光脱毛は本当に効果がある?光脱毛の仕組みと肌がツルツルになる理由

光脱毛08071

光脱毛はレーザー脱毛に比べると安い料金で施術できますが、どれくらい脱毛効果があるのでしょうか。

一般的に光脱毛は除毛・減毛効果があると言われており、エステの脱毛方法は光脱毛(美容ライト脱毛)が主流です。また家庭用の光脱毛器も売られていますので、購入すれば自宅で好きなだけ光脱毛できます。

このように人気のある光脱毛ですが、まれに光脱毛で脱毛効果を得られなかったという方がいます。

光脱毛は除毛・減毛効果があると言われているのに何故でしょうか。

光脱毛は回数を重ねていくと次第に減毛効果が現れますが、間違った方法で光脱毛すると効率が下がるので脱毛効果が現れにくくなります。

また光脱毛の効果が実感できるまでに必要な回数は部位によって異なりますので、すぐに減毛できる部位とできない部位があります。

ここでは光脱毛の効果、効果が現れないときの原因、光脱毛の効果的な方法、ヒゲやVIOの光脱毛効果についてご紹介します。


光脱毛は除毛・減毛効果がありますが、1回だけではツルツルの肌になりません

光脱毛は毛の黒い色に反応して光を照射しますので、毛に熱のダメージを与えて除毛・減毛する効果があります。

光脱毛の後、1週間から2週間ほど経過すると毛が抜け落ちて除毛されますが、光脱毛を1回行っただけではツルツルの肌になりません。

ヒトの体に見えている毛は全体の約10%から30%と言われています。このため、光脱毛で表面の毛を取り除いても残りの毛がまた生えてきます。

光脱毛は回数を重ねるたびに毛が細くなり毛量が減りますので、満足のいく仕上がりになるまで光脱毛を続ける必要があります。また、光脱毛は照射レベルによって脱毛効果に差が出るので注意しましょう。

光脱毛の回数だけを考えた場合、自宅で好きなだけ光脱毛できる家庭用の光脱毛器は理想的です。

ですが、家庭用の光脱毛器は業務用に比べて光の照射レベルが低いのでエステより効き目が薄くなります。

光脱毛は除毛・減毛効果があり、ツルツルの肌になるためには何回か行わなければなりません。

また光脱毛器によって脱毛効果に違いがありますので、自分の希望や環境に合った光脱毛を選びましょう。

光脱毛の効果が現れないときは毛周期や日焼け、埋もれ毛などの原因があります

光脱毛は除毛・減毛効果がありますが、光脱毛で脱毛効果を得られなかったという方もいます。

光脱毛の効果が現れないときは様々な原因が考えられますが、ここでは5つの原因をご紹介します。

1.毛周期の成長期に合わせて光脱毛していない

光脱毛の効果が現れない原因の一つに、毛周期の成長期に合わせて光脱毛していない可能性があります。

毛周期とは毛が成長期、退行期、休止期と変化していく一連の流れであり、光脱毛は成長期に合わせて行わなければ除毛・減毛効果が現れません。

毛の退行期や休止期に光脱毛しても抜け落ちる寸前の毛を処理するだけなので、同じ毛穴から新しい毛が生えてきてしまいます。

毛周期の成長期に合わせて光脱毛しなかった場合、脱毛効果が現れるまで長い時間がかかるので光脱毛の回数が増える原因にもなります。

2.部位によって光脱毛の効果が現れる早さが違う

光脱毛は毛周期の成長期に合わせて行うと除毛・減毛効果が実感できます。毛周期は部位によって異なりますので、光脱毛の効果が早く現れる部位と現れない部位があります。

毛周期の早い部位は短期間で集中的に光脱毛しても脱毛効果が現れますが、毛周期の遅い部位は脱毛効果があまり現れません。

光脱毛は部位ごとに脱毛効果が現れる早さや効果的な頻度が違いますので、やり方に注意しましょう。

3.日焼けや色素沈着した肌は光脱毛の効率が低くなる

光脱毛は黒い色に反応するので日焼けや色素沈着した肌に照射すると光が散らばり、毛に熱のダメージを与える効率が低くなります。

また、熱のダメージを与えたくない皮膚にまで光を照射してしまいますので、肌に負担がかかり痛みを感じる原因になります。

このような理由からエステでは日焼けやシミ、ホクロなどがある場所には白いシールを貼って施術したり、広範囲のものだと光脱毛が出来ない場合があります。

日焼けや色素沈着した肌は光脱毛の効率が低くなりますので、光脱毛するときは肌を焼かないようにしましょう。

4.埋もれ毛は光が照射しにくいので時間がかかる

皮膚に埋もれた毛は、光脱毛の光が届きにくい場所にあるので処理するまでに時間がかかります。

光脱毛は黒い色に反応して光を照射しますので、皮膚の下にある毛は熱のダメージを受けにくくなります。

埋もれ毛は光脱毛の効果が現れるまで時間がかかりますので、作らないように注意しましょう。

5.薄毛や多毛は光脱毛の効果が現れにくい

光脱毛は黒い色に反応しますので、毛が太い部位ほど除毛・減毛効果が現れやすくなります。

反対に産毛のような薄毛は黒い色が少ないので光脱毛の反応が薄くなり、脱毛効果が現れにくくなります。

またヒゲやVIOのような多毛の部位は、光脱毛の効果が実感できるまで時間がかかります。

薄毛や多毛の部位を光脱毛するときは、脱毛効果が現れにくいことを覚えておきましょう。

光脱毛の効果的な方法は、毛周期の成長期に合わせて6回から12回を目安に行うことです

光脱毛は毛周期に合わせて行うと効果的に除毛・減毛できます。ここで大切なポイントは、必ず毛周期の成長期に合わせて光脱毛することです。

毛周期の退行期や休止期に光脱毛すると同じ毛穴から新しい毛が生えてきますので、脱毛効果が得られません。

光脱毛は表面に見えている毛しか処理できないので、これから生えてくる毛を脱毛するためには成長期になるまで待つ必要があります。

このため毛周期に合わせて光脱毛する場合は、約2ヶ月から3ヶ月に1回の頻度が目安となり効果的です。

また、光脱毛の効果が現れる早さは体質や毛量、部位によって異なるので「いつから効果が現れるのか」「いつまで続ければいいのか」などの答えは個人によって違います。

一般的な目安として、6回から12回ほど光脱毛すると除毛・減毛効果が現れて脱毛部位が綺麗になると言われています。

光脱毛するときは毛周期の成長期に合わせて行い、必要な回数を重ねることで効果的な脱毛効果が得られます。

ヒゲやVIOは光脱毛の効果が現れるまで時間がかかります

ヒゲやVIOは太い毛が多く密集しているので光脱毛が効きにくい部位です。光脱毛の効果がないわけではありませんが、ツルツルの肌になるまで時間がかかります。

一般的に光脱毛は6回から12回ほど行うと綺麗になると言われていますが、ヒゲの光脱毛はさらに増える可能性があります。

特にメンズのヒゲは男性ホルモンによって毛が太く毛量の多い方もいますので、満足できる仕上がりになるまで回数を重ねなければなりません。

また、ヒゲやVIOは毛の太さや毛量の多さから光脱毛のときに痛みを感じやすい部位でもあります。

ヒゲやVIOの光脱毛は長期にわたることが多いので、諦めない心を持ち続けましょう。

光脱毛の除毛・減毛効果で、ムダ毛のないツルツルの肌になります

ここまで光脱毛の効果について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

光脱毛は除毛・減毛効果がありますが、1回だけでは脱毛効果が低いので回数を重ねる必要があります。

また、エステと家庭用の光脱毛器では光の照射レベルが違うので脱毛効果に差が出ます。

光脱毛の効果がないときは、毛周期に合わせていないなど光脱毛の効率を下げる原因があるかもしれません。光脱毛は必ず毛周期の成長期に合わせて行いましょう。

また、ヒゲやVIOのように毛が太くて毛量が多い部位は、光脱毛の効果が現れるまで時間がかかります。

光脱毛は回数を重ねるたびに毛が細くなり毛量が減りますので、すぐに脱毛効果が現れなくても毛周期に合わせて続けましょう。

光脱毛は個人の体質や毛量、部位によって効き目が異なりますが、6回から12回ほどで綺麗になります。

気になるムダ毛を整えてツルツルの肌になりたい方は、除毛・減毛効果のある光脱毛をぜひお試しください。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る