なんてない!」と話す人もいます。

たしかに婚活でも回数は大事ですが、根を詰める女性ほどうつになりやすいのはご存じでしょうか?

もしも婚活に疲れを感じていたら、思い切ってお休みするのも大切です。

社会人として仕事をしている場合、お休みの日を婚活に費やす人が多いですが、毎週のように続けているとつらいですよね?「でも結婚しないと…」と焦る気持ちは分かりますが、それでうつになると婚活どころか日常生活にまで支障が出るのです。

うつによる症状は婚活だけでなく日常を過ごすことすら難しくするため、婚活をお休みすることは長い目で見ても有効なのです。

これまで婚活を休んだことがない人は、少し気分転換をしてください。

気分が変われば男性を見る目も変わり、予想以上にいい出会いが見つかるかもしれません。

あなたならどうする?婚活うつにならないための気分転換

婚活をお休みする場合、どのように過ごすのがいいと思いますか?「これまで自由な時間はずっと婚活してきたから、急に休んでもやることがない…」とお悩みなら、以下のような過ごし方を参考にしてください。

  • カラオケや映画などの娯楽を満喫する
  • 趣味に没頭する
  • オシャレを休んでゆっくりと寝る
  • 仲のいい友人や家族と話す

婚活に疲れたら『今の自分が一番必要としていること』をするのが大事ですが、友人や家族との会話はとくにおすすめです。

女性は小さな頃からおしゃべりが好きなように、『他人と会話して話を聞いてもらうとストレスが解消できる』という傾向が強いです。

聞き上手な知り合いがいたら、一度気が済むまで話を聞いてもらいましょう。

会話はお金もかからないし、親しい人と楽しく過ごせるため、気分転換としては一石二鳥ですね。

お休みもほどほどに?時間の管理はしっかりと行おう

一度婚活を休むと、つい「もうちょっと休もうかな?」と考えてしまいます。

仕事においても長期休暇明けは出勤したくないように、婚活でつらい思いをしたなら復帰したくないでしょう。

ただし、結婚したいという意思が残っているのなら、メリハリをつけて婚活を再開すべきです。

当たり前の話ですが、『婚活を休んでいる間も時間は経過している』のを適度に思い出しましょう。そして時間の経過は女性が気にする『加齢』も進めてしまうため、自分の年齢によっては休みも調整してください。

やはり婚活は若いほど有利に立ち回れるため、婚活うつから復帰できた場合、早めに再開するほうが結婚しやすくなります。

とくに30代に突入している場合、1年でも早い結婚が望ましいとされます。焦りは禁物ですが、自分の状態を理解しつつしっかりと管理できれば、よい結果も期待できるでしょう。

婚活を休む前に「とりあえず○日までは休もう…」と決めておくと、お休み中も計画的に過ごせておすすめです。

考え方でも変わる?婚活うつにならない思考とは

婚活うつになってしまった人は、以下のような考えに陥りやすいです。

  • 「自分には魅力がないからダメだった…」
  • 「あの子はすぐに結婚できたのに、どうして私は…」
  • 「もっと頑張らないと一生独り身かも…」

こうした思考に共通する点は『自分を責めやすい性質』であり、こんな考えばかりだと精神的に追い詰められ、遅かれ早かれうつになってしまいます。

よって、婚活うつを防ぐには『考え方を変える』という行動が欠かせません。

「でも、性格ってそんなに簡単に変えられるの?」と不安に思うかもしれませんが、身体的特徴に比べると、考え方は気持ち一つで変えられるのです。

昔から悩みがちだった女性は、考え方から変えていきましょう。考えが変わると婚活うつを防げるだけでなく、生き方も前向きになります。

失敗しても悩まない!婚活は前向きに考えよう

婚活うつになる人は『失敗続きの人』と書いたように、もしも婚活が上手くいかなければ、以下のように考えてみましょう。

  • 「巡り合わせが悪かったかぁ」
  • 「次はもっと素敵な人を見つけようかな」
  • 「相手が合わないと思っていたらこちらも合わないだろうし、これでよかったかも」

ここで大切なのは『失敗した理由をくよくよと考えないこと』であり、気分を切り替えるためには『すぐに結論づけて次に活かすこと』が重要です。

失敗を反省するのは大切ですが、婚活うつになる人は過剰に悩みすぎるため、結局は暗い思考に陥りがちです。

暗い思考は次に活かせないため、暗くなる前に考えを切り替えましょう。

また、婚活は相手に拒否されるだけでなく、こちらから拒否するケースもあります。

「婚活が上手くいかないのは誰にでもあること」と割り切れば、より気持ちも楽ですね。

謙虚さも忘れずに!前向きと高慢は違う

前向きな思考に切り替えると婚活うつになりにくく、自信も沸きやすいです。適度な自信は女性を美しく見せるものですが、自信過剰になってはいけません。

前向きな思考と自信は結び付きやすいですが、だからと言って「断った男は見る目がない!」と高慢な考えを持ってしまえば、男性も寄りつかなくなります。男性は一見すると単純そうに見えますが、高慢な女性を警戒する一面も持つのです。

前向きになるほど「謙虚さも忘れずに」と考えれば、バランスの取れた思考を維持できます。

過度に男性を立てる必要はありませんが、やはり謙虚な女性に尊重してもらうとうれしくなり、好意的にもなってくれます。

婚活は見た目の美しさだけでなく、こうした内面も大切なのです。

婚活うつを防止するために自信を付けたら、一度は謙虚さについても向き合ってくださいね。

成功率アップでうつを防止!前向きな対策法について

婚活に失敗しやすい人はうつにもなりやすいように、『婚活の成功率を上げてうつを防止する』というのは、前向きな対策法として有効です。

婚活に疲れたら休むのが大切なように、活動を控えている最中に自分磨きなどを行えば、再開したときの成功率がアップします。婚活にてより多くのチャンスが生まれるとうれしくなり、結果としてうつにもなりにくいでしょう。

無理に頑張ろうとするのはよくないですが、自分自身で「せっかくだし、もっと魅力的になりたい!」と思ったのなら、自分磨きのチャンスです。

とくにお休みして元気になるほど「もっと頑張りたい!」と思えるため、復帰後の婚活を成功させるチャンスになります。

魅力的な女性は男性が放っておかないので、前向きな対策法も検討してみましょう。

婚活をより成功させやすくする自分磨きについて

婚活を成功させやすくする方法はたくさんありますが、迷ったら以下のような方法で自分を磨いてみましょう。

  • エステに通う
  • 運動を続ける
  • 料理教室などの習い事を始める
  • スキンケアの方法を見直す
  • 規則正しい生活を心がける

こうした自分磨きの方法はさらに魅力的になれるだけでなく、気分転換にもなります。

婚活のイベントを詰め込みすぎると自分磨きが疎かになってしまうため、ときにはこうした『もっと魅力的になるために自分がしたいことをする』という時間も大切です。

自分磨きの効果が実感できると達成感もあるため、上手くいかないときほど婚活を休み、自分磨きという回り道も検討してみましょう。

自分磨きは出会いを生む?活動中にもチャンスはあります

自分磨きの時間はただ単に魅力的になるだけでなく、ときには婚活のように出会いも生みます。

たとえば運動のためにジムに通うと、利用しているのは女性だけではないのが分かります。そしてひたむきに自分を磨く姿はとても美しいので、あなたを好ましく思う男性がいてもおかしくないでしょう。

同好の士というのは出会いの理由としても珍しくないため、「婚活のために頑張っていたら、それが縁で恋人ができた!」なんてこともあり得ます。

もちろん自分磨きをするなら活動を最優先にすべきですが、もしも最中に気になる異性を見つけたら、チャンスを期待してもいいでしょう。こうした機会を有効活用するのも、婚活において重要なのです。

選択肢は多種多様!婚活は自分に向いた方法を選ぼう

婚活と言えば『婚活パーティー』のイメージが強いですが、選択肢はこれだけではありません。

それに「パーティー会場の空気が苦手…」という女性もいるため、無理なイベント参加は控えましょう。

自分に合わない方法で婚活を続けていると、知らず知らずのうちにストレスがたまります。ストレスはうつの原因であるように、今の方法自体が婚活うつを発症することもあるのです。

今の時代はパーティーばかりに注目が集まりますが、幸いなことに婚活の選択肢は豊富なので、最初にチェックしておきましょう。

自分に合った方法であれば苦にならず、成果も出やすくなります。婚活の方法は一つだと決めつけず、最初から広い視野を持ちましょう。

具体的にどんな婚活方法があるのか、少し触れておきます。

どんな方法があるの?自分に合った婚活の手段を知る

現代の主な婚活方法としては、以下の通りです。

婚活パーティー
もっともスタンダードと言える方法。男女ともに結婚を意識して集まる人がほとんどで、結婚を前提に付き合いやすい。
合コン
婚活パーティーに比べるとやや軽めの集まり。結婚よりも恋人探しが重視されており、良くも悪くも気軽に参加できる。
街コン
主に特定の地域で開催される、地元の人向けなイベント。婚活目的で使う人が多いが、レクリエーションに力を入れる場合もあり、特殊なイベントもたくさんある。
結婚相談所
登録した人同士でのお見合いをセッティングする施設。良質な人が多いが年会費や結婚成立時の報酬など、ややお金がかかりやすい。
婚活サイト
婚活している男女が登録し、気になる人同士でやり取りしたり、自動で好みに近い人をマッチングしたりするサービス。年収や写真などのプロフィールが重要。
出会い系
婚活サイトに比べ、『婚活以外の目的で使う人』が多い。恋人だけでなく友人や趣味友達を探すことができる。
知人の紹介
友人や親戚などに紹介され、実際に会ってみる方法。昔ながらのお見合いであり、現代ではあまり見かけないが、世話焼きな知人がいれば期待できる。

このほかにもさまざまな方法があり、探せば自分に合った方法も見つかります。

今現在の婚活が向かないと思ったら、ネット検索したり知人に話を聞いたりして、広い視野で方法を探しましょう。

婚活方法の併用は慎重に!スケジュールはきちんと管理しよう

同時に開催されるイベントであれば併用は難しいですが、たとえば「普段は婚活パーティーに参加しつつ、婚活サイトに登録してマッチングをチェックしよう!」といったように、婚活方法によっては併用できます。

複数の婚活方法を併用するほどチャンスは増えやすいものの、最初にも触れたように『婚活で予定が埋まりすぎる状態』は避けましょう。

さまざまな方法で婚活を進めていると、いつしか『婚活の予定管理』自体が目的になってしまい、日常生活を圧迫していきます。婚活ばかりの人生がうつを発症させるため、併用はほどほどにしておきましょう。

複数の方法で婚活を進める場合、『同時に進行しても負担にならない組み合わせ』を見つけることが大切です。

婚活を始めるなら自分の予定はこまめに確認し、「あ、これだと自由時間がないかも…」と思ったら、すぐに調整しましょう。

ときめきは大切に!婚活自体を楽しむコツ

女性は素敵な恋愛に憧れるように、婚活も本来は『素敵な出会いを作って恋愛を楽しみ、いつかは結婚すること』が目的です。

それなのに婚活でうつになってしまいそうなら、『恋愛のときめき』を思い出しましょう。

恋する女性は綺麗になり、それでいてストレスも感じにくくなります。これは『恋愛にときめきを感じてドキドキすると女性ホルモンが分泌されるから』であり、婚活も『これからドキドキする出会いを作るきっかけ』だと思えば、うつにはなりません。

今でこそ婚活は『結婚を急ぐためのサービス』に捉えられていますが、婚活で知り合ってもまずはお付き合いから始めるように、恋愛を楽しめる期間も用意されているのです。

婚活うつを回避するなら「婚活をしている」と考えず、「恋愛を楽しんでいる」と思うのがコツですね。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る