医療脱毛の効果ってどのくらい?より効果的に施術を受けるポイント

医療脱毛の効果08215

医療脱毛と言えば「料金が高額」「痛い」などのイメージがある方が多いと思います。

実際にエステ脱毛に比べると料金は高額ですし、痛みも強い傾向にあります。

そのため医療脱毛考える場合には、本当にその料金、痛みに見合った効果があるのかしっかりと調べてから施術を受けたいですよね。

医療脱毛とエステ脱毛の違いや脱毛のメカニズムを知り、その効果を十分に得る方法を考えてみましょう。

医療脱毛とエステ脱毛の違いは「 脱毛するなら医療脱毛!医療脱毛をおすすめする理由」こちらでご確認してみてください。

医療脱毛とは
医療脱毛とは、「医療レーザー脱毛」と言われるもので、皮膚や毛髪に含まれるメラニン色素に対してレーザーを照射し、毛髪を再生させる毛乳頭などの組織を破壊する方法のことを指します。


1回の医療脱毛での効果はどれくらい?

医療レーザー脱毛での効果の定義は米国電気脱毛協会(American Electrogy Association)により「最終脱毛から1か月後の毛の再生率が20%以下となる脱毛法」とされています。

いまいちピンときませんね。

まず、全身の毛のうち、体の表面に出ている毛は全体の20~30%だと言われています。これは個人差もありますが、身体の部位によっても違います。

この表面に出ている毛にレーザーを照射して、その8割程に効果があるとなると、1度の施術でおよそ全体の20%前後のムダ毛が処理できるということになります。

つるつるのお肌を手に入れたいと考えた場合、単純計算でも5回以上の施術が必要という計算になりますね。

医療脱毛とエステ脱毛の違いと効果の差

脱毛を考える上で比較されるのが医療脱毛とエステ脱毛です。それぞれの違いについて見てみましょう。

エステ脱毛とは

エステ脱毛とは、エステサロンで行われている光脱毛(フラッシュ脱毛)のことを指します。

エステ脱毛の定義は、日本エステティック振興協議会によって「除毛・減毛を目的に皮膚に負担を与えず毛の幹細胞を破壊しない範囲」の脱毛とされています。

これは、脱毛機器によって毛乳頭や皮脂腺開口部などを破壊する脱毛行為は医療機関でないとできないと法律で定められているためです。

そのため、エステサロンでの脱毛は照射パワーの弱い機器を使用しています。

施術内容も「脱毛」ではなく「一時的な減毛」「抑毛」「減毛」となっています。

施術した場合一時的にはムダ毛が生えてこなくなりますが、毛の再生組織を破壊していないため、後々ムダ毛が再生する可能性は高いと考えられます。

弱い照射で徐々に毛を弱らせる、というイメージですね。

医療脱毛とサロン脱毛の脱毛効果の違い

ざっくり言うと、照射パワーの弱い機器を使っているのがサロン脱毛、照射パワーの強い機器を使っているのが医療脱毛です。

どちらの脱毛でも脱毛機器の仕組みは同じで、医療行為に当たるレベルの照射パワーかどうか、という違いになります。

サロン脱毛は照射パワーが弱いため、効果が表れるのに回数がかかります。医療脱毛は照射パワーが強いため、少ない回数で効果が表れます。

しっかりと脱毛の効果を得られるか、という点で考えると、断然医療脱毛の方が効果があると言えます。

脱毛のサイクル

毛には毛周期という周期があり、毛が成長する成長期、それ以上毛が伸びず抜ける準備に入る退行期、毛乳頭と毛が離れて毛が抜けた状態の休止期を1サイクルとして、それを繰り返しています。

この毛周期は体の部位によって期間の長さが違います。

もちろん個人差がありますし、ホルモンバランスによって周期が乱れることもよくありますが、およそのサイクルは以下の通りです。

【 部位による毛周期の違い 】

成長期 3~5ヶ月 休止期 3~5ヶ月
成長期 3~4ヶ月 休止期 3~4ヶ月
膝下 成長期 4~5ヶ月 休止期 4~5ヶ月
陰部 成長期 1~2年 休止期 1~1.5年

前述した「体の表面に出ている毛は全体の20~30%」というのはこの毛周期が関係しているためです。

医療脱毛もエステ脱毛も、成長期の毛にしか効果がありません。

そのため1回目の脱毛を行った後、退行期・休止期の毛が成長期になるのを待ってから2回目の脱毛を行います。

医療脱毛でもエステ脱毛でも「次回の脱毛は3ヶ月以上空けてから」と言われますが、それは毛周期に合わせたサイクルで脱毛を行わないと十分な効果が得られないためなのです。

効果を実感するためには脱毛のタイミングが大切

照射パワーの強い医療脱毛でも、1回の脱毛ではなかなか効果は感じられにくいです。

前述したように毛周期が関係しているため、これは仕方がないことです。

カミソリやシェーバーでのお手入れだとすぐに生えてくるから、と思っても、脱毛を行っている期間中にムダ毛を抜くような処理は厳禁です。

もしもムダ毛を抜いてしまえば毛周期が狂ってしまい、脱毛のタイミングに合わなくなってしまいます。

そうなると、1度の施術で脱毛できる量が減り、そのぶん追加で施術を受けないといけなくなってしまいます。

また、2回目以降はしっかりとムダ毛を成長させてから脱毛を行うようにしましょう。

医療脱毛にかかるお値段は「 医療脱毛の値段はいくらかかるの?気になる相場の疑問を解消!」で確認してみて下さい。

焦らず毛周期を待って施術をしましょう

早く脱毛を終わらせたいと焦っても、ムダ毛が成長していない状態で施術を受けても、十分な効果を得ることはできません。

そして日焼けにも注意が必要です。

施術予定の場所を日焼けしてしまうと、レーザーが肌のメラニンにも反応してしまい、やけどになってしまう可能性があります。

日焼けをしてしまうとクリニックから施術を断られてしまったり、照射パワーを落として施術しなければいけない可能性があるので、施術前2週間は日焼けしないように注意しましょう。

1回が高額な医療脱毛です。

1回ごとにできるだけ多くのムダ毛を脱毛したいですよね。そのためには自分の毛周期に合わせて施術を受けるようにしましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る