クレンズダイエットで絶食にトライ!ジュースの作り方と成功する秘訣

クレンズダイエット11071

ハリウッドセレブやモデルの間で人気のクレンズダイエットは短期間で痩せられると話題のダイエット方法です。

ダイエット期間に野菜や果物100%のジュースを飲んで過ごすことで、体の中のいらないものを排出する毒だし効果が期待できます。

筋トレや運動で脂肪を燃やすわけではなく、一日からでも始めることができるので、ちょっと試してみたいという人でも気軽にトライすることができます。

ただし、固形物を食べたりアルコールを飲んだりと、ダイエット方法を間違えると思い描いた効果があらわれにくいので、クレンズダイエットの方法や決まりをしっかりと守って実践していきましょう。

とくに、ダイエット後の食事は体を休めるためにも大事なので、最後まで気を抜かずに続けていきましょう。


内側から綺麗になれるクレンズダイエットってどんなもの?

数あるダイエット方法のなかで、いま最も注目されているのが、クレンズダイエットです。

これは、一日の食事をジュースに置き換えて行うダイエット方法です。

これだけ聞くと、なんだか簡単そうですが、置き換えるジュースは野菜や果物100%のジュースに限ります。砂糖たっぷりの清涼飲料水ではクレンズダイエットになりませんので、注意してくださいね。

クレンズダイエットのクレンズは浄化するといった意味を持っています。そのため、野菜や果物の恵みを利用して体内を浄化していくことがこのダイエットの特徴となっています。

短期間でおこなうことが重要!無理せずおいしく続けよう

クレンズダイエットは、一日の食事をジュースに置き換えておこなうため、いわば断食のようなものです。

腸内が綺麗になり、老廃物がどんどん排出されていき、1~2日でも減量していきます。

このあたりは酵素ドリンクを使ったダイエットとも似ていますが、クレンズダイエットに使うジュースは、自分で好みの野菜や果物を使って作れるので、飽きずに続けられる点が魅力ですね。

ただし、栄養面で心配なことがあるため、長期間のダイエットはしないようにしましょう。

4つの嬉しいクレンズダイエット効果

クレンズダイエットの人気が高まっている理由は、効果が出やすい点と健康的にできる点にあります。

具体的な効果は減量、デトックス、美容、健康の4つがあげられます。詳しく見ていきましょう。

減量

運動で脂肪を燃焼する訳ではなく、体内を浄化させることで、ダイエット効果を生み出します。

一日三食摂っていた食事がすべてジュースに置き換わることで、消化の負担が軽くなり、体内に滞った不要なものがどんどん出て行きます。

宿便に悩んでいる人などは、一日だけでも効果を実感する人は多いです。

デトックス(排毒)

100%の野菜や果物のジュースを摂るため、食物繊維やビタミン・ミネラルを十分に補給することができます。

これらは腸内を綺麗にする作用に優れていて、体内の老廃物を排出していきます。さらに、腸の状態が改善されることで、必要な栄養を補給しやすくなり、健康で痩せやすい体へと導いていきます。

美容

腸内環境が整うことで、新陳代謝がスムーズに行われ、美肌を目指すことができます。

そして、自然の恵みがもたらす野菜や果物には、抗酸化作用があり細胞の酸化を防ぎます。ダイエットしながら、若々しくいられるのは嬉しいことですね。

健康

腸内環境が良くなり、腸内にすみつく善玉菌と悪玉菌のバランスがとれると、免疫力が高まります。

そうすると、病気になりにくくなったりアレルギーが改善したりするといった効果があらわれます。

このように、クレンズダイエットを行うと嬉しい効果につながります。ほかにも、ダイエット後はむくみにくくなったり、食欲をおさえられたりするといった効果があらわれる人もいます。

クレンズダイエットどうやってやるの?ジュースの作り方とダイエット方法

市販の商品を使って実践する方法もありますが、まずは自分で作る方法をご紹介します。

必要なものは、好みの野菜と果物に水だけです。そして、ジュースを作るためのスロージューサーが必要になります。

クレンズジュースを作るには、酵素やミネラル・ビタミンなどの栄養を壊しにくい低速圧縮タイプのジューサーがおすすめです。

スロージューサーが無い場合は、『バイタミックス』や『ビタントニオ』といったハイパーミキサーでも短時間の攪拌で酵素の減少をおさえながらジュースが作れます。

普通のミキサーでは高速で攪拌する時間が長くなり、酵素が壊れやすくなります。また、回転熱によって、ビタミンなどの栄養分が失われてしまいます。

スロージューサーやハイパーミキサーが無い場合は、市販のクレンズジュースでトライしてみましょう。

〔リンゴとニンジンのジュース〕1杯分

  1. リンゴ1個を洗い、種を取ったら、ジューサーに入る大きさに切る
  2. ニンジン1/2個を洗い、葉の部分を切り落として、ジューサーに入る大きさに切る
  3. 材料をジューサーに入れ、絞る

リンゴにはカリウム、カルシウム、食物繊維、ビタミンCなどの栄養素が豊富に含まれていて、便秘の改善や疲労回復に効果があると言われています。

そして、ニンジンには皮膚と粘膜の形成に関わるカロテンが豊富に含まれていて、細菌やウイルスから身を守ってくれます。免疫力アップにぜひ取り入れて欲しい食材です。

こうして作ったジュースを一日三食に置き換えて飲むことになりますが、始めるためには準備期間を設けると、より結果がでやすく体に優しく始めることができます。

それでは、クレンズダイエットの方法を見ていきましょう。

期間を3段階に分けてトライ!クレンズダイエットの方法

効果的に痩せるためには3つの段階を踏んで結果を出すことが重要です。

急ぐあまりに体に負担のかかるやり方をしてしまうと、ダイエット後に体調を悪くしてしまう可能性があります。

3つの段階をしっかりと実践して、理想のプロポーションに近づけていきましょう。

1 準備期間(1~3日)

クレンズジュースを飲み始める前に、体をダイエットしやすいように変えていく期間です。この期間は、消化しやすいものを中心に食べるようにしましょう。

そのため、なるべく和食を心がけ、脂っこいものを摂らないようにします。スナックや砂糖たっぷりのあまいお菓子も我慢してください。

水分補給はしっかりとして、代謝をあげるようにします。

このとき、清涼飲料水やコーヒーなどではなく、水を飲むようにしましょう。

アルコールもダイエット中は我慢してくださいね。

2 ダイエット期間(~3日)

準備期間を終えた翌日から、クレンズジュースを飲むことになりますが、朝一番の飲み物は白湯か水を飲むようにしましょう。

野菜や果物に含まれる食物繊維は消化しにくく、朝一番の胃腸には負担がかかってしまいます。

白湯や水を飲んで、胃腸をならしてからクレンズジュースを飲むようにしましょう。

ジュースで三食置き換えているあいだも、水分補給は水でしっかりと摂るように心がけてください。

回数と量に制限は無いので、お腹がすいたな…というときに飲みます。一日に5~7回に分けて飲むなど、無理のないペースで続けると良いでしょう。

クレンズダイエットを実践している人は、3~5回に分けてジュースを飲んでいることが多いようです。

時間にすると、7時、10時、12時、15時、18時といったところです。

この期間に、肩こりなどの体の不調を感じる人が多くいます。日頃、体に溜まった毒を排出している過程で起こりやすい反応です。

準備期間でダイエットに向けた体づくりができていないと、体が急な変化に付いてこれずに不調を起こします。これを好転反応とよびます。

3 復食期間(1~7日)

ダイエット期間が終了したら、好きなものをたくさん食べたいところですね。

でも、そこをぐっとこらえて、胃腸にやさしいスープやお粥を食べて、体をゆっくりと元に戻すようにしましょう。

復食期間は、ダイエット期間と同じ日数をとるのが理想的です。たとえば、ダイエット期間が1日としたら1日の復食期間を設ける、といった具合です。

胃腸が弱い方は、この復食期間を多めにとって、負担のないように過ごします。固形物も食べられるようになりますが、脂っこいものはまだ摂らないようにしましょう。

ダイエット期間で飢餓状態になった体は、いきなり普通の食事に戻してしまうと、脂肪分をたちまち吸収してリバウンドしてしまいます。

ダイエット後の体重をキープするには、この期間も大変重要です。以下のメニューを参考にして、復食期間を乗り切ってくださいね。

【ダイエット終了後、最初のメニュー】

  • 朝食…クレンズジュースもしくは消化しやすいスープ
  • 昼食…お粥や消化しやすいスープもしくは薄味の具の無い味噌汁
  • 夕食…お粥や柔らかく煮込んだ野菜スープ、豆腐

次の日から、うどんやそばなど、ふつうの食事に近づけて摂るようにすると負担がありません。

復食期間に避けるべき食材

体をゆっくりと回復させるために、復食期間には摂らない方がよい食材があります。

風邪を引いたときの食事を想像するとわかりやすいですが、調子の悪いときは脂っこいものや甘ったるいものは体が受け付けません。

こうした消化の悪いものは、体が弱っているときに良くありません。復食期間も同じで、消化の働きが弱っている体によくないものとして、肉や魚、乳製品やタマゴといった消化の悪いものがあげられます。

また、糖分の多いお菓子やカフェインを含むコーヒーなども避けるようにしましょう。

これがおすすめ!話題のクレンズダイエット商品

ジューサーが無いときにおすすめなのは、市販のクレンズジュースを活用することです。ここで、おすすめのクレンズジュースをご紹介します。

froosh(フルーシュ)

北欧で大人気の瓶入りジュースが日本に上陸しました。砂糖、保存料、添加物、人工着色料が入っておらず、安心して飲めるジュースです。

1本あたり200カロリー以下なので、ゴクゴク飲んでも大丈夫です。フレーバーは全部で5種類あるので、お好みに合わせて選んでください。

【飽きずに選べる5種類のフレーバー ( )内は原材料】

  • オレンジ・キャロット&ジンジャー(オレンジ1+1/2個、リンゴ1個、ブドウ20粒、キャロット1個、ジンジャー少々)
  • ストロベリー・バナナ&グァバ(リンゴ3/4個、イチゴ8個、バナナ1/2本、グァバ、アロニアベリー8個、パッションフルーツ果汁)
  • パイナップル・バナナ&ココナッツ(パイナップル1/4個、リンゴ1+1/2個、バナナ1本、ココナッツミルク、レモン果汁)
  • ブルーベリー&ラズベリー(ブドウ20粒、リンゴ1個、ラズベリー19個、バナナ1/2本、洋ナシ1個、ブルーベリー8個、イチゴ1個、オレンジ果汁)
  • マンゴー&オレンジ(リンゴ1+1/2個、マンゴー3/4個、バナナ1/2本、オレンジ1個、レモン1個、パッションフルーツ1/2個)
濃縮還元(搾り取った果汁の水分を飛ばして、再度水分を加える方法)ではなく、素材そのもののおいしさが味わえる100%ジュースで、飲んだときの満足感が高いです。

一番甘みの強いマンゴー&オレンジは濃厚でフレッシュフルーツの味わいが感じられ、人気が高いです。

添加物が入っていないので、本気でデトックスしながら痩せたい方におすすめです。

ダレノガレ明美さんプロデュース クレンズダイエット

テレビや雑誌など、多くのメディアで人気のあるクレンズダイエット商品です。

こちらは、ドラッグストアなどで手軽に手に入り、ジューサーやミキサーが無くても、水に溶かすだけでクレンズジュースができる所が魅力となっています。

野草やフルーツが202種類もぎっしりと入っているので、栄養成分をたっぷりと補うことができます。

原材料が多い分、アレルギー物質も多いので、食物アレルギーを持っている方は、表示をしっかり見て飲用するようにしましょう。

フレーバーはハニーレモンとアップルベリーの2種類あり、カロリーが23.4kcal以下と低カロリーになっています。

価格はどちらも1,700円でお手頃価格です。

手軽で続けやすいというメリットがある反面、こちらは増粘剤や香料、甘味料などの食品添加物が使われている所がデメリットといえます。

食品添加物は、体内に入ると酵素の働きを阻害する働きをもってしまうので、酵素ダイエットとして用いるには不向きな成分といえます。

とはいえ、手軽で試しやすい点はとても魅力があるので、クレンズジュースを手作りできない方や、初めてトライする方にはおすすめの商品です。

効果の出やすいダイエット開始のタイミング

先でご紹介した3つの段階をしっかりと実行するのはもちろんのこと、より効果を実感しやすくするには、生理明けに始めることをおすすめします。

生理前や生理中は、プロゲステロンという女性ホルモンが分泌され、ダイエットに不向きな水分をため込みやすい状態を生み出します。

また、眠気やイライラといった症状が出やすく、ダイエットを始めても挫折しやすい時期といえます。

そのため、生理明けに始めると成功しやすく、もう一つの女性ホルモンであるエストロゲンが分泌されることで代謝のよい状態でダイエットを進めることができます。

目標体重めざして健康的にダイエットしよう!

クレンズダイエットのみならず、ダイエットには我慢や忍耐が必要ですね。

今回、ご紹介したクレンズダイエットは、固形物が食べられないというところが一番辛いところでは無いでしょうか。

ただ、老廃物が取り除かれる点で、一日だけでも結果がでるという口コミが多くあり、試してみる価値は十分あります。

栄養分がたっぷり詰まったクレンズジュースなら、綺麗を維持しながらダイエットすることができ、健康的に痩せられるので、月に一度のファスティング(断食)として取り入れてもいいですね。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る