冷え性の原因と改善方法!ヒヤッと冷たい足や手を温める方法

女性の多くが悩む「冷え性」。冷え性と一口に言っても原因は様々です。自分の冷え性の原因を見極めて、原因にあった解消方法を知りましょう。

冷え性の原因は実は生活のあちこちにあります。何げなくやっている行動が実は冷え性の原因かもしれません。

毎日の生活を振り返って、原因を探してみましょう。

冷え性になる原因は血液の滞りが原因

デスクワークが中心の仕事をしている場合など、長時間座りっぱなしという事はよくある事ですよね。

それが冷え性の原因になってしまいます。下半身のリンパの流れが滞り、血行不良を引き起こした結果「冷え性」になることが多いのです。

動く事を意識するのが冷え解消の鍵

1時間おきなど時間を決めて、意識して立ち上がったり歩くようにしましょう。

立ち上がる事が難しい環境でも、かかとを上下に上げ下げしたり足首を回すようにするだけでも違います。

リンパマッサージや軽くストレッチをするなどして下半身の血行を良くするように意識すると良いですよ。

内臓の冷えから来る冷え性

「お洒落はガマン」と言うものの、お腹や足と言った下半身の過度な露出は冷え性の立派な原因になります。

お腹の冷えは内臓の冷えに繋がり代謝を落とす事から冷えに繋がります。

下半身の冷えはそのまま足先の冷え性になるだけでなく筋肉を冷やす事にもなり、血行不良をひどくさせてしまいます。

インナーで体の中心と下半身を温めて冷えを解消

最近定番となりつつある薄手のインナーなどを活用して、お腹と下半身を冷やさないようにしましょう。

足元はパンプスに素足ではなく、ストッキングや薄手のカバーソックスなどの活用も考えてみてください。

貧血、または低血圧からくる体質性の冷え性

その名の通り血が貧しい(足りない)状態なので、体内を十分な量の血液が廻らず血行不良となります。

足のつま先や手の指先など、体の末端まで血液が巡り切れない事から冷え性になってしまいます。

冷えを解消するにはサプリメントや食事療法、病院で相談も

そのままにしておくと冷え性だけでなくお肌にまで影響してしまいます。鉄分の補給をして、十分な血を作る体質に改善していきましょう。

倒れる事があるなど重度の貧血は病院など専門機関での相談をお勧めします。

サイズが小さい下着や靴も冷え性の原因になる

少しでもスタイルを良く見せようときついガードルやアンダーサイズの合わないブラジャーをつけていると、血液の循環を邪魔してしまいます。

同様に窮屈な靴を履く事も、足先の血行が滞り皮膚の感覚が麻痺するため体温調節が上手くできず冷え性を引き起こします。

自分の体形に合った下着や靴をチョイスして冷え性を改善

ボディラインを矯正する下着はきちんと自分のサイズにあったものを選びましょう。

靴に関しても足の縦と横(ワイズ)のサイズを測りフィッテイングや微調整をして、自分の足に合った靴を履くようにしましょう。

体が冷える食べ物の食べ過ぎからくる冷え性

食べ物には「体を温める食べ物(陽性)」と「体を冷やす食べ物(陰性)」に分けられます。

特徴は、生野菜をはじめトマトやきゅうりといった土から上にできるもの、バターなどの柔らかいもの、スイカのような水分を多く含むもの、砂糖のような白いものになります。

また、南国など暖かい地方の特産品は体を冷やす食べ物が多いです。

夏にスイカを食べ過ぎたり、体にいいからと生野菜ばかりを食べていると知らない内に体が冷えているんですよ。

陽と陰のバランスを取った食事をとって冷えを解消

体を温める食べ物の特徴は、ごぼうやニンジン・生姜などの根菜と呼ばれる土の下にできるもの、ごまや黒豆などの黒いものです。

体を冷やす食べ物と逆のものになります。

冷えているからといって体を温める食べ物ばかりとるのも、また問題になります。両方のバランスを上手くとった食事を意識しましょう。

喫煙している

ニコチンは血管を急激に収縮させ血行を悪くします。

また、血液の流れだけでなく代謝も落としてしまうため冷え性の原因となります。

禁煙をして代謝を上げる

ニコチンの摂取を根本的に断つのが一番です。1人で止めるのが難しい場合は禁煙外来などの受診窓口も検討してみてください。

冷えを早く解消するには規則正しい生活を実践しましょう

ゆっくりとお風呂に入る、ウォーキングなど軽い運動をする、質の良い睡眠を取るといった事が自律神経を整えやすくします。

生活習慣が乱れると、同時に自律神経も乱れてしまうため、心臓の動きに影響し血液の循環が上手く機能しません。

そのため血行不良を引き起こし冷え性の原因となります。

眠る前や休日などはアロマオイルやキャンドルを使うなどしてリラックスした時間をもつようにするのも大切です。

ストレスを溜めないように適度なガス抜きが自律神経の乱れを整えてくれます。

一口に冷え性と言っても原因は様々です。

自分の生活スタイルを今一度見直して、冷え性の原因を理解して対処してみませんか?

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る