デリケートゾーンのかゆみは女性の敵!かゆみを治す方法とは

デリケートゾーンがかゆい…。深刻な悩みですよね。

同時に誰にも知られたくない悩みのトップ圏に君臨する女性の大敵でもあります。

お医者さんにかかるのにも勇気がいるこの症状。いったい何が原因でしょうか?原因を知り、予防と対策を自分で講じられるならありがたいですよね。

デリケートゾーンのかゆみの原因、病気の可能性、治す方法、予防方法について順番にご説明していきます。

病院に行くべき症状と自分で改善していけるものの見分け方もご紹介いたします!

デリケートゾーンがかゆくなる原因とは?

デリケートゾーンのかゆみは困ったものです。人前で掻くわけにもいかず、身のねじれるような思いをすることになります。

デリケートなだけあって、かゆみを放っておくのもなんだか怖いですよね。そんなデリケートゾーンのかゆみが起こる原因について知っておきましょう。

生理が原因の場合

女性は毎月の生理のたびにデリケートゾーンが敏感になり、生理中にはかみゆを覚える可能性が高くなります。

陰部はもともと下着やズボンに密着して覆われているため、布との摩擦で刺激を受けやすい部分です。

生理中にはナプキンがより密着してデリケートゾーンをこすってしまいます。さらに経血や汗でムレることで肌が弱い方は非常にかぶれやすい状態となります。

これが生理が原因で起こるかゆみの正体です。

おりものが原因の場合

おりものは体調を表すサインでもあります。

疲れがたまり、体調がすぐれないときには「免疫力」が低下するのでおりものが突然増えたり減ったりすることがあります。

また、ホルモンのバランスによっても量が増減します。

色が茶色や緑色っぽく変わったり、においがきつくなったりする際には感染症や病気の可能性があるので婦人科で相談しましょう。

おりものの不快感からおりものシートやパンティーライナーを使用する方もいらっしゃいますが、ナプキンと同じように吸収性が良いからと長時間肌に密着させていると良くありません。

湿ったシートがデリケートゾーンを刺激し、雑菌を繁殖させる原因となります。

かゆみを引き起こしやすい原因の一つなので、シートもこまめに替えるようにしましょう。

下着やストッキングの締め付け・汗・ムレが原因

女性は男性のトランクスのような通気性のよい下着ではなくピタッとした密着性の高い下着をつけることが多いです。

そのため摩擦や汗ムレなどデリケートゾーンの環境の悪さが際立ってしまいます。

雑菌は湿っていて温度の高いところが大好きですので、熱や湿気がこもりがちなデリケートゾーンは特に通気性と清潔を心がけなくてはなりません。

かぶれてかゆくなる前に、下着やストッキングできつく締め付ける時間が長期間続かないよう工夫し、下着の素材も通気性のよいものに変えてみましょう。

ストレスや体調不良による肌過敏が原因

ストレスや疲れ、体調不良や風邪などによって抵抗力が落ちると全身の肌が過敏になります。

そのためかゆみやかぶれを起こしやすくなります。たかがストレス、たかが風邪と思っていると体の思わぬ弱い部分から炎症や感染を起こしてしまいます。

体が弱ったときこそしっかりとした栄養と休養をとり、お風呂に入って体を温め免疫力を高め、清潔を心がけましょう。

陰部がかゆくなる?病気の可能性とは

デリケートゾーンのかゆみはちょっとした日常的な原因以外にも、病気が原因である可能性が考えられます。

デリケートゾーンのトラブルや感染症は多くありますが、その中でもかゆみを伴うものをピックアップしました。病院を受診する参考にしてみてください。

市販薬では治らないものが多いので、気になる症状を確認した方はすぐに婦人科に相談しましょう。

膣カンジタ

カンジタ菌は膣内の常在菌の一種で決して珍しいものではありません。

普段は何も症状を起こしませんが、風邪やストレスで抵抗力が弱ったり、あるいはほかの病気で飲んでいる抗生物質の影響で膣内の菌のバランスが崩れてカンジタ膣炎を発症することがあります。

おりものがカッテージチーズやヨーグルトのようにぼそぼそし、痛がゆさやピリピリとした刺激を感じることがあります。

また、おりもののせいで肌がかぶれ、かゆみを引き起こすこともあります。異常なおりものやかゆみを感じる場合にはすぐに婦人科を受診し治療を受けましょう。

いんきんたむし(股部白癬)

男性の感染者の多いいんきんたむしですが、女性も感染します。

性行為のほか、スポーツジムや温泉施設でも感染する可能性があるそうで、家族内感染も多いと言われています。

女性はデリケートゾーンのムレなどが主な原因となって菌を住み着かせてしまいます。

強いかゆみと赤い丘状の湿疹を伴い、掻き始めると止まらなくなるそうです。気づいたらすぐに婦人科を受診しましょう。

トリコモナス膣炎

昔は一番ありきたりな性感染症の一つでしたが、最近では感染者が減少傾向にある病気です。

トリコモナス原虫が性行為により移り、おりものが濃い黄色になり量も増えます。

ひどくなると激しいかゆみや灼熱感に襲われ、尿道や膀胱まで感染すると排尿時に痛みが生じることもあります。

おりものの異常に気付いたときにはすぐに婦人科に受診し治療を受けましょう。

尖圭コンジローマ

ヒトパピローマウイルス(HPV)によって感染し、デリケートゾーンや膣内にイボができる病気です。

性行為によって高い確率で感染し、潜伏期間が3か月もあるので感染拡大に注意したい病気です。

軽いかゆみが出ることがありますが、痛みまではいきません。イボを確認したら婦人科で治療をしましょう。

その間は性交渉を避け、パートナーも一緒に受診することをおすすめいたします。

デリケートゾーンのかゆみを自分で治す方法

デリケートゾーンのかゆみ、一刻も早く治したいですがなかなかお医者さんに行くのにも勇気がいりますよね。

病気でない限りは市販薬で治せたらありがたいと思うその気持ち、よくわかります。

どんなかゆみなら市販薬でも対応できるのでしょうか。その判断材料をチェックしてみましょう。

市販薬が使える判断材料

判断材料の一つとして、おりものを挙げることができます。

通常おりものは無色透明か若干白っぽく、下着に着くとかすかに黄色みをおびることもあります。

それを基準に考えて、おりものが異様にぼそぼそしていたり、色が濃い黄色から黄緑色、さらには茶色っぽい場合などは病気のサインかもしれません。

においがきつい場合にも注意が必要です。

  • 膣カンジタ
  • いんきんたむし
  • トリコモナス膣炎
  • 尖圭コンジローマ

などの性感染症は市販薬では治りません。

おかしいなと思ったら婦人科を受診するようにしましょう。

それ以外の場合、つまり「ムレやかぶれでかゆくなってしまった」という時には一般の市販薬を使用してみて様子を見ましょう。

フェミニーナ軟膏 小林製薬

女性のデリケートゾーンの市販薬として最も有名な「フェミニーナ軟膏」の場合、局所麻酔成分でかゆみを素早く沈静化させ、抗ヒスタミン成分でかゆみの発生自体を抑えます。

さらに殺菌成分が雑菌を抑制し、ビタミンEが肌の新陳代謝を促すので炎症の早期改善につながります。

このような成分の市販薬を、お風呂上りなどに綺麗な手指にとって患部とその周辺に優しく塗り広げて使ってください。

1回で効けばそのまま様子を見て、まだかゆいようであれば1日4、5回ほどまでを限度に塗って様子を見ましょう。

これらの市販薬は膣内のような粘膜に直接塗り込むものではないので、外陰部やその周辺に限って使うようにしてください。

デリケートゾーンをかゆくさせないための予防法

デリケートゾーンのかゆみを予防することは、かゆみの対処にもつながる部分があります。

基本は「清潔」と「刺激を与えないこと」です。以下で詳しくチェックしていきましょう。

抵抗力を弱めない!

疲れやストレスが溜まったり、風邪気味だったり、偏った食事や乱れた生活習慣を続けていると抵抗力が弱ってしまいます。

抵抗力が弱ると角質層が薄いデリケートゾーンはちょっとした体の変化でかぶれやすく、菌を活発化させ、かゆみが強く出ることがあるのです。

特に生理期間にはよく食べ、よく眠り、体を清潔にすることでしっかりと抵抗力を高めておきましょう!

下着は1日1回取り替える

下着は1日1回取り替えていますか?

シャワーは2日に1回でもいいですが、下着は毎日取り替えるようにしましょう。

デリケートゾーンや下着に排泄物がほんの少し残っていたり、汗でムレたり、それらが一日中肌とこすれていた下着は寝る前には一刻も早く取り替えたいものです。

シャワーを浴びなくてもデリケートゾーンだけでも毎日洗うようにする方がよいでしょう。

また、生理中は必ず毎日シャワーを浴びて、デリケートゾーンをいつも以上に清潔に保ちましょう。

デリケートゾーン専用石鹸で洗う

ボディウォッシュや普通の石鹸では洗浄効果が高すぎてデリケートゾーンには負担になります。

かゆみやできもの、ムレや痛みなどでお悩みの方は、デリケートゾーン専用の石鹸やソープが販売されているので、そちらを使った方がよいでしょう。

専用石鹸はデリケートゾーンのにおい対策にもなるのでおすすめです。

洗うときは綺麗な手でしっかりと泡立て、アンダーヘアの前の方から肛門の方にかけて順番に洗ってください。

泡がうまく立てられない方のために泡がポンプで出てくる商品も販売されています。

大切なデリケートゾーンの快適さを守るためには正しい洗浄が必須ですね。

生理中のナプキンはこまめに替えるかタンポンを使用

生理中のナプキンは経血と汗でたくさんの湿気を含んでいます。

最近はムレにくいナプキンが開発されてきましたが、排出された経血がデリケートゾーンにまったく触れないというわけにはいきません。

経血の量が多い方は言われなくても頻繁に取り替えますが、経血の量が少なかったり、生理の後半で少なくなった方はナプキンがもったいなかったりしてなかなか取り替えられない場合があります。

また、忙しさでナプキンの交換タイミングをつかめない方もいらっしゃるでしょう。

ナプキンがこまめに替えらえない方は、いっそのことタンポンの使用を考えてみてください。

最初は抵抗感がありますが、慣れるとナプキンよりずっと快適でデリケートゾーンのムレやナプキンの摩擦からも解放されてかなり使い心地が良いようです。

生理のストレスが辛すぎるという方はぜひ試してみてください。

また、ナプキンの素材が肌に合わず、アレルギーを起こしていることがかゆみの直接的な原因である場合もあります。

  • ナプキンがチクチクする?
  • ナプキンをすると敏感肌になる?

と思い当たる節がある方は、ぜひオーガニックコットンのナプキンに変えるなど、素材自体を変更してみることをおすすめいたします。

アンダーヘアを整える

意外かもしれませんが、アンダーヘアを整えることも大切です。

アンダーヘアがあまりにももさもさと生い茂っていると、ムレる原因にもなり、雑菌が繁殖する温床にもなります。

カミソリや毛抜きでの処理は埋没毛ができてしまったり、開いた毛穴や傷ついた肌から雑菌が入りこんでしまう恐れがあるのでおすすめしません。

まず先の細いハサミで2~4㎝ほどの短めに切りそろえましょう。

そのままではちくちくして下着を突き抜ける可能性があるのでヒートカッターなどを使って先端を丸く処理しましょう。

ヒートカッターは安いものだと1200円ほどで購入できるので、デリケートゾーンのために使ってみるとムレが解消されてスッキリすることでしょう。

タオルは家族で共用にしない

家族や恋人同士で同じタオルを一緒に使ったりすると、親から子へ、恋人へ、とかゆみを伴う性感染症が拡大してしまう恐れがあります。

子供や赤ん坊にも影響を及ぼす場合があります。

デリケートゾーンがかゆかったり、現在性感染症で治療中の方は特に気を付けておきましょう。

ウォッシュレットはちょっと待って!

生理中や排便時にデリケートゾーンをペーパーの摩擦や経血、便から守るために「清潔にしてくれる」ウォッシュレットですが、かゆみの症状を持つ女性はちょっと待ってください!

確かにウォッシュレットはデリケートゾーンを綺麗にしてはくれますが、かゆみをさらに悪化させる原因となる場合があります。

デリケートゾーンは体の中でも最も皮膚の薄い部分の一つで、温水であるウォッシュレットで洗浄することで皮膚が柔らかくなり、さらにかゆみを催して掻いてしまった場合には傷もつきやすくなります。

そこから雑菌が入って感染症につながったり炎症を起こす可能性もあります。

かゆいからとやみくもにウォッシュレットに当たることはやめましょう。トイレットペーパーで前から後ろに優しく拭き取るよう心がけましょう。

どうしてもデリケートゾーンの汚れが気になる場合には、最後にウェットティッシュでそっと拭き取るなどして対策しましょう。

ウェットティッシュはトイレ詰まりの原因になりますので、くれぐれもトイレに流さないようにしましょうね。

デリケートゾーンのかゆみは日々の予防から!

かゆみは適切な治療や習慣によって解消することができますが、最も大切なのはこの記事を読んで分かった「予防策」を普段からしっかりと対策しておくことです!

清潔と刺激さえ気を付けておけば、デリケートゾーンがかゆくて身もだえすることはなくなるでしょう。

市販薬では治らないものもあるので、辛いかゆみは我慢しないですぐに婦人科を受診する勇気を持つことも大切です。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る