ラメ無しマットなアイシャドウが大人気!絶対持っておくべき色をご紹介

女性にとってアイシャドウというのは目を大きく見せ、自分をより魅力的に見せるための必須アイテムですよね。

どんな方でも必ずアイシャドウが化粧ポーチに入っていると思います。

色々なアイシャドウが沢山発売されている中で、特に使い勝手がよく、誰もが持っているのがマット系のアイシャドウじゃないでしょうか。

パール系のアイシャドウに比べて派手さはない物の、マットだからこそ、使える利点が多いのも特徴の一つですよね。

改めてマットアイシャドウの魅力について、まとめてみたいと思います。

アイシャドウを購入しようと思っていたけれども、どんなアイシャドウにしたらよいのか迷っていた方は是非、最後まで読んでくださいね。

落ち着いて見られたいなら是非使って!マットアイシャドウの魅力

アイシャドウは大好きだけれども、どうしてもパール入りのばかり使ってしまうという人も多いと思いますが、実はマットアイシャドウは昔から定番で、とても人気があるんですよ。

昔からアイシャドウはマットタイプと決め込んでいる方もとても多いぐらい、マットアイシャドウはとても魅力的なんです。

まず、マットアイシャドウは知的に見られる事が多いです。

そして落ち着いて優雅に見えることもポイントが高いです。

おそらく男性から見ても、ギラギラした瞼の女性よりも、マットなシャドウを使った女性の法が、理知的なイメージを持つのではないでしょうか。

派手さはパール感には負けますが大人の色気を出したり、落ち着いた大人の女性の雰囲気を醸し出すには、マット系アイシャドウはとても効果的です。

それだけでも、かなり好感度はアップすることは間違いないでしょう。

ラメが入っていない分、自然に見える事が絶大な力を発揮する!

マット系アイシャドウはパール感がない分、厚化粧に見えにくく自然に見えるというメリットがあります。

さほど、厚化粧をしていないのに、どうしても化粧が濃いイメージを持たれるのが、パールギラギラ系のアイシャドウです。

パールがふんだんに使われているアイシャドウも可愛いのですが、必要以上に化粧をしているというイメージを持たれる特徴もあります。

パールがあるアイシャドウと無いアイシャドウとでは、同じ色味でも見る人の印象をかなり変えると言うことですね。

就職活動にも有利に働くマットアイシャドウの力!

マットアイシャドウの利点のもう一つに、就職活動など、仕事に関しての大一番で好印象を残すことが出来ると言うことも言えるでしょう。

知的なムードを出しやすいのがマットアイシャドウですので、これから就職の面接に行かなければならないといった時に利用すると、相手から好印象を持たれることが多いと思います。

特に面接官は年上の方が多いですので、派手なメイクをするよりも、落ち着いて仕事を任せられるような印象で取られた方が就職に有利に働くことは間違いありません。

そんなときにも、マットアイシャドウはとても役に立つんですよ。

アイシャドウのみの利用では勿体ない!ノーズシャドウや陰影にも!

マットアイシャドウの魅力はナチュラルに見える、知的に見えるだけの効果ではありません。

ナチュラルで肌に溶け込みやすいことから、ノーズシャドウに使ったり、チーク代わりに使ったり、眉を描いたりすることにも利用することが出来るんです。

コレは本当に便利ですよね!

パールがないからこそ、顔の陰影に利用してもとても自然で、この辺りもマットアイシャドウの魅力だと言えるでしょう。

ちょっと変わった使い方としては、前髪を上げたときにおでこが広すぎて嫌だと言う人も結構おられます。

そんなとき、ブラウン系の濃いめのマットアイシャドウを指先に取り、少し生え際に付けるだけで、おでこの広さを自然にカバーすることが出来たりします。

あまりにも付けすぎると不自然になりますが、少し陰影を付ける程度に付けるだけで、生え際の後退などをカモフラージュすることが出来ますので、気になる方は是非、やってみてください。

若い女性の生え際の産毛のようなイメージで、指でぼかしながら塗ると自然ですよ。

パールが入っていないので、上手に使うと、本当にナチュラルな仕上がりになりますのでお勧めです。

彫りの深い顔立ちを作りたい時にも便利!

マット系アイシャドウは自然に見えやすいので、ちょっと彫りの深い顔立ちを作りたいと思ったときにも威力を発揮します。

しかも、派手に見えず、自然にハーフ顔を作りやすいので、そう言う点においてもマットアイシャドウは非常にお勧めです。

目の際などに深いブラウンアイシャドウを使うだけで、キラキラしていない分、肌に自然に溶け込み、馴染みながら彫りが深い陰影を作りやすいんですよね。

肌色よりももうちょっと暗い色味のマットアイシャドウを眉頭から鼻筋にすっと淡く入れるだけでも、鼻筋の通った、立体感のある顔立ちに変身します。

瞼全体には薄いブラウンアイシャドウを入れるだけで、瞼が奥にちょっと引っ込んだ感じを演出することが出来て、それだけでも彫りの深い顔立ちを作ることが可能となります。

この辺りのパワーもマット系アイシャドウの強みと言えるでしょう。

マットアイシャドウは使い方一つで、顔全体に利用することが可能と言うことになります。

マットブラウン系三色に白パール一色入ったパレットは超最強!

ブラウン系のアイシャドウを購入するときは、まず、一番最初にマット系のブラウン三色が入ったものに、一色だけホワイトパールのアイシャドウの合計四色が組み合わさったものを購入するようにしてみてください。

本当にこれは超最強アイシャドウだと断言出来るぐらい使い勝手が良く、購入しても絶対に後悔しません!

マット系のブラウンはディープブラウン、ブラウン、ライトブラウン、そしてホワイトパールのものを選びましょう。

このパレットはマットのアイライナー代わりにもなりますし、マットアイシャドウとしても当然使えます。そして、このマットのブラウン三色をパール感のあるものに変えたいと思った時は、上から白パールを重ねるだけで、見事にパール系ブラウンに変化します。

まさしく、どんな状況のメイクにも対応出来る四色組となることは間違いないでしょう。

デートにも、仕事にも、冠婚葬祭にも総ての状況に網羅する事が出来る最強パレットとなりますので、一つは持っておきたいメイクアイテムですね。

結論!マットブラウン&白パールが入ったパレット一つのみで十分!

如何でしたか?

マットアイシャドウの魅力、おわかりいただけたのではないかと思います。

無人島に一つだけ化粧道具を一つだけ持って行くとしたら何を持って行く?なんて質問がありますが、正直、この四色アイシャドウのセットだけ持って行けば、十分だと言い切れます。

唇に関しても、白いパールをほんの少し唇の中心に乗せるだけで、ラメ感のある唇を作る事が出来ますので、下手に口紅を塗るより色っぽかったりするんです。(乾燥はするかもしれませんが…)

つまりは普段、鞄の中に入っている化粧品を整理したいと思った時、極端な話、リップ、四色アイシャドウさえ入っていれば何とかなるということになります。

ブラウン系にはなりますが、指に取ってチーク代わりとして使えますし、化粧ポーチの中はファンデーション、四色アイシャドウとリップ、マスカラがあれば、無敵だと言えるでしょう。

化粧ポーチがパンパンに膨らんでいる方が本当にたくさんいますが、そんな必要はありません。

上記四点のみでも、十分に魅力的な顔立ちを作ることが出来ますよ。

これからアイシャドウの購入を考えている方は是非、検討してみてくださいね。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る