かかとケアでツルツルの美足に!自宅で簡単にできる方法

かかとのマッサージ32151

かかとを出す靴やストッキングを履きたいけれど、皮膚のガサガサが気になってためらってしまう・・かかとや足裏にあるトラブルのせいで気持ちよく毎日を過ごせない方もいるのではないでしょうか?

かかとの悩みを解消したいときは、自宅で簡単にできるケア方法がおすすめです。

日頃からきちんとかかとケアすることで皮膚のザラザラやゴチゴチ、傷、ひび割れ、痛み、炎症、タコ、ウオノメ、水虫といった症状を改善・予防できます。

薬局やネット通販では色々なかかとケア商品が販売されていますが、製品によって使い方や効果が異なりますので、商品ごとの特徴を知って正しく使いこなすことが大切です。

かかとケア商品は、自宅のケア方法と併せるとキレイなかかとを維持できます。

ここではかかとのトラブルが起きる原因やケア商品、自宅でのケア方法、NG行動などをご紹介しますので、かかとや足裏のトラブルを解決したいときにお役立てください。


かかとトラブルの原因は乾燥、角化、水虫、火傷など

かかとがガサガサしていると見栄えが悪くなるだけでなく、ひび割れの原因やストッキングの伝線などにつながる可能性があります。

かかとや足裏は日頃からきちんとケアすることでさまざまなトラブルを改善・予防できますが、適切なかかとケアをおこなうためには問題が起きてしまう原因を知ることが大切です。

ここでは、かかとや足裏など足のトラブルが起きてしまう原因をご紹介します。

皮膚の乾燥

かかとや足裏の皮膚が乾燥してしまうと潤いがなくなってしまい、ガサガサやゴチゴチ、ザラザラといった荒れた状態になったり、皮膚が硬くなったりする原因となります。

また、皮膚の乾燥がひどくなるとひび割れや出血、かゆみ、感染症などが生じる場合もあります。

このほかにも、かかとが乾燥すると肌荒れや痛み、疼痛だけでなく、死んだ皮膚がはがれ落ちて汚れることがあります。

皮膚の乾燥は加齢や水仕事、エアコンの除湿などによって起こりやすくなります。

皮膚の角化

皮膚の表皮や角質が異常に厚くなったり、硬くなったりする状態を角化といいます。

かかとや足裏が角化してしまうと皮膚のザラつきや亀裂、皮むけ、白色や黄色などに肌が変色するなどの症状があらわれます。

また、かかとなどの皮膚が角化してしまうと胼胝・タコや鶏眼・ウオノメができたり、皮膚がガサついた状態になったりする原因となります。

このほかにも、角化には掌蹠角化症・ショウセキカクカショウという病気があり、掌蹠角化症はてのひらや足底の角質がこえて厚くなるといった症状があらわれます。

掌蹠角化症は、生まれつきや幼い頃になる場合と大人になってからなる場合があります。

水虫・足白癬

足のトラブルは水虫が原因の場合も考えられます。水虫は足白癬・アシハクセンとも呼ばれる皮膚感染症であり、いくつかの種類があります。

水虫の一種である角化型白癬は、足底やかかとの角質が厚くなるといった症状があらわれます。

また、角化型白癬は水ぶくれやかゆみなどの症状がないため、自覚しにくい水虫といわれています。

水虫が悪化してしまうと皮膚の傷から雑菌が侵入したり、二次感染を起こしたりする可能性があります。

水虫は不衛生な靴や靴下、足拭きマット、銭湯、プールなどで感染することがあります。

アポクリン汗腺

かかとのトラブルには皮膚のガサつきやゴチゴチだけでなく、足のニオイもあります。

足が臭くなる原因には、足裏にあるアポクリン汗腺による発汗や細菌感染などが挙げられます。

足裏や足の指の間にはアポクリン汗腺が集中していますので、発汗によって細菌が繁殖しやすくなったり、皮膚の炎症を起こしたりすることがあります。

アポクリン汗腺はワキガの原因でもありますので、足裏やかかとを不衛生な状態にしていると悪臭が増加する原因となります。

ストレス・やけど・圧迫・栄養の偏り

皮膚に影響をあたえてしまう原因にはストレスや熱、圧迫、栄養の偏りなども挙げられます。

お風呂やこたつ、電気カーペットなどでやけどをしたり、合わない靴を履いて足を圧迫したり、ストレスや栄養状態によって体に変調があったりすると足のトラブルにつながる可能性があります。

お風呂の温度調節や暖房器具の変更、ストレス解消、栄養バランスのよい食事などの工夫をして足に負担をかけないように心がけましょう。

かかとケア商品の種類と効果

かかとケアの方法には、ヤスリなどで削る、スクラブ入り石けんで磨く、ピーリングパックではがす、ジェルで落とす、クリームで保湿&軟化、かかとケアソックスで保湿、水虫の薬を塗るなどがあります。

これらの商品は色々なタイプが販売されていますので、自宅にいながら好きな方法でかかとケアができます。

ここでは一般的なかかとケア商品の種類と効果をご紹介します。

ヤスリなどで削る

角質を削りたい場合はヤスリやレデューサー、電動角質リムーバー、軽石などを使用します。ヤスリは表と裏に粗さの異なる面が2つある製品がおすすめです。

粗い面で角質を削り、もう一方の面で仕上げをすることができます。

一方、電動角質リムーバーはヘッドをかかとにあてるだけで、電動回転するローラーが角質を粉状に削ってくれます。

電動角質リムーバーのメリットは簡単に早く角質ケアができる、一定の強さでおこなうため肌の負担も安心、電池とリフィルを交換するだけで長く使えてお財布にも優しいといった点が挙げられます。

軽石は水やお湯を含ませて使いますので、入浴時に合わせて手軽に角質を削ることができます。

天然素材の高級品から、保湿成分を配合したタイプまでさまざまな軽石が販売されています。

ヤスリや軽石などを使って角質を削るときは、こすりすぎに注意して道具を清潔な状態で保管するように心がけましょう。

スクラブ入り石けんで磨く

角質を磨きたい場合はスクラブ入りの石けんを使用します。スクラブ入りの石けんでかかとの角質を洗うことで、不快なニオイをやっつけてツルツルな状態に整えることができます。

かかとを清潔に保つためには日頃のケアが欠かせませんので、お風呂などで手軽に使えるスクラブ入り石けんはとても便利です。

また、気になるときにかかとや足裏だけを洗ってケアすることもできますので、いつでも足を清潔な状態に保てます。

スクラブ入り石けんは製品によって成分や効果などが異なりますので、使用したあとですぐにキレイにならなくても2週間くらいは続けてみましょう。

ピーリング剤ではがす

角質をはがしたい場合は、ピーリング剤が含まれているローションパックを使用します。ピーリング剤にはフルーツ酸などが使われており、古い角質に浸透してかかとの角質をはがれやすくする効果があります。

ピーリング剤のローションパックを使うときは、清潔にした足を専用のビニール靴下・フットパックに入れて30分から1時間30分くらい待ちます。

そのあと、2日から10日くらいすると古い角質が自然とポロポロはがれてきます。

キレイなかかとを保ちたい場合は、2ヶ月から3ヶ月に1回おこなうことをおすすめします。ただし、製品や個人の体質のよって使用時間、古い角質がはがれる日数、使用頻度などが異なりますのでご注意ください。

ジェルで落とす

かかとの古い角質によるニオイの原因や乾燥を殺菌&消臭したい場合は、保湿成分などが配合されているかかとケア専用のジェルを使用します。

乾燥対策に欠かせない保湿成分とさわやかな香料が含まれているジェルをかかとに塗りますと、ゲルとともに古い角質がポロポロと落ちてきます。

ジェルを使ったあとは水やぬるま湯で汚れをしっかり洗い流して、保湿クリームなどでかかとをしっかり保護しましょう。

使用頻度は製品によって異なりますが、お肌の調子に合わせて週に2、3回くらいおこなえます。

クリームで保湿と軟化

かかとの皮膚を乾燥から守りたい場合は、尿素などが配合されている保湿クリームを使用します。

専用の保湿クリームを塗ることで、乾燥によるガサガサやゴチゴチな状態をしっとりツルツルに軟らかく整えることができます。

製品によっては尿素だけでなく、海洋性コラーゲンやビタミンE、グリチルリチン酸モノアンモニウムといったかかとケア成分が含まれている場合があります。

また、ローズなどのさわやかな香りが配合されている製品もありますので、保湿ケアとともにニオイ対策をしたいときにもおすすめです。

かかとケアソックスを使う

かかとを保湿したい場合は、かかとケア専用の靴下もおすすめです。

かかとにフィットするデザインと保湿性によって、ガサガサやザラザラした状態をしっとり保湿します。使い方は就寝前にかかと用のケアソックスを履いて寝るだけですので、ゆっくり休みながらかかとケアができます。

また、かかとケアソックスにはピーリングパックなどではがれる古い角質をキャッチする製品もあります。

ピーリング剤で角質ケアをしたあとで、ポロポロとはがれ落ちる古い角質が床などに散らばらないようにしたいときに役立ちます。

水虫の薬を塗る

水虫を治したい場合は、水虫の薬を使用します。水虫には抗真菌剤の塗り薬が有効であり、イミダゾール系と非イミダゾール系の2種類が挙げられます。

イミダゾール系は色々なカビに作用して副作用があまりなく、耐性菌が生まれにくいという特徴があります。一方、非イミダゾール系は特定の菌に強い作用をもたらすという特徴があり、現在水虫の薬として主に使用されています。

抗真菌剤の塗り薬は1日に1回塗るだけで水虫をケアすることができます。水虫の薬を塗るときは、入浴後、足の水気をしっかり拭きとってからおこないましょう。

また、水虫の薬を塗ってかぶれたり、2週間以上使い続けても効果があらわれなかったりしたときは皮膚科を受診しましょう。

自宅で簡単にできるかかとケア方法

かかとや足裏のトラブルを解消するためには、日頃のケアが重要です。ここでは自宅で簡単におこなえる正しいかかとケア方法をご紹介します。

足を観察する

外から帰宅したときや入浴したときなどに足を観察して、問題がないか毎日確認しましょう。

かかとや足裏にキズや亀裂、ひび割れ、カサつき、はれ、痛み、かゆみ、タコ、ウオノメ、皮が引っかかる、変形などがないかよく調べます。

また、赤や黒、赤黒といった変色や低温やけどによる赤みなどがないかもチェックします。

足の指の間やかかとの後方といった見えにくい場所は手鏡を使うと便利です。

足を清潔にする

足の観察が終わったあとは、かかとや足裏を清潔に洗いましょう。柔らかいスポンジに石けんをつけて足の指の間やかかと、土踏まずなど足全体を隅々まで洗います。

そのあとは水やぬるま湯でしっかり洗い流して、清潔なタオルで水気を拭きとりましょう。足の指の間の水気も忘れずにきちんと拭きとります。

足が清潔になったあとは、皮膚の乾燥を防ぐために保湿クリームや軟膏を塗りましょう。かかとや足裏の皮膚が乾燥してしまうと傷ができやすくなったり、傷から感染したりする可能性があります。

角質をとる

かかとや足裏の頑固な角質をとりたいときは、入浴などで皮膚が柔らかくなった足をヤスリや軽石で削ります。手早くおこないたいときは、電動角質リムーバーがおすすめです。

タコやウオノメはコーンカッターやニッパー型爪切り、ハサミ型爪切りなどの道具を使って削ることもできますが、自己処置によって傷ができてしまうと化膿したり、潰瘍になったりする恐れがありますので、タコやウオノメは病院で安全に処置してもらいましょう。

また、自己処置で傷ができてしまったときは消毒をしてすぐに病院を受診してください。

足の血行をうながす

かかとや足裏のトラブルを防ぐためには、足を温めることも重要なポイントです。足浴やマッサージ、関節回し、筋肉ストレッチなどをおこなって足の血流をうながしましょう。

足浴は洗面器に40度のお湯とあら塩大さじ1杯を入れて足を浸しておこないます。

5分ほどすると足の血行がうながされてポカポカしてきます。お湯の温度を下げないようにビニール袋を使用するなどして工夫しましょう。

マッサージをするときは事前に手指を柔らかくほぐしてから優しくおこないましょう。

保湿クリームやオイルなどを足につけて、膝からつま先までソフトにほぐします。ふくらはぎを上下に優しく持ち上げたり、膝の部分を上に伸ばしたりして下肢の血行をうながしましょう。

また、足の指を1本ずつ回すと関節が柔軟になり、毛細血管の血流をスムーズにすることができます。

このほかにも、入浴後などで足が温まっているときに関節と筋肉を伸ばして筋肉ストレッチをおこなうと、血行サポートやリラックス効果が期待できます。

やけどに気をつける

やけどによって皮膚がダメージを受けてしまうと、ガサガサ肌や傷といった足トラブルの原因になります。お風呂は高温を避けて40度を目安にしましょう。

また、こたつや電気カーペットを使用すると知らない内に低温やけどを起こしてしまう可能性があります。

特に、糖尿病や神経障害などで熱さの感覚がわかりにくくなっている場合は注意が必要です。直接肌に触れる暖房器具ではなく、部屋全体が暖かくなるような製品を利用して低温やけどを防止しましょう。

正しい靴を選ぶ

合わない靴を履いてしまうと傷ができたり、足が変形したりする原因となります。自分の足に合った負担の少ない靴を選ぶことで、足のトラブルを未然に防ぐことができます。

靴を買うときは、自分のサイズに合ったものを選びましょう。

たとえば、足の縦幅だけでなく横幅も合っている、つま先がぶつからない、足の指が曲げられる、足の甲がきつくない、足首の後ろ側と靴の間に隙間の広がりができない、かかと部分が大きく摩擦が安定している、ヒールが高すぎない、中敷に厚さがある、などの靴がおすすめです。

歩きやすい運動靴やウォーキングシューズなどがよいでしょう。また、靴を履くときは必ず靴下を着用して靴ずれや外傷から足を守ることが大切です。

靴を履く前に、靴の中に小石やゴミなどが入っていないかも確認しましょう。

このほかにも、歩き方のバランスが悪いと足が変形したり、皮膚が硬く分厚くなったりすることがありますので注意しましょう。

水虫のケア

水虫になってしまった場合は専用の薬でケアしましょう。水虫の薬は、お風呂上りなど足が清潔なときに塗ることがポイントです。

足の指の間についている水気をしっかり拭きとってから薬を塗りましょう。

まずは足の指や指の間を塗り、そのあと足裏全体に薬を塗りこみます。水虫の薬を塗り終えたら、しっかり手を洗いましょう。

また、水虫は症状が治まっても菌が残っている可能性がありますので、自己判断で薬の使用を中断しないようにしましょう。定期的に病院を受診して水虫の状態を確認することが大切です。

水虫を予防するためには毎日キレイな靴下を履いたり、同じ靴を連続して履くのをやめたり、スリッパや足拭きマットなどを共有したりしないようにしましょう。

皮膚科を受診する

かかとケアをおこなっても状態が改善されないときは皮膚科の受診をおすすめします。かかとの傷やタコ、ウオノメといった症状は病院で安全に処置してもらいましょう。

また、かかとケア商品を使ったあとで異常があらわれたり、水虫の薬を塗っても効果がなかったりしたときもすぐに病院を受診しましょう。

かかとや足裏に異常がある場合は、皮膚科の専門医に診てもらうことが一番です。

かかとケアをするときのNG行動

かかとや足裏をケアしようとしてもNG行動をとってしまうと状態が悪化したり、効果があらわれなかったりする可能性があります。

キレイなかかとを手に入れるためにも、ここではかかとケアをするときの注意点をご紹介します。

かかとケア商品は正しく使用する

かかとケア商品にはピーリング剤を使用したパックなどがありますが、使い方を間違えてしまうと火傷や炎症が起こる可能性があります。

また、製品ごとに含まれている成分や強さが異なりますので、体質によっては合わないこともあります。

初めての製品を使用するときは、パッチテストをおこなって安全性を確かめましょう。

万が一、かかとケア商品を使ったあとで異常があらわれたときは、すぐに使用を中止して病院を受診してください。

足に傷などがあるときはケアの仕方に注意する

かかとや足裏に傷やはれ、ただれ、赤み、かゆみ、炎症などがある場合は、患部を傷つけたり、薬剤で刺激したりしないように注意しましょう。

皮膚に異常がある状態でヤスリや軽石、ピーリングパックなどのかかとケア商品を使ってしまうと状態が悪化する可能性があります。

足の皮膚に異常があるときは、まず病院で治療しましょう。

ケア商品を使用したあとの対応に気をつける

かかとケア商品を使ったあとの行動も重要なポイントになります。

スクラブ入りの石けんなどでかかとを洗ったあとは、皮膚を乾燥させないようにクリームや軟膏でしっかり保湿しましょう。また、ピーリング剤のパックを使ったあとは、無理矢理皮膚をはぎとらないようにして自然に角質が落ちるまで待つことが大切です。

角質を除去したあとは、日焼けや刺激などに気をつけて足を管理しましょう。

タコやウオノメの自己処置に注意する

かかとや足裏のケア商品には、タコやウオノメなどを削る道具があります。これらの商品は個別販売だけでなく、お手軽なフットケア用品としてセット販売されていることもありますが、コーンカッターなどを使ってタコやウオノメを自己処置するときは注意が必要です。

自己処置のときに傷を作ってしまうと化膿したり、潰瘍になったりする恐れがあります。タコやウオノメなどを安全に処置したいときは皮膚科を受診しましょう。

かかとケアで清潔感のある美足になってみませんか?

ここまでかかとケアについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

かかとのガサガサやゴチゴチ、傷、亀裂、はれ、かゆみ、赤み、ニオイといったトラブルは皮膚の乾燥や角化、水虫、アポクリン汗腺、ストレス、やけど、圧迫、栄養の偏りなどが原因として挙げられます。

そのため、かかとを美しく保つためには日頃のケアが重要なポイントとなります。

かかとをキレイにしたいときは、薬局やネット通販などで購入できるフットケア商品が便利です。

ヤスリや電動角質リムーバー、軽石などを使えば角質を削ることができますし、スクラブ入りの石けんで洗えば角質を磨くことができます。

また、ピーリング剤が含まれているパックなどを使うと古い角質を自然にはがすことができますし、かかとケア用のジェルを使えばゲルとともに角質を落とすことができます。

このほかにも、保湿クリームや軟膏を塗って皮膚の乾燥を防いだり、かかと用ケアソックスを履いて寝ている間にケアをすることもできます。水虫の場合は市販薬を塗ったり、皮膚科を受診したりするなどして適切に治療しましょう。

かかとケアはフットサロンや皮膚科などでもおこなえますが、自宅で簡単におこなうことができます。

毎日足を観察して清潔に保ち、しっかり保湿をして乾燥や傷などからかかとを守りましょう。下肢の冷えや低温やけどに気をつけたり、足に優しい靴を選んだりすることも大切です。

タコやウオノメなどはできるだけ病院で処置するようにして、自分で処置する場合は傷を作らないように注意しましょう。

また、かかとケア商品は色々ありますが、口コミやランキングで好評の製品でも個人の体質によって合わないことがあります。

万が一、足に異常が起きたときはすぐに使用を中断して病院を受診しましょう。

かかとのトラブルはそのまま放置すると悪化してしまう可能性があります。自宅で簡単にできるケア方法を試してみて、キレイなかかとを保ちませんか?

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る