結婚相手の見極め方のポイント!本当にその人と結婚していいの?

結婚を意識するようになると相手と家庭を築いていけるかどうか考えるようになってきますよね。

ただ付き合っているだけだと気にならないことも、結婚して家族になると耐えられなくなってしまうということも起こりかねません。

結婚相手として一生を添い遂げられるか、一緒に子供を育てていけるか、家族としてやっていけるかを見極めるポイントを考えてみましょう。

今付き合っている人と結婚するとは限らない!

この人となら一生幸せになれる!と思って結婚しても、その後こんなはずでは…と後悔してしまうこともあるかもしれません。

結婚してから問題が出てくることも少なからずあるかと思います。

しかし、結婚を決める前に相手を見極め、問題点をクリアにしておけば、結婚してから予想もしなかった問題が出てくるということは少なくなるかと思います。

相手の問題点を見つめて、自分がその問題点を許せるかどうかについてしっかりと考えてみましょう。

結婚相手を見極めるポイントは?

人によって結婚相手に求めるものは様々です。よく結婚相手に求める条件、などと言われたりしています。

結婚相手に求める条件とともに、これは確認しておきたい、知らないままに結婚するのは危険なポイントというのもあります。

離婚事由にもなりやすいポイントなので、どのようなものがあるのか確認してみましょう。

暴力

まず、暴力は完全にアウトです。

「私が怒らせたから…」「いつもじゃないから…」なんて考えていてはいけません。

結婚して一緒に生活するようになったら、付き合っていた頃よりも一緒にいる時間が増えるため、暴力を受ける頻度は高くなる傾向があります。

また、この暴力が生まれてくる子供に向かったら…と思うと恐ろしいですよね。

暴力をふるう相手からは全力で逃げましょう!

浮気癖

浮気は1度する人は何度もする傾向があります。

付き合っている最中に浮気をした人は、結婚してからも浮気をする可能性があります。

浮気はした方よりもされた方が心に傷を残します。結婚したら浮気をされた後も一緒に生活を続けなければいけないので、付き合っている時の浮気よりもつらいものがあります。

多少の浮気は許せる、という人でなければ、付き合っている段階で浮気をする相手とは別れた方が賢明です。

お金の使い方

お金の使い方が派手な人は、結婚して子供が生まれたからといっても同じようなお金の使い方をしようとします。

お金の使い方が派手だったり、無理なローンを組もうとする人には注意が必要です。

下手をすると借金問題にもなりかねないので、相手のお金の使い方には注意してみてください。

ギャンブル

パチンコやスロット、競馬などギャンブルは様々あります。

これらのギャンブルを趣味にしている男性も多いかと思います。付き合っている頃は、趣味をやめてくれとは言いにくいですよね。

一概にギャンブルをやっている人はNG!ではなく、決められた時間や金額の範囲内で楽しめる人か、そうでない人かを見極めましょう。

ギャンブルは中毒性があり、借金にもつながりやすいです。節度を持ってできない場合は注意しましょう。

相手の両親

結婚すると、相手の両親や親戚との付き合いもしなければいけません。

相手の親が過干渉だったり子離れできてなかったりしたら、後々大変な思いをすることになります。

相手が両親をいつも優先していたり、決定権が相手の両親にあるような場合は注意が必要です。

また、結婚すると同居の問題なども出てくるかと思います。相手がどのような考えなのかあらかじめ聞くことができるのであれば聞いておきましょう。

価値観

結婚して一緒に生活するということは、生活ルールを一緒にするということです。

お金の使い方や休日の過ごし方など、付き合っている時はそれほど気にならなかったことも、結婚して一緒に過ごすようになると不満がたまってしまうことがあります。

付き合っている時から趣味に大金をつぎ込んでいる、休日はいつも自分の趣味ばかりでなかなか会えない、というような場合は、結婚してからも自分がそれを許せるかどうかを考えてみましょう。

思いやり

幸せな結婚生活は、相手への思いやりなくしては成立しません。

自己中心的な考え方の相手だと、少しはこっちのことも考えて!と不満が募ってしまいます。

とにかく自分が1番!という考え方の人だと、子供が生まれても子供の世話よりも自分の都合ばかり優先する可能性があります。

そうなった場合に自分がそれを許せるのかを考えてみましょう。

結婚相手を見極める期間は?

どのくらいの期間相手を見極めたら結婚に踏み切るべきか、悩みますよね。

会う回数や一緒にいる時間が多ければ短い期間でも結婚に踏み切れるかもしれません。

できれば1年程度はお付き合いをして、相手のことを色々と知ってから結婚に踏み切ったほうが、後からこんなはずでは…となる可能性は低いかと思います。

遠距離恋愛などでなかなか会う機会が少ない場合は、その分いろいろな話をしたりして相手のことを十分に知るようにしましょう。

結婚には覚悟が必要

相手のことをよく知らないまま結婚してしまうと、後々「こんなはずでは…」と悩むことになってしまいます。

多少の欠点は人間誰しもあります。結婚相手を見極めるということは、要は相手の欠点を自分が許せるかどうかを見極めるということです。

付き合っている時は彼氏との時間は非日常ですが、結婚すると日常となります。彼氏との時間が日常になり生活基盤が一緒になった時、相手の欠点が許せるかどうかよく考えてみましょう。

「結婚したら変わってくれるはず」「子供ができたら変わってくれるはず」と良い方向に考えようとする人もいますが、現実はなかなか難しいもので、性格はそう簡単には変わりません。

相手が変わることに期待するではなく、自分が受け入れられるかを考えてみてください。

相手の性格をしっかりと見極めて、すてきな結婚ができますように!

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る