雨が降ると頭が痛い!低気圧による頭痛との上手なお付き合いの仕方

天気が悪いと気分も憂鬱になりますよね。傘を手に持てば動きづらくなるし、体が濡れてしまうのもイヤ……。

そんな雨の日に、体調まで悪くなってしまうということはありませんか?

一番多い体調不良は、頭痛。天気が悪いと頭が痛い……という話を聞いたことがあると思います。

ズキズキした痛みで頭は重いし、思考も働かない。一日が終わる頃には疲れてぐったり……。たかが頭痛、されど頭痛。治せるものなら治したい!

天気はコントロールできませんが、症状を軽くする方法はあるんです!
雨の日も快適に過ごしたい!というあなたは是非ご覧ください。

どうして雨が降ると頭痛が起こるの?

そもそも、どうして頭痛と天気が関係あるのでしょうか。

それは、天気が崩れると気圧が低くなることによります。気圧が低くなった状態が、読んだとおり『低気圧』というわけです。

では、気圧とはなんでしょう。簡単に説明すれば、『地面にかかる、大気の圧力』のことです。

気圧
大気の圧力。通常、ある地点の気圧はその点を中心とする単位面積上でその上の空気柱の総重量が相当する。

引用…気象庁HP

普段とても身近にあるのであまり意識することはありませんが、空気にも重さがあるのですね。

空気の重さが、天気により地面に、そしてその上で暮らす私たちにも影響してくるというわけです。

その影響のひとつが『頭痛』。私たちの体にかかる圧力が低くなると、脳にかかる圧力も低くなり、血管が広がりやすくなります。

その広がった血管が脳の周囲にある神経を刺激してしまうのです。これにより頭痛が起こります。

低気圧は女性に多い、片頭痛の原因の1つ

さて、ひとくちに頭痛といっても、いろいろな種類があります。

低気圧により起こる頭痛は『片頭痛』であると考えられています。『片頭痛』の名前は知っている方も多いのでは?

『片頭痛』の名前は知っていても、どんなものなの?説明してみて!と言われるとすぐには出てこないかもしれませんね。簡単に勉強してみましょう。

片頭痛とは、先ほど説明したように気圧の変化など脳の血管が広がることによって起こる頭痛を指します。

症状としては、頭がズキズキ……というのが一般的ですね。

そのほか、頭痛が起こることによって『吐き気がする』『光や音に過敏になる』などの症状が出ることもあります。

片頭痛は、女性に多い症状です。男性より約三倍も発症する人が多いというデータもあります。

この偏りは女性ホルモンによる影響が加わるためだと言われています。

もともと女性は片頭痛を起こしやすい体のため、天気が悪くなると頭痛を起こしてしまうというわけです。

気圧による片頭痛の対策はどうすればいいの?

このように、困った片頭痛。でも、抑える方法はきちんとあるのです。いくつかの方法をご紹介します。

頭痛薬や酔い止めを飲む

頭痛薬は文字どおり『頭痛を抑える薬』ですが、どうして酔い止めが効くのでしょうか。

それは、酔い止めが耳にある『リンパ液』の波を感じにくくする薬だからなのです。乗り物に乗り、リンパ液が乱れることにより起こる頭痛は、片頭痛と近いものがあります。

それによって、片頭痛にも効果をあらわすことがあるというわけです。

カフェインをとる

コーヒー、紅茶などの、カフェインを含んだものを飲んでみましょう。

カフェインには血管を収縮させる作用があるので、広がった血管に作用してくれるのです。

また、栄養ドリンクにもカフェインをとれるものがありますので、コーヒーなどが苦手な方にはこちらが良いかもしれませんね。

マグネシウムを含んだ食品を食べる

片頭痛に悩む人の三割近くが、マグネシウム不足だというデータがあります。そのため、マグネシウムを必要量とっていると片頭痛予防になるというわけです。

マグネシウムは、身近にある食品で簡単に摂取できます。具体的にはこのような食品がおすすめです。

  • アーモンドなど、ナッツ
  • 魚介類
  • 豆類
  • 胚芽米や玄米のご飯

頭が痛いときには無理せずゆっくり休む

体調が悪いときには休息をとるのが一番。とはいえ、お仕事や家事などで忙しい女性にはなかなか難しいかもしれませんが……。

時間のあるお休みの日などにはおすすめの方法です。

前述したように。頭痛から光や音に過敏になってしまうケースがあります。それを遮断することで症状を緩和できるのです。

部屋を暗くして、静かに保ちましょう。その中でじっとして過ごすのが効果的です。

アイマスクや耳栓などを使うと、より刺激をシャットダウンしてくれるのでおすすめです。

漢方薬も効くってほんと?

先ほど頭痛薬や酔い止めについてのお話をしましたが、西洋の薬だけでなく漢方薬にも頭痛に効果のあるものがあります。

体に優しい漢方薬を使うのも一案です。

片頭痛に効くのは『呉茱萸湯(ごしゅゆとう)』と『五苓散(ごれいさん)』という漢方です。
呉茱萸湯
体をあたためる効果があります。普段から冷えやすい、手足が冷えるという症状を緩和します。飲み続けることにより、体質改善が行われ、片頭痛の予防になります。
五苓散
体内の水分の巡りをよくする効果があります。利尿作用があり、余計な水分の排出を促します。頭痛が発生したときに飲みます。天気が崩れそうなときなど、片頭痛が起こりそうなときに飲むと予防効果があります。

漢方薬は西洋の薬より体に優しい薬ですが、体質に合う、合わないという可能性もあります。

漢方薬を試すときは、お医者さんの指導を受けることをおすすめします。

いつくるか分からない偏頭痛はアプリで管理してしまおう

対策として『片頭痛が起こりそうなときに……』という状況をいくつか挙げましたが、では、『片頭痛が起こりそう』というタイミングはどのように見極めればよいのでしょうか。

見るからに天気が悪くなりそう!という状況でしたらわかりやすいですが、お仕事で建物の中にずっといるなど、天気の変化をすぐには察知できない場合も多いですよね。

そのようなときには、低気圧がいつくるかを教えてくれるアプリがおすすめです。有名なものとしてはこちらがあります。

頭痛ーる

このアプリでは天気や気圧の変化をリアルタイムで知ることができます。

気圧の急な変化にも、プッシュ機能で対応していて、さらに、状など自分のデータを入力して管理できる機能もあります。

上手に使えば、簡単に片頭痛を防げそうですね。

気圧による偏頭痛と上手な付き合い方をしましょう

低気圧と片頭痛について、ここまで見てきました。とれる対策がいろいろとあることもおわかりいただけたと思います。

最後に基本的なことですが、頭痛を起こしにくくするためには、ストレスをためないこと、規則正しい睡眠や食事をとる、適度な運動をするなど健康的な生活を心がけることが一番大切です。

体が元気でいれば、低気圧に反応して体調を崩してしまうことも減るはずです。

人間の力では低気圧も天気もどうすることもできませんが、上手にお付き合いして、天気の悪い日も元気に過ごしましょう!

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る