ダイエットにとっても効果的な半身浴のメリットをおさらいしよう!

入浴はお好きですか?半身浴に興味を持っているあなたならきっとお好きですよね。

体を綺麗に保つだけでなく、リフレッシュできなおかつ美容にも良いのが入浴です。
普段あなたにとって、体の不調を感じることはありませんか?

冷えに悩んでいたり、お肌のトラブルだったりです。それが大好きな入浴で解消することができるのです。

その入浴方法こそ、長く浸かることができることも魅力な半身浴です。のんびりリラックスできる半身浴をして、不調を改善し、明日からの活力を手に入れましょう。

全身浴と半身浴の違い

まず、半身浴を知る前に簡単に全身浴との違いを知りましょう。

  • 全身浴とは肩まで浸かる入浴方法で、浮力・温熱・水圧の三大効果が得られます。具体的には体温の上昇や血流の上昇、リラックス効果といったことです。
  • 半身浴とは、みぞおちまで浸かる入浴法です。肺や心臓をお湯につけないことにより、からだへの負担を減らしています。ぬるめのお湯に一定以上の時間入ることで体の芯から温まり、様々な効果が得られます。

もちろん全身浴でも半身浴と同じような効果を得ることができますが、半身浴ほど長い時間湯船につかれないため、半身浴に人気が集まっているのです。

半身浴にはどんなメリットがある?半身浴の効果

半身浴は女性に嬉しい様々な美容効果があります。

・冷え性対策
体の芯からゆっくり温まることにより、血行が良くなり手足まで血液を運んでくれて手足の冷えを温めてくれます。
・ダイエット効果
ダイエットに大敵なのが冷えです。その冷えを取ってくれるのが半身浴。半身浴をすることにより新陳代謝を上げ痩せやすい体質にしてくれます。
・ストレス解消効果
お風呂に入るとリラックスしますよね?その効果は半身浴でも得られます。リラックスすることによりストレス解消にもつながります。
・美肌効果
半身浴をした人はよくわかると思うのですが、半身浴の最中には非常にたくさんの汗が出ます。その汗からたくさんの老廃物が出ていきますから美肌にもつながります。
・むくみ解消
むくみ原因は様々ですが、その中の一つの取りすぎた水分によってなったむくみには非常に効果的です。半身浴はたっぷり汗をかきますから、その余分な水分が体外に排出されるためです。

半身浴をする前に用意しておくといいもの

半身浴には普段の入浴と若干違いますから、必要の物も違ってきます。

・みぞおちまで浸かれる程度のお湯。
温度はひと肌より少し高めの38度から40度にしましょう。
・肩を冷やさないようにするためのタオル
半身浴の際に出ている肩にかけるための物です。
・水分補給のためのスポーツドリンクや水
この時の飲み物はせっかく入浴で温めた体を冷やさないようにするために、常温かそれ以上の温度のものを用意しましょう。
・長時間の入浴を楽しく過ごせるお風呂グッズ
これは好みによりますが、読書をしたり、音楽を聴いたりのんびり過ごす用意をしましょう。入浴剤を入れて、入浴剤の効能を楽しむのも良いですね。アロマ数滴を入れて香りに癒されるのもおすすめです。

効果的な半身浴の仕方

せっかく半身浴をするならちゃんと効果を得たいですよね。そのための方法をご紹介します。

入浴中にはたっぷりと汗をかくので、必ず水分を持参しましょう。入浴時間は20分以上を目安にしてください。

  1. 入浴前にコップ一杯分くらいのお水をゆっくりと飲みましょう
  2. まず、お風呂に入る前に浸かる部分をかけ湯をします
  3. 肩を冷やさないようにするためのタオルを体にかけ、みぞおちまで浸かりましょう
  4. お湯が少し冷めてきてしまったら足し湯や追い炊きをしましょう
  5. 20分経過したら、上がって髪や体を洗います
  6. そしてまた3分ほど全身浴をしましょう
  7. 最後に、出る前にシャワーの冷水を手足にかけます
  8. 浴室から出たらもう一度コップ一杯の水をゆっくり飲みましょう

最後、冷たい水を一気に飲んでしまうと、体に水分が補給されません。そのため、ゆっくり飲むことを心がけましょう。

半身浴を避けた方がいい場合

せっかく効果のある半身浴ですから、毎日入りたいと思ったり時間のある時に入りたいと思ったりすると思います。

しかし、逆効果となってしまう場合もありますから以下の人は半身浴を避けるようにしましょう。

飲食後すぐの半身浴

食後すぐは避けましょう。30分から1時間以上後にしましょう。

体が温まると胃の中の物が消化されないためです。

アルコールを飲んだ人はアルコールが抜けたころに入るようにしましょう。酔いがさらに回ってしまったり、心臓など体の負担になるといけないからです。

体調が悪い人

風邪気味など体調の良くない人も半身浴を避けるようにしましょう。入浴はかなり体力の使うものです。

体の抵抗力がない状態では、さらに悪くなってしまう可能性があるからです。

生理の2日目3日目の人

血行が良くなる半身浴では、生理中だけでなく出血を伴う怪我の人も避けるのが良いでしょう。

なお、2日目や3日目の人は入浴の際に雑菌が入ってしまうといけませんから、おすすめしません。

生理の軽い日なら生理痛も軽くなる場合もありますから、問題はありません。その辺は普段の状況を見てご自分で判断してください。

もし迷うようでしたら、半身浴を避けるのが無難でしょう。

半身浴でいい汗をかこう!

正しい半身浴の仕方で入浴し、女性の味方半身浴でさらに美しいあなたになりましょう。

お湯の温度管理や水分補給を忘れないようにして下さ。せっかく美しくなるための半身浴の効果が半減してしまいます。

半身浴を試したくなったら、今すぐ準備をして効果をぜひ試してみて下さい。きっと、満足できますよ。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る