顔がかゆい時に考えられる原因と対処方法!原因は意外と多くある

顔が痒い10241

かゆみは人間にとって、痛みと同じくらい耐えがたい現象だと言われています。

かゆいとつらいですよね。体へのつらさだけでなく、そのことによってイライラしてしまうこともあるでしょう。

そんなかゆみの中でも、「顔がかゆい!」という状態になることがあります。アレルギーを持っている方はそのような症状も出やすいかもしれませんが、特にアトピーやアレルギーも無いのに顔がかゆくなることがあります。

その原因は実は、ささいなことかもしれません。そして、日常生活を見直すことで改善できることもあるのです。

もちろん、治らなければ皮膚科にかかることが必要になってきます。

でも日常生活から、なるべく「かゆい!つらい!」という状態にならないように気を付けることは必要ですよね。顔がかゆいときの原因と、その対処方法について考えてみましょう。

顔がかゆい原因とは?

まず、「顔がかゆい!」という状態になる原因について考えてみましょう。

乾燥によるもの

皮膚の乾燥は、さまざまな肌トラブルの原因になります。ニキビであったり、赤みであったり……。「かゆみ」も実は、そのひとつなのです。

かゆみが起こる原因は、皮膚が乾燥して「バリア機能」が低下することです。このバリア機能というのは、その名のとおり、外部からの刺激などから皮膚を守ってくれる役目です。

しかしなんらかの原因で皮膚が乾燥すると、このバリア機能が弱くなってしまいます。それにより、かゆみという症状が出ている場合です。

この場合は、保湿をしっかりすることが大切になってきます。保湿ケアは、スキンケアのすべての基本です。

刺激になるものが触れる

ストール、マフラー、ハイネックの服。あるいは自分の髪。

そのようなものが原因である場合があります。根本的な原因としては、「アレルギーによるもの」「乾燥からバリア機能が低下していること」などが考えられます。

アレルギーによるもの

もともとアレルギーを自覚している方は、それが原因かもしれません。自覚していない方も、なんらかの刺激となる物質に反応している可能性があります。刺激になる物質とは、例えばこのようなものです。

  • ホコリ
  • ハウスダスト
  • ダニ
  • 動物の毛やフケ
  • 花粉

自分になんのアレルギーがあるかは、把握して悪いことはありませんよね。一度、皮膚科でアレルギー物質を調べる検査を受けても良いかもしれません。

化粧品が合っていない

新しくローションやクリームを使った場合、もしくは試供品などで新しいものを試す機会があった場合ですね。肌に合っていないと、かゆみが起こることがあります。

かゆみ症状は、基本的に「使ってすぐに症状が出たら、使うのをやめておく」ことをおすすめします。肌に合っていない可能性が高いです。

ストレスによるもの

なんらかの原因でストレスを強く感じてしまうと、かゆみとして症状が現れることがあります。

「普段はなんともないのに……」「変わったことなんてしていないのに……」と思う方は、ストレスがないかどうか考えてみてはいかがでしょうか?

つらいけれど、引っ掻かないことはとても大切

顔のかゆみが起こる原因について見てきました。かゆみはつらいですよね。つい掻きたくなってしまうでしょう。

でも、もちろん引っ掻いてしまったらそれがキズになってしまいます。悪化してしまうこともあるでしょう。

なのでやはり「引っ掻かない」ことはとても大切なのですが……。「つらくて耐えられなくて、どうにもできない!」という気持ちはもちろんありますよね。

そんなときは、このような方法を試してかゆみをなるべく抑えて、また引っ掻かないようにしてみてはいかがでしょうか?

冷やす

冷やすことで、かゆみが一時的に治まることがあります。ひんやりした感触に、ほっと癒されることもあるでしょう。

冷やすときは、水で濡らしたタオルや、保冷剤をタオルなどでくるんだものを当てましょう。

保冷剤を使うときは、けっしてそのまま顔に当てないようにしましょう。タオルやハンカチで包みましょうね。

ただし、冷えすぎるのも体にとっては良くありませんので、当てたままにはしないように気を付けましょう。

爪は短く切っておく

引っ掻いてしまったとしても、キズを最低限にすることができます。長いままにしておくよりも、短く切っておきましょう。

また、ただ爪切りで切ったままですと、爪はギザギザしていてかえってキズの原因になってしまったりします。

やすりなどで整えると、より良いですね。

就寝時は手袋を

昼間は意識して我慢できても、「夜眠っているときに、無意識に引っ掻いてしまう」ということはどうしてもあると思います。

これも予防のためですが、手袋をして寝てみるのはいかがでしょうか。

直接爪が当たるよりも、刺激は軽減できます。手への優しさを考えるのであれば、綿100%の布手袋が理想的です。

最近では100均でも手に入れることができます。

あえてネイルをしちゃう!?

これは心情的な問題ですが、かゆみを感じているときにあえて綺麗にネイルをするという方法があります。

女性として、綺麗にネイルをしたら「それを崩したくない」という気持ちが生まれるのではないでしょうか?

それが「かゆいから引っ掻いてしまいたい!」「でも、引っ掻いたらネイルがだめになっちゃう!」という、心情的な抑制に繋がることが見込めます。

根本的な対策方法

前項では、「かゆくても、なるべく引っ掻かないようにすること」への対策を見てきました。ここからは、かゆみを改善する根本的な対策について見ていきましょう。

保湿ケアに力を入れる

乾燥が「肌のバリア機能の低下」を引き起こし、それがまた「刺激になるものに過剰反応してしまう」と見てきましたね。

なので、乾燥のケア、つまり保湿ケアはとても大切なのです。化粧水、保湿クリーム、乳液などを使い、洗顔後はしっかりと保湿をしましょう。

化粧水はたっぷり使います。コットンで付けても手で付けても良いですが、スプレータイプのものでも直接顔に吹き付けないようにしましょう。

コットンに取る場合は、コットンの裏側に染みるくらいまでたっぷり使います。お高いものですとついつい惜しみたくなってしまうかもしれませんが、肌に水分を与えてあげるつもりでたっぷりつけてあげましょう。

逆に、保湿剤は適量でじゅうぶんです。化粧水で与えた水分を守る役目として使うものだからです。

むしろつけすぎると、べたべたしてしまう場合があります。するとかえって、ほこりなどが付着する原因になったりしますので、つけすぎには注意しましょう。

化粧水も保湿剤も、つけてあげたらハンドプレスをしてみましょう。両手で顔を覆うポーズをして、数秒そのままでいます。

ぺちぺちと叩く必要はありません。手の体温だけで、しっかりなじんでくれます。

セラミドでしっかり保湿!

「セラミド」は、とても有名な保湿成分なので、聞いたことはある方が多いと思います。もともとヒトの肌に存在していて、水分を皮膚に保持してくれるはたらきを持ちます。

しかしこのセラミドは、加齢などによって減っていってしまいます。年齢を重ねると肌が乾燥しやすくなるのは、これが原因のひとつです。

セラミドの中でも「ヒト型セラミド」は効果が高いと言われています。また、「セラミド」には「セラミド1」「セラミド2」などと数字がついています。

おすすめは「セラミド2」です。水分保持効果がセラミドの種類の中でも高いと言われています。

セラミドには数字がついていますが、これはセラミドの性質を表しています。「数字が大きいほど効果が大きい」わけではありません。

顔に触れるものを極力減らす

顔に触れているものが刺激になっている場合は、その原因を取り除くことが必要になってきますよね。

マフラーやストールなどが原因と考えられる場合は、一時的にでも使うのをやめる、または低刺激の天然素材(綿や麻、シルクなど)のものに替えてみるなどの方法があります。

もしくは、自分の髪も触れることで刺激になったりします。前髪やサイドの髪ですね。

額がかゆい場合は、前髪を上げるかピンなどで留めてしまうのも良いでしょう。サイドの髪も同様です。ピン留めや、うしろの髪とまとめるなどして対策をしましょう。

化粧品を見直す

化粧品が合っていない場合、かゆみの症状があらわれることがあるのでしたね。その場合は、その化粧品は変えたほうが良いでしょう。

化粧品は、新しいものに変えた場合、「赤みが出る」「ぴりぴりする」などの症状が出ることがあります。かゆみもその症状のひとつです。

これらは一時的なものであるのならば、肌が新しい化粧品になじんでいくと改善されることもあります。

しかし、しばらく使ってみても症状が治らない場合は、本当に肌に合っていないのでしょう。残念ではありますが、ほかのものに買い替える、元のものに戻すなどをおすすめします。

洗顔方法を見直す

スキンケアを頑張っても、洗顔方法が間違っている場合、乾燥などの原因になることがあります。クレンジング剤や洗顔料などが原因の場合、たとえばこのようなケースも考えられます。

  • 肌に合っていない
  • 刺激が強すぎる
  • 洗浄力が強すぎる

洗顔もスキンケアのひとつです。正しく洗顔をおこなうことも大切です。

ストレスはしっかり発散!

かゆみの原因が、ストレスが原因である場合もあるのでしたね。特に、強いストレスを感じているとかゆみも出やすくなってしまいます。

そして、そのかゆみがさらにイライラをつのらせて、つい掻きむしってしまう……なんて悪循環になってしまうこともあります。

防ぐためにはやはり、適度なストレス発散を日常から心がけることが大切になってきます。自分に合ったストレス解消方法を見つけましょう。

おしゃべりをしたり、体を動かしたり、あるいはほかのことを忘れられるような、好きなことに夢中になるのも良いですね。

治まらない場合は、病院も必要

ここまでかゆみの原因や対策について見てきました。

しかしこれらを試してみて治らない場合、引っ掻いてしまってキズになってしまっている場合は、皮膚科にかかってお薬を処方してもらうことも必要になってきます。

特に、引っ掻いてキズになってしまっている場合は、お薬が必要になることが多いでしょう。保湿ケアが大切であると書きましたが、保湿はあくまでも「予防」です。「キズを治す」効果はありません。

お薬でしっかり治して、そして日常では保湿ケアでかゆみがなるべく出ないように予防してあげましょう。

かゆみに対するお薬はドラッグストアで買うこともできますが、少なくともはじめは専門のお医者さんにかかることをおすすめします。

なにが原因かどうかはっきりしない場合、お薬が合わないこともありうるでしょう。

また、ちらりと触れたように、皮膚科でアレルギーの検査を同時に受けてみるのも良いでしょう。アレルギーの原因をなるべく避けることができるようになります。

しっかり治して、普段からケア!

かゆみの原因や対策について見てきました。ただ「顔がかゆい!」と思っても、原因はたくさん考えられるのですね。

かゆみは誰にでも起こりうる現象ですし、本当につらいものです。

なるべくかゆみを起こさないようにするためにも、原因を把握して、日常生活から予防やケアをしてあげるようにできると良いですね。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る