無理して痛いヒール靴を履いていませんか?自分に合った1足の選び方

あなたはハイヒールが好きですか?カジュアルや頑張りすぎない格好もおしゃれですが、やっぱりここぞという時に履きたいのはハイヒールですよね。

足もスラッと長く見えて、お尻の位置も高くなり、スタイルアップさせてくれる女性の定番の靴。

でも、必ずと言っていいほど足が痛くなってしまうのもハイヒール。

「健康は足から」「足は第2の心臓」という言葉もあるように、足は人にとってとても大切な部分です。

なので、たかが靴と思わずもっとヒールを楽しめるように、痛みの原因と痛みを軽くする方法を解説していきます。

ヒールを履いているときの主な痛みの原因

ヒールの高い靴で、足が痛くなってしまう原因を最初に説明します。思い当たる点はありませんか?

サイズの合っていない靴を履いている

サイズが合っていなければ歩きにくいのは当然ですが、意外とちゃんとサイズの合った靴を履いていないことも多いです。

例えばデザインに惹かれてきちんとサイズを合わせて購入しなかったり、どのメーカーでも同じサイズを購入したり。

メーカーによって若干サイズの違いはありますし、自分の足もいつまでもずっと同じ形をしているわけではありません。

24.5センチなどの縦のサイズはあっていても、横幅が合っていない場合もあります。

安定感が足りず重心がつま先に偏っている

ハイヒールに足りないのは“安定感”です。

つま先に重心がかかり、細いヒールで体を支えるのは足に負担がかかります。特に不安定になるのがパンプスとサンダルです。

靴が足に固定されないので、パカパカ動いてしまったり、靴の中で足がずり落ちてきてしまったりして、つま先の痛みや靴擦れの原因になります。

合わない靴を履き続けた結果の外反母趾

外反母趾とは、親指が内側に曲がってしまった足の状態のことを言います。

つま先の狭いヒールを履くことが原因になると言われていますが、普段の歩き方に問題がある場合もあります。

ただでさえ内側に曲がって痛い外反母趾を、ヒールでさらにつま先に負担をかけるとますます悪化して痛くなります。

小指が内側に曲がってしまったものは内反小趾と言います。

あなたに合ったヒール選びをしよう

ハイヒールを履く場合、何よりもあなたの足にあっていることが大切です。どのような点に注意して選べばいいのでしょうか。

パンプスの場合

パンプスは、そもそも歩きやすさを考えて作られた靴ではありません。それなので、少しでも快適に歩けるものを探してください。

ポイントは足が靴の中でしっかり止まるかどうかです。

縦のサイズだけでなく、左右とも靴に合っているか確認しましょう。立ち止まっているときだけでなく、歩きまわったときも足がずれないかどうか確認してください。

サンダルの場合

サンダルはパンプスより足を覆う部分が減るため、ますます安定感がなく選ぶのが難しくなります。

選ぶポイントは足をしっかり押さえられているか。

押さえが弱いと足がずり落ちてつま先が出てきてしまいます。

押さえが弱い方が痛くないと思うかもしれませんが、押さえが弱いと足が靴に安定せず、余計に痛みをおこしてしまいます。

つま先部分に5ミリ~1センチほどの空間があるか

つま先が靴からはみ出していないものを選びましょう。

土踏まずのアーチ部分に靴が合っているかがポイントです。

土踏まずが浮いたままになっていると、つま先にますます負担がかかります。

ブーツの場合

ブーツと言っても長さは色々ありますが、パンプスやサンダルに比べて足全体を覆うので、安定感は生まれやすくなります。

選び方はパンプスやサンダルと同じように足に合ったものを選んでください。追加して

くるぶしがしっかり安定するかを購入する際に確認しましょう。

  • ブーツの筒の部分がきつすぎたりゆるすぎたりしないか
  • ひざ下のブーツの場合、ひざやひざの裏にブーツが当たらないかどうか

以上の点に注意して選んでみてください。

シューフィッターのいるお店で購入するのが望ましい

「自分に合う靴を選ぶのはやっぱり難しい!」と思われる方もいるかもしれません。

そんな時はシューフィッターに靴を合わせてもらいましょう!

靴の専門店や百貨店などにシューフィッターの資格を持った店員さんがいます。靴を買いに行く前に、お店にシューフィッターがいるかどうか調べておくといいでしょう。

シューフィッターとは、お客様の健康管理の一翼を担うとの自覚に立って、足に関する基礎知識と靴合わせの技能を習得し、足の疾病予防の観点から正しく合った靴を販売するシューフィッティングの専門家のことです。

アフターサービスがある場合はどんどん利用しましょう

どんなに気を付けて靴を選んでも、履いて1日過ごしてみたらやっぱり指が当たって痛かった、履いていたら段々ゆるんできた、ということもあると思います。

そんな場合はお店のアフターサービスを利用してみましょう。

シューフィッターのいるお店でしたら、履いた後でも調整してもらえます。購入する際にお店でアフターサービスが受けられるかどうか確認しましょう。

今あるヒールをもっと快適にしたい時には

今家にあるヒールも十分に活用したい!そんな方のために、今あるヒールをもっと楽に履ける方法を紹介します。

インソール(中敷き)を入れる

インソールとは、靴の中で足の裏の部分にある敷物のことです。

もともと靴にはインソールが入っていますが、それをあなたの足の形や悩みに合わせてカスタムすることができます。

種類は様々で、インターネットやお店でも買うことができます。既製品であれば数百円から購入できます。

例えば

  • 土踏まずに添わせる形のもの
  • かかとにくっつけて、靴擦れを防止するもの
  • 足のずり落ちを防止するもの
  • つま先を保護するもの

など、女性のヒールの悩みをほぼカバーしてくれるものが数百円で売っています。試してみる価値はあります。

また、オーダーメイドのインソールを作ってくれるところもありますが、こちらは数万円ほどすることも。

ご公務上ハイヒールで1日中過ごすことの多いイギリス王室のキャサリン妃は、ご自分に合ったインソールを使って快適にヒールを履かれているとの話もあります。

インソールは、靴を買った際にお店で調節してくれる場合もありますので、ぜひお店で確認してみてください。

足を固定して安定感をプラスしよう

インソールの他には、足を靴に固定するという方法があります。

シューズバンドやストラップを使う

シューズバンドとは、足の甲の部分と靴を固定するためのバンドです。

こちらも数百円から購入することができます。

種類は様々で、りぼんやパールの付いたものや、透明で目立たないものもあり、おしゃれなシューズバンドを使ってヒールの印象を変えてみるのもいいかもしれません。

筆者も使ったことがありますが、これだけで驚くほど楽になります。

シューズバンドが嫌いという人もいるかもしれませんが、持ち歩いて疲れた時にだけ使うというのもいいでしょう。

また、ストラップの付いた靴を買うという選択もいいでしょう。

ストラップがついていると足は固定されやすくなります。ヒールを選ぶ時に、ストラップ付のものを選んで買うというのも一つの選択肢だと思います。

ヒール靴を履いた時にきれいに見える歩き方

せっかくおしゃれなヒールを履いていても、歩き方がきれいでなければ意味がありません。

また、歩き方が痛みを引き起こしていることもあります。きれいに見える歩き方をマスターしましょう!

きれいに見える歩き方で、簡単に実践できるポイントです。

あごを引き、目線は少し上に
足元が気になって下を向いてしまったり、疲れてだらーんとした姿勢になってしまったりすることもあると思いますが、あごを引くと、背筋もきれいになります。
膝が曲がらないように、まっすぐ足を伸ばして歩く
意外と多いのが、膝が曲がってしまっている人です。歩くときにひざが曲がっていないか注意しましょう。これだけですごくきれいに見えます。
内股にしない
内股だと足がきれいに見えません。写真館で写真を撮る時、足の内側を少し正面に向けるような姿勢に調節してもらうことはありませんか?それはその方が足がきれいに見えるからです。歩くときも、内側のくるぶしを正面に見せるように歩くときれいです。

靴をもう1足持ち歩くという選択も視野に入れよう

どんなに足にあったヒールであったとしても、ヒールを履いている以上、長時間履き続けることは足に負担であって疲れてしまうことには変わりありません。

コンパクトに畳めるフラットシューズなどを持ち歩き、移動中はそちらに履き替えてしまうのはどうでしょうか。

無理にヒールを履いて疲れて変な姿勢になっているより、ぺたんこの靴でしっかり歩いている方が美しいです。

自分に似合う1足を見つけて健康的にオシャレしましょう

とっても素敵なヒールを見つけたら、思わず買ってしまいたくなることは、誰にでもあると思います。

でもその前に、そのヒールを履いている自分が美しいかどうかを考えて下さい。

靴が主役ではなく、あなたが主役です。体とのバランスに合わなかったり、あまりにヒールが高くて変な歩き方になってしまったりしませんか?

あなたを引き立てる素敵なヒールに出会えることを願っています!

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る