押すだけのふくらはぎマッサージで滞った血流を改善しよう

ふくらはぎは、私たちが生きていく上での重要な役割があります。

その役割と、ふくらはぎマッサージで得られる美容・健康効果、そしてふくらはぎマッサージの方法をリフレクソロジストである筆者がお伝えしますね!

ここでは様々な病気の改善に役立つというお話もさせて頂きますが、治癒を保証する内容ではありません。

気になる症状については、きちんと医師の診断・治療を受けた上で、健康増進という視点でふくらはぎマッサージを行ってくださいね。

ふくらはぎが第二の心臓を呼ばれるわけ

心臓には、血液を全身に送り出すポンプの役割があります。

血液を全身に送り出し、そして戻ってきた血液を受け取っていて、その流れの中で体内の老廃物を綺麗にしてくれています。

しかし、心臓は身体の上の方にあるので重力の関係で、下半身の方の血液を心臓の方まで上手く戻すことが出来ません。

その下半身に溜まってしまった血液は、ふくらはぎのポンプ作用によって心臓の方へと戻してくれています。

そこで、ふくらはぎは第2の心臓と言われるのです。

ふくらはぎマッサージでポンプの作用をスムーズに!

実は、人間以外の動物には、ふくらはぎがないということを知っていましたか?血液の70%は、下半身に集中しています。

その血液が、2足歩行の人間は、重力の関係で血液が下へ降り続けてしまいます。

そこで、その血液を心臓の戻すために、人間にはふくらはぎの筋肉で血液を心臓に戻す仕組みが生まれたのです。

通常は、歩くなどの動作によって、ふくらはぎのポンプ作用が働いています。

しかし、デスクワークで運動不足だったり、ふくらはぎの筋肉が少なかったりすると、このポンプ作用が上手く働かず、下半身に血液が停滞してしまいます。

特に女性は、筋肉量が少ないので、男性よりも血液の循環が悪くなりがちです。

そこで、役に立つのがふくらはぎマッサージです。ふくらはぎマッサージを行うことにより、血液を上半身に戻し、全身の血流を良くすることが出来ます。

ふくらはぎマッサージの創始者!石川洋一先生

ふくらはぎマッサージを開発したのは、外科医の故・石川洋一先生です。

ある患者さんが、脱水症状を起こして容体が悪化しているのにも関わらず、点滴をしても点滴液がスムーズに入っていきませんでした。

身体を触ってみると、腕は温かいのに、足全体が冷たいことに気づかれました。

そのため、ふくらはぎをマッサージしてみたところ、患者さんの顔色が良くなり、点滴液もスムーズに入っていきました。

そこで、ふくらはぎマッサージで血行を良くすることは、病気の改善に役立つのではないかと思い、メスではなくふくらはぎマッサージで、患者さんの治療に当たるようになりました。

ふくらはぎマッサージをすると健康になるのはどうして?

マッサージするだけで健康になることが出来る理由は、大きく分けて二つの理由があります。

  • 血流が改善されること
  • その結果免疫力が上がること

では、その二つの理由について詳しく見ていきましょう!

血流が改善され、体温が上がる!

ふくらはぎマッサージをすると、ふくらはぎのポンプ作用によって、血液を心臓に押し戻してくれることにより、血流を良くすることが出来ます。

血流の悪化が原因の体調不良や病気は多いですが、ふくらはぎマッサージを行うことにより、改善していきます。

免疫力がUPする!

血流が良くなれば、免疫力もUPさせることが出来ます。

免疫力とは、簡単に言えば、身体にとって異常なものや毒になるものを排除しようとする力のことです。

そのため、免疫力が下がると、病気になりやすくなってしまいます。

さらに、免疫力をUPさせるためには、ふくらはぎマッサージをする前に足湯をすることがオススメです。

免疫細胞の約6割は、腸にあります。

ふくらはぎマッサージで血流を改善し腸が温まると、免疫力もUPします。ウイルスを退治してくれると言われるNK細胞は、体温を上げることで活性化します。

しかし、湯船に長い時間浸かって体温を上げようとすると、身体に大きな負担がかかってしまいます。

足湯でしたら、身体に負担をかけることなくゆっくりと身体を温めることが出来ます。

こんなにある!ふくらはぎマッサージの健康効果

ふくらはぎマッサージを続けることにより、様々な健康効果が期待出来ます。
一つ一つ見ていきましょう!

放っておくと怖い!高血圧

高血圧とは、収縮期血圧が140mmHg以上、または拡張期血圧が90mmHg以上の状態のことをいいます。

血圧が高い状態は、血管の中の壁に高い圧力がかかっている状態です。

そのことにより、血管が傷つきやすくなりプラークが出来てしまいます。プラークがはがれると血栓になり、血管を塞いでしまうので、高血圧が問題となります。

血栓が詰まった場所によって、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こします。

高血圧になってしまう原因の一つは、血流の悪化です。

あるふくらはぎ講習会で高血圧の方がふくらはぎマッサージを行ったところ、10分のマッサージで、血圧が平均で10mmHg下がっていたというデータがあります。

ふくらはぎマッサージで血流を良くすることは、血圧を安定させる助けになります。

辛い花粉症などのアレルギーの改善にも

アレルギーを持っている人が、最近は増えています。

健康な人でもかかっている人が多い花粉症をはじめ、食物アレルギー、皮膚炎、鼻炎、金属アレルギー、動物アレルギーなど、様々なアレルギーがあります。

アレルギーの改善方法には様々な方法がありますが、そのうちの一つが代謝の改善です。

ふくらはぎマッサージで血流が良くなれば、代謝も良くなりアレルギーの改善に役立ちます。

眠れない!起きられない!その理由は?

夜なかなか眠れないという時は、交感神経が活発になってしまっている可能性があります。

そこで、ふくらはぎマッサージをして心身ともにリラックスすることが出来れば、副交感神経が優位になり、熟睡出来るようになります。

夜熟睡することが出来れば、おのずと朝もスッキリ起きられるようになるので、寝る前のふくらはぎマッサージは一石二鳥です!

腰痛改善のカギはふくらはぎ!?

腰痛に悩まされている女性は多いですよね。

肉体労働の人だけではなく、デスクワークの人や、子育て中のママさんなど、様々な人が腰痛に苦しんでいることでしょう。

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛など、病的な原因もありますが、多くは病院に行っても治らない原因不明の腰痛です。

欧米人よりも日本人の方に腰痛が多く、推定1500万人前後の日本人が悩まされていると言われています。

腰の周りの筋肉が弱いということが、原因の一つになっています。

腰痛の人は、ふくらはぎの筋肉に負担がかかっていることが多いため、腰を支える筋肉のバランスが悪くく、その負担がふくらはぎの筋肉にもやってきます。

そのため、ポンプ作用が弱まって、血流が悪くなりむくみなども出てきます。

腰は自分でマッサージすることは出来ませんが、ふくらはぎなら自分でマッサージすることが出来ます。

ふくらはぎのマッサージでふくらはぎの筋肉をほぐし血行を良くすることで、腰の筋肉も自然とほぐれていき、腰痛を改善することが出来ます。

エコノミークラス症候群の予防!

エコノミークラス症候群の正式名称は、「深部静脈血栓症」だと知っていましたか?

飛行機の座席の狭いエコノミークラスに長時間座っている時に起こりやすいので、エコノミークラス症候群と呼ばれるようになりました。

じっと狭い所に同じ姿勢でいることによって血流が滞り血栓が出来てしまい、その血栓が立ち上がって歩き出した時に、脳や肺に飛んで血管が詰まり、意識を失って倒れてしまいます。

この、怖いエコノミークラス症候群を予防するためには、まめに動くなどして血流を良くすることが大切です。

狭い飛行機の中では、身体を動かすことが難しいものですが、そんな時に、ふくらはぎマッサージが役立ちます。

1時間に1回はふくらはぎを揉むことによって、血流を改善しましょう。

エコノミークラス症候群を防ぐためには、十分な水分補給をすることも大切です。水分を取りつつ、こまめにマッサージしたり歩いたりすることが大切ですね。

女性特有の症状もふくらはぎマッサージで改善される!

ふくらはぎマッサージは、女性ならではの身体の不調を改善させる効果もあります。
一つ一つ見ていきましょう!

ホルモンバランスの改善!

「ホルモンバランスが悪い」という言葉を見聞きしますが、一体ホルモンとは何なのでしょうか?

ホルモンとは、身体の様々な機能を調整するために働く物質のことです。

甲状腺、副腎、卵巣など様々なところで作られ、身体の状態を一定に保つために働いています。

ホルモンバランスが悪いと、婦人科系の不調など、様々な身体の不調が起こりやすくなります。

前述したように、ふくらはぎマッサージを行うことにより、血流が良くなり、不眠も解消されるので、その結果、ホルモンバランスも少しずつ整っていきます。

女性に多い悩み!冷え性

足の冷えに悩まされている女性は多いですよね。

特に辛いのが冬です。手足が冷えて夜眠れないという人も、多いことでしょう。

特に冬に足が冷えてしまう原因は、身体の中心部の温度を下げないようにするために、血液が中心に集中してしまい、足にまで巡ってこないことです。

そこで、ふくらはぎマッサージを行えば、全身に血液が巡るようになりますので、辛い冷え症も改善されていきます。

冷え性で悩んでいる人は、ぜひふくらはぎのマッサージもチャレンジしてみましょう。

女性の悩み!月経不順

女性の多くが悩まされているのが、月経不順や月経痛です。月経に関するトラブルがあると、日常生活に影響が出てしまいがち。

また、今後妊娠・出産することを考えている人は、月経が不順だときちんと妊娠が出来るのか不安になることでしょう。

それに、何より毎月月経痛に悩まされることから、解消されたいですよね。

月経痛や月経不順の原因の一つに、骨盤内の血流不足があげられます。

血流さえ良くなれば、卵巣の働きが整ったり、女性ホルモンのバランスも良くなったりするので、月経痛や月経不順が改善されていきます。

そのため、ふくらはぎマッサージを行って血流が改善させることが大切になります。

筆者の体験談

筆者が以前勤務していたリフレクソロジーのチェーン店では、結婚後何年も子宝に恵まれなかったのに、入社してたった数か月で子宝に恵まれ、すぐに退職してしまったという人がいました。

しかも、それは一人だけではありません。

そのチェーン店には直営のスクールがあり、入社前には、技術の習得のため日々お互い足を貸しあって練習をしています。

毎日のように足を揉まれ続けていたため血流が改善し、その結果、子宮の状態やホルモンバランスが整い、妊娠することが出来たと考えても良いでしょう。

ふくらはぎマッサージを根気良く続ければ、もしかするとあきらめていた赤ちゃんと出会えることもあるかもしれませんね!

血流を改善して美肌に!

ふくらはぎマッサージは、体調の改善だけではなく、美肌にも役に立ちます。そのカギは、やはり血流の改善にあります。

全身の血流が良くなると、毛細血管の血流が促進され、皮膚の新陳代謝が活発になります。

その結果、お肌が美しくなってくるのです。

女性に嬉しいダイエット効果!

痩せられない理由・・・それは、基礎代謝量の低下です。

基礎代謝とは、何もしなくても、毎日生きるために使われる生命の維持に最低限必要なエネルギーのことです。

代謝が悪いと、栄養素をエネルギーに変えたり、消費したりする働きが弱くなるので、太りやすくなってしまうのです。

もし、体温が1度上がったとしたら、体脂肪を燃やすための1日の基礎代謝量が、なんと12%から13%も上がるのです。

ふくらはぎマッサージをすることで冷えが改善されれば、体温が上がってくるので基礎代謝量も上がり、その結果、痩せやすい体質になってきます!

気になる足のむくみの解消!

ふくらはぎのポンプ作用が弱まっていると、足に静脈血が停滞してしまいます。

その結果、静脈内の圧が高まって毛細血管から染み出した水分が、むくみの原因となっています。

ふくらはぎマッサージでポンプ作用を働かせて、血液を心臓に戻してあげることが出来れば、むくみが解消されていきます!

誰でも出来る!簡単マッサージ方法

ふくらはぎマッサージを行うことが、美容と健康に対して良いことだらけということを、ここまでのお話しでお分かり頂けたことでしょう。

では、ここで実際のふくらはぎマッサージの方法をお伝えしましょう。

ご紹介するのは、ふくらはぎマッサージの創始者の石川先生が提唱する手順です。

まずはストレッチから!

急にマッサージを始めると、今まであまり刺激がなく凝り固まっている筋肉をいきなりほぐすことになるので、負担が大きくなります。

始めの頃は、ストレッチを行ってからマッサージを始めるようにしましょう。 

  1. 床に座り、足をまっすぐ伸ばす。
  2. 息をゆっくり吐き続け、つま先を床に向かって倒しながら、足の甲を伸ばす。
  3. 息を吸い続け、つま先を起こしながら、足の裏と床が直角になるようにする。

このストレッチを10回ほど行い筋肉が緩んだら、マッサージを始めます。

ストレッチが終わったらマッサージ!

石川洋一先生のふくらはぎマッサージは、ステップ1とステップ2に分かれています。初めての人はステップ1だけを行い、慣れてきたらステップ2と合わせて行うと良いでしょう。

《 ステップ1 》

  1. 床に足を投げ出して座り、片方の足の膝を曲げ、ふくらはぎの内側を上に向けて、足先を手前に引き寄せます。両手の親指を重ね体重をかけながら、ふくらはぎの内側の筋肉の骨の際のラインを、内くるぶしから膝に向かってゆっくりと押していきます。これを3セット行います。
  2. 1と同様の方法で、ふくらはぎの真ん中を足首から膝に向かって押していきます。これを3セット行います。
  3. 今度は、膝を内側に傾けて、ふくらはぎの外側の筋肉の骨の際のラインを、外くるぶしの上から膝に向かって押していきます。これを3セット行います。
  4. アキレス腱からふくらはぎの3分の1くらいまでの範囲を、つまむようにして揉みほぐします。
  5. これが終わったら反対側の足にも同様に行い、最後に壁に両手をついて両足のふくらはぎとアキレス腱を10回ずつ伸ばします。

《 ステップ2 》

  1. 床に足を投げ出して座り、片足の膝を立てて内くるぶしの上に手をもっていき、指の腹で内側の筋肉を深部からつまみ、膝下まで揉み上げていきます。これを3セット行います。(足と逆側の手で行うとスムーズです)
  2. アキレス腱を指の腹でつまんで4回から5回揉んだら、そのまま膝下まで揉み上げていきます。これを3セット行います。
  3. 外くるぶしに手をもっていき、指の腹で外側の筋肉を1と同様に揉み上げていきます。これを3セット行います。(足と同じ側の手で行うとスムーズです)
  4. これが終わったら反対側の足にも同様に行い、ステップ1と同様にふくらはぎとアキレス腱を伸ばして終了です。

慣れてきたら簡単に行うことが出来ますので、テレビを見ながらなど、いつでもどこでも出来ますので、積極的にふくらはぎマッサージを行ってくださいね!

めんどぐさがりの人にオススメの簡単マッサージ!

石川先生提唱のふくらはぎマッサージの手順をご紹介しましたが、指が疲れてしまったり、なんだかんだ言ってメンドクサイと感じてしまったりする人も多いかもしれません。

そこで、簡単に力を使わずに行えるずぼらマッサージの方法をご紹介します。

ラップの芯を活用

手ではなく、道具を使って簡単にマッサージが出来る方法があります。

棒でふくらはぎを滑らせていく方法ですが、棒を用意しようと思ってもどれが良いか悩んでしまいます。

そこでは役立つのがラップの芯です。使い終わったラップの芯は、捨てずに取っておいてマッサージに使いましょう。

マッサージの方法は簡単です。

内側の筋肉、真ん中の筋肉、外側の筋肉をそれぞれ、くるぶし、アキレス腱から膝下までラップの芯を当てて滑らしていくだけです。

滑らせているだけでし、指を使っていないので、疲れずに行うことが出来ます。

寝っ転がったまま手を使わずに

ラップの芯を使うすら面倒という人には、手を使わずに出来るマッサージ方法もオススメです。

  1. 仰向けに横になって片足を立てます。
  2. 立てた膝の上にする方の足のふくらはぎを乗せて動かします。
  3. 内側、真ん中、外側の筋肉を刺激していきましょう。

この方法は、寝る前に、そして起床時に布団やベッドの中で簡単に行えるので、毎日の習慣にしやすいですね!

ふくらはぎマッサージ以外の心がけ

ふくらはぎマッサージは血行を良くし、美容と健康に役立ちますが、合わせて日常生活で心がけて行うと、相乗効果でますます健康になっていくことが出来ます。

そのいくつかの心がけをご紹介しましょう。

積極的に階段を使おう!

ふくらはぎのポンプ作用によって、下半身に滞った血液を心臓に押し戻し、全身に血を巡らせており、作用が良く働けば血流が良くなるということは、ここまででお伝えした通りです。

階段の上り下りをすると、ふくらはぎの筋肉がよく伸縮されますので、ポンプ作用が働きやすくなりますので、血流を良くすることが出来ます。

毎回というのは難しいかもしれませんが、なるべくエレベーターやエスカレーターを使わないで階段を使うようにしましょう。

また、普段使っていたとしても、今日は運動不足だなと感じた時には、ぜひ階段を使ってください。

わざわざ運動をする時間を設けなくても、階段の上り下りを行えば、ふくらはぎの筋肉を動かして全身の血流を良くすることが出来ます。

基本中の基本!禁煙

せっかくふくらはぎマッサージで血流を良くしても、喫煙をして血流を悪化させてしまったら何もなりません。

タバコに含まれているニコチンが、毛細血管を収縮させてしまい、血流を悪くしてしまいます。

タバコを吸われる方は、これを機に本数を減らすころから始め、最終的にはおもいきって禁煙してみませんか?

毎日ふくらはぎをマッサージして健康に!

ふくらはぎマッサージについてお話してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ふくらはぎをマッサージして、血流を良くすることの大切さや、健康にいということがお分かりいただけたことと思います。

繰り返しになりますが、気になる症状があれば、病院で治療を受けることも重要です。

それと並行して毎日のマッサージを習慣にして、ますます健康になりましょう!

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る