そのグラノーラの食べ方はかえって太るかも!痩せるための食べ方とは

おいしくて手軽なグラノーラ。朝ごはんやおやつにグラノーラをダイエットのために食べているという方も多いと思います。

でも、食べ方や種類を間違えると、かえって太ってしまう原因にもなります。

どのような点に気を付けてグラノーラを選べばいいのか?太らない食べ方とは?大人の女性らしく、ヘルシーに痩せるための方法を紹介します。

グラノーラってどんなもの?

グラノーラとは、オーツ麦(オートミール)などの穀類を食べやすくするために、砂糖やハチミツ、オイルを加えオーブンで焼き上げたもののことを言います。

様々なグラノーラがありますが、これにナッツ類やドライフルーツを加えたものが一般的に売られています。

オートミールはとても栄養価が高く、食物繊維・ビタミン・ミネラルが豊富に含まれています。

オートミールは低GI食品ですので、ダイエット食品として注目されています。

GIが高い食品は、一気に血糖値を上昇させるため、血液中の糖の処理に多量にインスリンが分泌されたり、分泌が追いつかなくなるということが起こります。逆にGIが低い食品では、糖がおだやかに取り込まれ、血糖値の上昇もゆるやかになるため、インスリンも分泌しすぎることなく、糖はすみやかに組織に吸収されるのです。

グラノーラで注意したいこと

グラノーラの種類によってはかえって太る原因になる場合もあります。どのような点に注意したら良いのでしょうか?

意外と多い“砂糖”

グラノーラは、食べやすくするために砂糖を使っているものがほとんどです。これがグラノーラダイエットで一番気を付けるべきポイントです。

グラノーラを購入する時には必ずパッケージに記載されている成分表を見てみましょう。

砂糖が上の方に書いてあるものは多くの砂糖が使われていますので、注意です。

砂糖はGI値が高く、せっかく低GI食品であるオーツ麦に大量に砂糖を使ってしまえばダイエット効果は低くなります。

添加物

成分表を見る際、添加物にも注意しましょう。食材そのものより多くの添加物が羅列されていませんか?

食感をよくするためにショートニングが使われている場合もあります。

添加物が含まれている=太るということはないですが、“美しく”痩せるためにはなるべく摂らない方がいいものです。

ダイエットに適したグラノーラと食べ方

ダイエットに向いているのはどのようなグラノーラ?どのように食べたらいいの?という疑問にお答えします!

素材の味わいを大切にした商品

ダイエットをするなら、素材のおいしさを重視したグラノーラを選びましょう。砂糖を大量に使えば甘くておいしくなります。

砂糖や添加物の量を減らすということは、それだけ素材の質が大切になるということです。

砂糖をたくさん使っているものに慣れていると最初は「おいしくない」と思うかもしれませんが、意外とすぐに慣れますよ。

オーガニック製品

“オーガニック”と記載されているグラノーラを最近はスーパーなどでも売られているのをよく見かけるようになりました。

成分表を見てみると、全ての穀類やドライフルーツが有機栽培なだけでなく、使用する砂糖やオイルもオーガニックです。

価格が高いのがデメリットですが「高かったのでもったいない」という気持ちからゆっくり大切に食べるようになるので、少しで満腹になるというメリットもあります。

スーパーで購入する以外には、オーガニックグラノーラの専門店があります。インターネットで購入することもできます。

牛乳より豆乳を使用しましょう

グラノーラをどのように食べていますか?多くの方は牛乳に浸して食べていると思います。

牛乳は栄養価が高く、グラノーラだけで足りない栄養を補うのにはぴったりですが、ダイエットをするのであれば砂糖等で味付けされていない無調整豆乳をおすすめします。

100グラム当たりのカロリーは牛乳が67kcalに対し、無調整豆乳は46kcalです。

また、女性に不足しがちな鉄分は牛乳0.02mgに対し無調整豆乳は1.2mgです。GI値はどちらもかなり低いので気にしなくてもいいでしょう。

100グラムあたりのカロリーの差はわずかかもしれませんが、毎日積み重ねていくと大きな差になります。

また、豆乳に含まれる大豆イソフラボンは女性にとってとても重要な成分です。

大豆イソフラボンは、大豆の胚芽に含まれている植物性化合物でポリフェノールの一種で、女性ホルモン(エストロゲン)に似た構造をしています。乳がんは、エストロゲンの過剰分泌が原因のひとつと考えられています。大豆イソフラボンは、エストロゲンが足りなければ補い、多すぎるときには減少させようと働くため、乳がんなどのホルモン依存型のがん予防にも効果が期待されています。 

生理前にホルモンバランスの変化でイライラしたり、体調不良になったりする方も多いと思います。

そんな辛い症状を軽くするためにも、豆乳でグラノーラを食べることをおすすめします。

無調整豆乳は慣れないうちは味を苦手に思うかもしれませんが、グラノーラ自体に甘味があるので意外と食べやすいですよ。

無調整豆乳にも様々な種類があるので、自分に合った飲みやすいものを探してみてください。

豆乳は、その他の大豆製品でアレルギーがない方でもアレルギーが出ることがあります。はじめは少しずつ飲んで下さい。

グラノーラよりダイエット向きな“ミューズリー”

グラノーラほど知られていない”ミューズリー”という食品があります。どんなものなのでしょうか?

ミューズリーとは?

ミューズリーは、グラノーラと素材はほとんど同じですが、作り方が違います。グラノーラはオートミールを砂糖やオイルでコーティングしたものをオーブンで焼くのに対し、ミューズリーにはその工程がありません。

素材そのままです。それなのでグラノーラのようなカリッとした食感や甘味はなく、ドライフルーツを混ぜて甘味をつけられているものが多いです。

ドライフルーツには食物繊維も含まれており、砂糖より低GIですので、砂糖で味付けされたグラノーラよりダイエットに向いています。

ミューズリーに甘味を付けるなら“はちみつ”を

こちらも慣れてしまえば素材そのものの味わいをおいしく感じられるようになりますが、慣れるまでは甘味が足りなく食べにくいと思います。

そんな時はぜひ“はちみつ”をかけて食べて下さい!

はちみつは砂糖よりカロリーが低く、少しで甘味を感じやすいので使う量も少なくてすみます。

また、ビタミン・ミネラル・アミノ酸・酵素・ポリフェノールも含まれています。

さらにはちみつのブドウ糖はすぐにエネルギーとなるので、忙しい朝に脳に栄養を送るのにも優れた食品です。

ぜひ、「ミューズリー・豆乳・はちみつ」の組み合わせを試してみて下さい!

手軽なグラノーラ・ミューズリー活用法

普通に食べるだけではもったいない!グラノーラとミューズリーの簡単でおいしい食べ方を紹介します。

ヨーグルトに入れて、食べごたえアップ

ダイエット中はヘルシーなおやつとしてヨーグルトを食べることがあると思います。

そんな時、グラノーラやミューズリーをヨーグルトに混ぜて食感を出すことで満腹感を得やすくなり、栄養バランスも整います。

小さな袋やケースにグラノーラやミューズリーを入れて持ち歩き、お仕事の休憩時間などにヨーグルトに入れて食べるのはいかがでしょうか?

色々な種類のグラノーラ・ミューズリーを試せば飽きずに続けられると思います。

パンケーキに入れて、栄養価を高く

家でパンケーキを焼くとき、生地にグラノーラやミューズリーを混ぜて焼いてみてください。

ザクザクとした食感が出て食べごたえがアップし、腹持ちも良くなります。何よりとってもおいしいです!

栄養バランスも良くなりますので、お子様のおやつや朝食にもオススメです。

お料理のトッピングとして

かぼちゃサラダに入れるレーズンがない!もう少しお料理の彩りを良くしたい…。そんな時に活躍するのがグラノーラ・ミューズリーです!

ドライフルーツだけ取り出してお料理に使ってしまうのです。

常備しておくと意外と助けられることが多いですよ。急な来客でもおしゃれな料理をお出しすることができます。

美しく健康的に痩せるために

10代の頃はただ痩せるだけでもきれいになりました。

でも、大人の女性は、ただ体重を落とせば美しくなれるわけではありません。

栄養が足りないと肌や髪はボロボロになり、ホルモンバランスも崩れ、ただ痩せただけという結果になります。無理なダイエットはリバウンドする場合もあります。

グラノーラ・ミューズリーの食べ方は、美しく健康的に痩せるための食事の一つとしてご紹介しました。

それだけを食べていればいいというわけではありません。

無理をせず、野菜をたっぷり摂ったバランスの良い食事・適度な運動・質の良い睡眠を心がけてダイエットをして下さい。

健康的な生活が身につくと心も身体も元気になります。

将来の身体を作るのは今のあなたです。年をとっても元気でいられるよう、ぜひ健康的なダイエットをしてください!

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る