日常的なものから深刻な病気まで!ゲップが止まらない原因とは

食後にゲップが出そうな時、人前では我慢したいけど、最近我慢できないくらいゲップが出てしまう…そんな悩みを持っている方いませんか?

こんなことなかなか周りの人には言えないし、病院に行くには大げさすぎると思っている方のために、ゲップが止まらない原因をご紹介します。

日常的なものから深刻な病気まで、徹底的に原因を解明します!

ゲップが止まらない日常的な原因

ゲップが止まらなくなってしまう原因は日常的な習慣の中にあるかもしれません。

ストレス

ゲップの正体は、胃の中に溜まった空気です。ストレスが溜まると、無意識に空気を飲み込む回数が多くなっていきます。

また、緊張すると、「ゴクリ」とツバを飲み込む癖を持っている方も多いと思います。

そのとき、ツバと同時に大量の空気も飲み込んでいます。

このように、緊張や不安でストレスを抱えていると、日常で無意識に空気を飲み込むことが多くなり、それが胃に溜まってゲップの回数が多くなってしまうのです。

空気を飲み込む癖を意識的に止めるだけでなく、根本的なストレスの改善に努めましょう。

早食いが原因になることも

急いで食べ物を食べると、食べ物と一緒に空気も飲み込んでしまい、それが食べ物と共に胃や食道に溜まってしまいます。

誰しもが食事の時に空気を一緒に飲み込んでしまいますが、急いで食べた時は特に大量の空気を飲み込んでしまいます。

日頃から慌ただしく食事をしている方や、急いで食べる癖がついてしまっている方、いつもながら食べをしているという方は注意する必要があります。

胃腸の機能低下

ドカ食いをすると、胃に食べ物が停滞し、胃もたれが起こります。

すると、胃の不快感と共にゲップが出ます。また、胃の機能が低下すると、胃の内圧が高まり、空気の逆流を防ぐ筋肉が緩み、ゲップが出やすくなります。

また、「おならを我慢するとそれがゲップになる」という噂を聞いたことがある方も多いかと思います。これはあながち間違っていません。

すべてゲップになって出るというわけではありませんが、我慢したおならは血液中に戻り、一部はゲップとして排出されます。

そのため、ゲップが明らかに臭い場合は腸の機能低下を疑った方がよさそうです。

もしかして病気かも?お医者さんにかかった方がいい場合とは

止まらないゲップは、病気の前兆かもしれません。ゲップが初期症状になってしまう病気をご紹介します。

呑気症(空気嚥下症)

さきほど挙げた「ストレスによるゲップ」が慢性化したものを呑気症(空気嚥下症とも呼びます)といいます。

呑気症の原因は、ストレスによる無意識なツバ・空気の飲み込みだけでなく、「歯の噛みしめ」にもあります。

人はリラックスしている時、上の歯と下の歯の間には数ミリの空間があいていますが、歯をかみしめると、舌が上あごにつき、ツバが喉の奥に流れやすくなります。すると無意識にツバを飲み込み、同時に空気を飲み込むことも多くなってしまうのです。

このように、呑気症にはストレス・早食い・噛み合わせの悪さなどさまざまな日常の中での原因が考えられます。

そのため、できるだけ早く受診して、まずは根本的な原因を特定する必要があります。

逆流性食道炎

通常であれば粘膜でおおわれた胃の中にある胃酸が、なんらかの原因で食道へと逆流し、強い酸である胃酸が食道を炎症してしまうのが逆流性食道炎です。

ゲップ以外の主な症状としては、

  • 胸やけ
  • 酸っぱい液がこみあげてくる
  • 飲み込みにくさ
  • 胸の痛み

などが挙げられます。ゲップの他にもこれらの症状が見られたら、できるだけ早くお近くの消化器科を受診しましょう。

食道裂孔ヘルニア

通常であれば胃酸が逆流しないように、胃と食道の境目にある括約筋が調節していますが、肥満や加齢によって腹圧が高まって胃が上の方に押し上げられる。

この状態を「食道裂孔ヘルニア」といいます。

この病気によって胃酸が逆流し、胸やけが起こったり酸っぱい液がのぼってきたりするだけでなく、ゲップも多く出るようになります。

これは女性に多い病気なので特に注意する必要があります。肥満や便秘、喫煙が原因で起こることが多く、生活習慣から見直すことが予防になります。

胃酸過多症

胃の中の胃酸の濃度が異常に濃くなって、胃や食道を傷つけ、胸やけ、酸っぱい液がこみあげるなどの症状がみられるのが胃酸過多症です。

1番の原因として考えられるのが「油分の多い欧米化された食生活」です。油分が多い食生活は胃酸の分泌を活発にします。

また、偏った食生活は、胃と食道の境目のしまりを悪くし、胃酸が逆流しやすい状態になります。

それにストレスなどが加わって発症する場合が多いです。そのため、この病気は最近若者の間で増えいるため、特に注意が必要です。

胃潰瘍または十二指腸潰瘍

胃や十二指腸は、強い酸である胃酸から守るために粘膜が張られるなど、さまざまな防御機能が備わっています。

しかし、なんらかの理由でその防御機能が弱まり、胃や十二指腸の一部が損傷、ひどいときは穴が開いてしまう病気が胃潰瘍または十二指腸潰瘍です。

ゲップが多くなるだけでなく、胃腸にキリキリとした痛みがおこるのがこの病気の特徴です。

特に空腹時にこの痛みが悪化する場合は、この病気の可能性が高いでしょう。初期段階から治療すれば、治りやすい病気です。

少しでも心当たりがあれば、お近くの病院を受診してみましょう。

日常生活で予防できるとすれば、ストレスを抱えすぎないことと、暴飲暴食をしないことです。暴飲暴食は潰瘍が一気に悪化してしまいます。

ゲップくらい我慢すればいいと言う考えを変えましょう

正常なゲップであれば、日常の心がけで減らすことができます。

しかし、心がけでは治らなかったり、普通とは違うようなゲップだったりする場合は、早急に受診して原因を知る必要があります。

「ゲップくらい我慢すればいい」と軽く考えず、お近くの内科・消化器科を受診しましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る