仕事の効率がアップする!嫌な気分を引きづらない気分転換の方法

現代の女性は多くの悩みを抱えています。

あなたはいつも、気分を変えたいとき、どんなことをしていますか?少なからず一つ二つは自分の気分転換の方法があるのではないでしょうか?

今回はあなたのまだ未体験なリフレッシュ方法が見つかつかるように、職場でもすぐできる方法から、休みにじっくりできる方法まで、様々な気分転換の仕方を伝授します。

仕事に行く前・休憩中におすすめの気分転換

仕事や会社のストレスってどんな会社にいてもあるものですよね。

なかなか「ストレスなんて抱えずに毎日スッキリしながら仕事してます!」なんて人は少ないのではないでしょうか?

特に「ブルーマンデー」なんて呼ばれているくらい、月曜日が憂鬱なんて人も沢山いることでしょう。

そこで、少しでも気分転換になるように、仕事に行く前から出来る準備や休憩中にできるような軽いリフレッシュの方法を紹介していきます。

昼休みのランチを工夫してみる

やはり仕事中の楽しみといえば「お昼ごはん」という方は多いのではないでしょうか?

いつもお弁当なら、たまには外食に行ったり、高級なお弁当を買ってプチ贅沢も気分が変わります。

また、好きなものを食べることによって「幸福ホルモン」が分泌され、手っ取り早い気分転換をすることが出来るでしょう。

せっかくの食事の時間です。もちろんバランスの取れた食事でお昼休みにリフレッシュしてみましょう。

休憩中は好きな動画や写真を見る

お笑いの面白い、楽しい動画や、動物の癒やし動画、ペットの写真や子供の写真など、今はスマホですぐ検索できますし、保存もしておけます。

ちょっと癒やされたいとき、笑いたいときに見つけてみましょう。

大きく深くゆっくりとした深呼吸を3回する

外に出て、ゆったりとした気持ちで背筋を伸ばし、目を閉じます。

お腹が膨れるほど大きく深く、鼻から息を吸い込んで、ゆっくりと口から息を吐きます。これを3回ほど繰り返しましょう。

座り仕事をしている方や今詰めて企画を考えたりしている人には、特におすすめです。

15分程度の昼寝をする

最近では、大きな企業で取り入れられるようになった昼寝。

「いくら昼休みとはいえ、仕事中に寝るなんて!」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、昼寝には仕事の生産性アップ・集中力の向上・活力アップといったメリットがあるのです。

ただ、寝すぎるとかえって頭がボーっとしてしまうので、長くても20分程度の仮眠にしましょう。

たった15分~20分だけでも、頭がスッキリしてとてもいい気分転換になるはずです。

「なんだか朝からやる気がでないな・・・」なんて時には、お昼休みにでも是非試してみて下さい。

今日蓄積したストレスはその日のうちに解消しよう

やっと長い一日が終わり、ヘトヘトで帰ってきたらそのままベッドに飛び込んで寝てしまいたい気持ちはとってもよくわかります。

しかし、ダイブしてそのまま寝てしまった次の日の朝の絶望感は計り知れませんよね。

働いていると、睡眠が何よりもいちばん大切だと思いますが、ベッドにダイブする前に、少しだけ今日の疲れを癒やしませんか?

帰ってからできる気分転換の方法を見ていきましょう。

ドラマ・映画を見ながら一人飲み

百貨店や物産展などで買った普段は食べれないお総菜やちょっと高級なステーキ、もったいなくて開けられなかったワインなど、少しの贅沢で特別な気分になります。

また、最近どんな映画を見た?と思い出した時に、「あれ?最近何を見たんだっけ。」と思う人は、ぜひドラマや映画を見てみるのはどうでしょうか?

今はDVDでも旧作ならとても安く借りれますし、スマホでも映画の動画などを一ヶ月無料で観ることのできるサイトもありますよね。

本は、漫画や小説などスマホでも見れますし、ネットなら、翌日配達で購入もできる時代。1,2冊部屋に置いておくのもおすすめです。

また、泣くことは最大のストレス発散といわれるくらいに効果があります。

泣けなくても観たかった映画やドラマ、読みたかった漫画や小説などは、少しの間、現実を忘れさせてくれるので、嫌なことを忘れて物語を楽しみましょう。

夜、自分のために使う時間も贅沢なものですよ。

部屋やお風呂でアロマを炊いてみる

ストレス香りを嗅ぐだけでも解消できるって知っていましたか?

鎮静作用のある香りも販売されています。是非、自分にあった香りのものを選んでリラックスしてみましょう。

中には、アロマオイルなんて持っていないという人もいることでしょう。アロマオイルにも沢山の種類が有り、使い方も多種多様です。

癒やし効果があるとされるアロマオイルですが、成分によっては使ってもOKな人・NGな人で分かれます。

オイルの作用は人によって様々なので、選び方・使い方にはこだわりましょう。

▼「アロマ」についての詳しい内容はコチラ

気分転換といえばやっぱりお風呂?入浴方法を変えてみる

花びら風呂や泡風呂、ハーブやゆず、ミルク風呂、唐辛子入り入浴剤など、お風呂で楽しむ方法はたくさんありますよね。

毎日は贅沢だけれど、ちょっと気分を変えたときのために一つ二つ、買っておいて使ってみましょう。女子力も気分も上々になれますよ。

また、温冷浴をやってみるのもいいでしょう。

温冷浴とは、お風呂で湯船と水風呂を交互に入る健康法です。

血流が良くなるため気分を高揚させ、冷え性の改善や免疫力が高まるなど身体にとても良いと知られています。

銭湯など水風呂があれば水風呂で、自宅なら水シャワーで行います。湯船の温度が約42度、水シャワーの温度が約10度で温度差が30度ほどあるのが理想です。

【 温冷浴の方法 】

  1. 湯船に3分肩までつかる
  2. 湯船から出て水シャワーを30秒から1分かける
  3. また湯船に1分つかる
  4. 水シャワーを1分かける
  5. ③④を最低5~10回ほど繰り返す
水シャワーは必ず、足や手など半身からかけましょう。また、全身ではなく手足だけ、半身だけの温冷浴でも充分効果はあります。

冬の寒い時期や最初の慣れないうちは水シャワーの温度を15度くらいまで上げ、少し高めにしたり、水をかける時間を一回目は10秒、二回目20秒と少しずつ増やして始めることをおすすめします。

少しずつ慣れてこれば、麻痺したように水の冷たさが平気になってきます。心臓には負担がかかるので、決して無理してかけないようにして下さい。

※注意 乳幼児などの小さなお子様や高齢者、妊娠中の方、心臓や肝臓など内臓の持病をお持ちの方、風邪などで熱がある方、高血圧の方などは負担がかかるので行わないで下さい。

いつもと違うことをする!これが気分転換のポイント

気分転換することで日頃のストレスを一瞬でも忘れることができたり、集中力が蘇ったり、新しい自分に出会えたり、身体の調子が整ったりと良いことがたくさんあります。

一人で頑張っているときこそ、他人に会ったり、話をしたり、映画や本など違う世界に触れることで一人の世界から抜け出すことができます。

つまらない、疲れている、やる気がでないなどちょっと立ち止まってしまったら、ぜひ気分転換を!

刺激を受け、様々な感情に触れ、自分に活を入れて、人生をもっともっと楽しみましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る