ガムを噛むだけのダイエット!本当に痩せられるのか、その効果と真相

ガムを噛むだけのダイエット11021

ダイエット中、口が寂しいときにガムをたべるといいと聞いたことがありませんか?

チョコレートやクッキーなどに比べると、格段にカロリーも低いので何かとカロリーが気になるダイエット中にガムは格好のおやつになるわけです。

しかし、本当にガムにはダイエット効果があるのでしょうか? 

ダイエット!でも、間食はやめられない…

女性なら誰でも一度くらいはダイエットに悩むことでしょう。

もしかしたら、今これを読んでいる人の中にもダイエット中という人がいらっしゃるのではないでしょうか?

カロリー計算や運動に気を配っていても、ダイエットがいつも順調にうまくいくとは限らないし、そういったストレスからダイエットを忘れて思わずドカ食いしてしまう、間食がどうしてもやめられない…なんて場合もあるでしょう。

そんな時にはガムを噛もう! 

そんな「どうしても何か食べたい」時、頼りになるのがガムです。

スーパーやコンビニで手軽に手に入って安価で、たくさんのフレーバーが出ていますから、その中から好きなものを選ぶ楽しみもあります。

最近ではガムはダイエットに効果的だとする研究結果もあり、ますますガム=ダイエットになりつつあります。

でも、ガムとダイエットの関係って本当にあるのでしょうか?

ガムと咀嚼の関係って?

ガムは摂取するカロリーより、消費するカロリーの方が多いと聞いたことはありませんか?

ガムは板ガムと粒タイプのものがあり、それぞれカロリーに若干の差が生じます。

板ガムの場合は1枚あたり9キロカロリー、粒タイプのガムの場合は1粒あたり5キロカロリーで、栄養素は炭水化物が4パーセント、カロリーが2パーセント、その他の栄養素はわずか2パーセント未満と、栄養素の中では炭水化物の率が格段に高いのです。

そんなガムですが、ガムを食後に噛むことでカロリー消費量が増えるという研究結果が出ました。

大学の実験で分かったガムと咀嚼の関係性

2014年に、東京工業大学大学院社会理工学研究科の林教授らの研究で、300キロカロリーのブロック状になった試験食を用いたテストを行い、よく噛んで食べたときのエネルギー消費量の増加を明らかにしました。

早く食べたときよりも、ゆっくりとよく噛んで食べたほうが明らかにカロリー消費量が高くなったのです。

そして2016年、今度は一般的な食事でも同様の事が起きるのかどうかの実験をしました。

ヨーグルト、パスタ、オレンジジュースの合計カロリーが621キロカロリーという食事を被験者にしてもらい、早く食べたと後と、ゆっくりとよく噛んで食べた後のエネルギー消費量について調査をしました。

結果は食事を早く食べた後に、3時間のエネルギー消費量が15キロカロリーだったのに対し、よく噛んで食べた時にはエネルギー消費量がその倍の30キロカロリーにまで増えたのです。

その食事にプラスして、食後に15分間ガムを噛み続けると、更にエネルギー消費量が約8キロカロリーほど増え、増加はガムを噛んでから40分ほど継続されました。

しかし、これには食事を早く食べたかゆっくりと食べたかでの違いは、ほぼ差が認められませんでした。

この実験結果は、よく噛んで食べる事と、食後のガムがエネルギー消費に大きく貢献することを裏付け、よく噛むことを基本としたダイエット方法の開発にとって役に立つのでは・・・?と期待を集めています。 

噛むことで小顔を目指せる?ガムと顔やせの関係

ガムを噛むと小顔になれる・・・って聞いたことはありませんか?頬のたるみが取れるとか、二重あごが解消されるなどさまざまなうわさがありますよね。

でも、それって本当なんでしょうか?

ガムで小顔は目指せる・・・でも、根気と工夫が不可欠!

食事の時によく噛んで食べるだけでアゴの部分のダイエットには効果があるのですが、硬い物が苦手だったり、長年のクセでついつい早く食べてしまうという人も多いのではないでしょうか?

そんな時は、ガムを左右でまんべんなく噛み、それを毎日続けることである程度の顔やせには繋がるのです。

しかし、左右どちらかしか使わずに噛んでいたりすると、効果は表れません。あくまでも、左右でまんべんなくよく噛むこと。それが、小顔・顔やせへの第一歩です。 

ガムダイエットのやり方って?

ガムはダイエットに効果的ですが、一体どんなやり方があるのでしょうか?

勿論、口さみしいときや何となく何か食べたいときに口の中に入れておく方法もありますが、もっと効果的な方法はないのでしょうか?

決め手は食後・低カロリー・ノンシュガー・キシリトール入りならなお良し!

アメリカの女性向け情報サイト「ベティー」は、ロードアイランド大学の研究所での実験結果を発表しました。

ガムを噛むことでカロリーの摂取を抑え、カロリーの消化率を上げる可能性があるというのです。

ガムダイエットをおこなう点で重要なのは、ガムなら何でも構わないというわけではないことです。

フルーツフレーバーなどの甘いガムはダイエットに不向きで、ノンシュガータイプのガムを選ぶ方がよいでしょう。

どうやって痩せるか?

そのメカニズムは、被験者に1時間ノンシュガーガムを噛んでもらい、食前と食後にノンシュガーガムを噛む人と噛まない人に分けたときに、結果がどう違ってくるかの実験をして明らかになりました。

その実験結果ですが、1時間ノンシュガーガムを咀嚼し続けたところ60キロカロリーものエネルギーが消費され、食後にノンシュガーガムを噛んだ人の方が噛まなかった人よりもエネルギーの消費量が約5パーセントも上がったのです。

スポーツの試合中にも選手がガムを噛んでいるのをテレビなどで見たことのある人もいるでしょう。

試合中にクチャクチャと食べ物を食べるなんて・・・とあまりいい印象を持たない人もいると思いますが、ガムを噛むというのは科学的にも精神安定の効果や集中力が高まる効果があると認められているのです。

倫理的に考えれば毎日60キロカロリーを消費する運動をすれば、1年間で約3キロ減らすことができます。

また、60キロカロリーを運動して消費しようと考えたとき、体重が60キロの人の場合なら普通の速度で歩いて20分間の運動をしなければなりません。

ガムを噛むだけでそれだけのカロリーが消費につながり、口さみしいときや小腹を満たしたいときに噛めば間食を減らして摂取カロリーをコントロールできるのですから、ガム=ダイエットと言われるのも、なるほど、わかりますよね。

また、ガムを選ぶ際はキシリトール入りのものを選ぶのもよいとされています。

白樺の木などから取れるキシリトールは、欧州の地域では虫歯予防に効果的であるとされ、日本でも近年キシリトールが配合されたガムが市場に出回るようになりました。

ですから、キシリトール入りのガムを選べば、ダイエットに加えて虫歯の予防も期待できるのです。  

ガムダイエットの注意点は?

どんなに便利で簡単に見えるものでも、守らなければいけない事や注意しなければいけない事があります。

手軽に簡単に始められるガムダイエットですが、果たしてどんなことに注意して行えばよいのでしょうか?

ダイエット中だからと言ってガムばかり食べない

基礎の基礎ですが、かならず適量の食事を取り、適度な運動を心がけるのがダイエットの基本です。

それを無視して「ダイエット中だからガムしか口にしない」なんてのは、いけません。

ガムはあくまでもダイエット補助の役割です。

必ずバランスのいい食事と運動も心がけるようにしましょう。

ガムによってはお腹が緩くなることもあるので注意しよう

ガムには人工甘味料が使用されているものもあり、その時の体調によっては取りすぎると一時的にではありますが、お腹が緩くなってしまう場合もあります。

(その趣旨の注意書きがガムのパッケージに書かれてるので、よく守ってください)

その場合は無理をするのは禁物です。 

普段の食事からよく噛んで食べるのを心がけるようにしよう

食後にガムを噛むから食事は早く食べて、あまりよく噛まなくてもいい・・・ではなく、普段の食事からゆっくりとよく噛んで食べるように心がけましょう。

食後のガムタイムも左右でよく噛むことでカロリーの消費と小顔効果を狙いましょう。  

手軽にはじめられるガムダイエット

今すぐにでも始められるガムダイエット。

小顔になりたい人にも効果的でまさに一石二鳥なダイエット方法ですね。

小顔で理想体型・・・まさに全女性の憧れですよね。無理なく楽しく、ガムダイエットしてみてはいかがでしょうか? 

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る