無理なダイエットはケトン臭の原因に!気づけない体臭にご用心

ケトン臭32151

女性ならダイエットに取り組んだ経験がある人が多いはず。その中で糖質制限ダイエットを行った人もいますよね。

今でも継続中のアナタ、自分の体からなんだか酸っぱい匂いがする…と感じたことはありませんか?その原因は、無理なダイエットをしているせいかもしれません。

ここでは、そんなダイエットにまつわる臭いについて取り上げます。


ダイエット臭って聞いたこと、ありますか?

ダイエット臭とは、ダイエットに伴って発生する臭いのこと。酸っぱいような臭いがすることが多いのですが、これにはさまざまなものがあります。

乳酸が原因のダイエット臭

まずダイエット臭としては、乳酸が原因のものが挙げられます。

これはダイエットにより身体中の血行が悪くなる、すなわち代謝が悪い状態になることが原因。

代謝が悪い状態で糖新生が行われると、乳酸という物質が発生します。

この乳酸はアンモニアと一緒に汗の中に出る性質があり、この状態で汗をかくと、アンモニアのような臭いがするようになります。

ケトン体が原因のダイエット臭

ケトン体による臭いもダイエット臭と呼ばれるものの一つ。

このケトン体は、炭水化物を極端に制限し、代わりに脂肪が代謝される時に発生する臭い物質です。身体中からツーンとした臭いが感じられるようになります。

上記の通り、ダイエット臭がするということは極端なダイエットをしてしまっているということの証拠でもあります。

臭いを感じるということはなかなか自分では難しいことですが、ダイエット臭が発生してしまった場合は、今行っているダイエットを見直す必要があるということ。

この記事ではケトン体が引き起こすケトン臭について取り上げていきます。

ケトン臭が発生する仕組み

ケトン臭は、急激なダイエットで代謝が低下した時に起こりやすいと言われています。

特に、運動をせずに極端な食事制限を行った時に発生しがち。

空腹のまま体内の脂肪酸を燃焼し続けることによりケトン体という物質が肝臓で合成されるようになってしまうのですが、このケトン体が血中に増えると、汗はもちろん、息や尿が臭うようになります。

ケトン臭が出るダイエットとはとんなもの?

ケトン臭が出やすいダイエットとして挙げられるのが、糖質の摂取量を抑える糖質制限ダイエット。

ご飯やパン、麺類を食べるのを控えるという方法です。

糖質を摂取するとブドウ糖濃度、すなわち血糖値が上がりますが、この上昇に伴いインスリンが分泌され、筋肉や肝臓にブドウ糖を蓄えます。

また、ブドウ糖は体内に糖エネルギーに変換されて運動によって消費されるのですが、この消費する量にも限界があります。

使いきれなかったブドウ糖は、すべて中性脂肪に変わってしまってどんどん蓄積されていきます。

ここで糖質を制限するとインスリンの分泌が抑えられ、中性脂肪として体内に蓄積されにくくなります。

さらに糖質の制限を続けていくと、体は糖エネルギーの代わりに中性脂肪を燃やしてエネルギーを作り出します。

この仕組みを利用したダイエットが糖質制限ダイエットなのです。糖質以外に制限しなければならないものがないために非常に手軽に感じますよね。

ですから、このダイエットを取り入れる人がとても多いのですが、極端な糖質制限を行うと、ケトン体が発生し、臭いが木になるようになってしまいます。

糖質制限ダイエットの注意点

上記で説明した通り、極端な糖質制限ダイエットを行ってしまうと、ケトン臭の発生に繋がることがあります。

では、臭いが発生した時にはどのように対応すれば良いのでしょうか。

ケトン臭が発生したときの対応方法

ケトン臭が発生してしまったら、まずはダイエット方法を見直すことが大事です。今行っているダイエットを振り返ってみて、

  • 無理な食事制限(糖質の制限)をしていないか?
  • ダイエットに運動も取り入れているか?

というようなことをチェックしてみましょう。

ケトン臭を予防する方法は?

ケトン臭を予防する方法としては、第一に無理なダイエットをしないこと。

すなわち、適度な運動と適切な食事制限を行うことで体の代謝機能を維持し、アップさせることが必要です。

運動のポイント

運動をダイエットに取り入れる際にポイントとなるのが有酸素運動を取り入れるということ。

例えばウォーキングやジョギング、水泳などが挙げられます。

そして、運動をしよう!と意識しなくても、こまめに体を動かすだけでもある程度の効果はあるので、家でじっと座っていないで、掃除をしたりするなどして体を動かすという意識を持ってみましょう。

また、筋肉維持も大事。ですからストレッチや軽い筋トレなども徐々に取り入れていきましょう。

スロトレもオススメです。ただし、無理は禁物。できるところから実践していきましょう。

食事のポイント

食事をする上で大事なのが、有機酸を多く含むものを摂取するように心がけること。

これは、脂肪の不完全燃焼を予防するため。また、ケトン体が出ると体内が酸性に傾くという傾向があるため、野菜や果物など、アルカリ性の食品を積極的に摂るように心がけてください。

そして、血行促進のためにしょうがを積極的に摂取するのもオススメです。

正しいダイエットを行っていますか?

ケトン臭を始めとするダイエット臭が発生してしまった場合は、今行っているダイエット方法について、何らかの見直しが必要ということ。

適切な食事制限はダイエットに必要なものですが、過度に食事制限を行ってしまうと、今回ご紹介したダイエット臭はもちろん、健康に害を及ぼしてしまう可能性が大。

せっかく痩せても体臭が…なんてことになったら意味がありませんよね。適切なダイエット方法を学んで、キレイになってくださいね。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る