シナモンが毛細血管の老化を防ぐ!女性に嬉しいシナモンの効果効能

シナモンは、クスノキ科の木を原料とする生薬で桂皮と呼ばれる漢方薬と同じものです。

その歴史はとても古く、紀元前4000年頃からエジプトでミイラの防腐剤として使われ始めました。

ほんのりと甘く、良い香りの中にかすかに辛味もあり、世界最古のスパイスとも呼ばれています。

日本でも古くから知られていて「正倉院の宝物」の中に「桂心」という名称で薬としてシナモンが残されています。

そんな歴史あるシナモンが女性にうれしい効果がたくさんあったのを知っていますか?それでは、その効果を見ていきましょう!

1. 美容にオールマイティーなスパイスだった!

女性の大敵であるシミ、しわ、たるみなど肌の老化は毛細血管が減ってきたことが原因です。

毛細血管は全身の血管の99%を占めていて、体の隅々まで酸素と栄養を届ける重要な働きをしています。

皮膚に酸素や栄養が届かなければシミ、シワ、たるみなどがでてきます。

美容にとても関係の深い毛細血管ですが残念なことに加齢により自然に減ることがわかっています。その救世主がシナモンです。

毛細血管の減少を抑え修復することによってシミ、シワ、たるみの予防、改善も期待でき、ハリのあるみずみずしいキレイな肌を維持することができます。

このシナモン効果には化粧品会社も注目していて開発や研究を進めています。

シナモンの持つ抗酸化作用はニンニクよりも強く、オレガノなど他の26種類のスパイスと比較してもトップでした。アンチエイジングの強い味方になってくれますね。

体に良いものは髪の毛にも効果を出すものでシナモンもそのひとつです。美肌効果だけでなく、白髪や育毛、頭皮を生まれ変わらす働きまでしてくれる優れもの。

これにも毛細血管が関係していて、シナモンを摂ることにより細胞を活性化させて毛細血管を修復し、頭皮や毛根に栄養素を届きやすくして髪の毛を元気に美しく保つことができるということです。

2. 脂肪燃焼でダイエット効果

大人の女性が太る原因は、脂肪細胞の中に中性脂肪が溜まってどんどん膨らみ脂肪細胞の数が増えていくことで肥満になっていくのですが、シナモンにはこの大きくなった脂肪を小さくする作用があります。

シナモン効果で血流促進することにより体を温め、体温を上昇させ発汗や利尿作用を活発にさせます。

むくみの原因にもなる体内の余分な水分や老廃物を排出、デトックス効果も期待できるのです。

美肌、美髪、デットクスにダイエット効果!女性にとって夢のような効果の数々ですね。
シナモン効果まだまだ見ていきましょう。

3. 病気も予防する優れもの!

美しくいるために必要なこと。それは健康でいることが大切です。

シナモンは健康な体を維持することにも大きく関わっています。毛細血管を修復したり丈夫にすることで次に挙げる病気を防ぐことができるのです。

シナモンが効果的な病気

私たちが常に悩まされる肩凝り解消、風邪予防や胃腸の調子を整える働きもあります。

  • 骨粗しょう症
  • アルツハイマー
  • 糖尿病
  • 脳卒中
  • 心筋梗塞
  • ガン

インドでは腹痛や下痢の治療薬に使用されています。日本でも健胃、整腸作用を目的とした漢方薬として医療機関で使われています。

シナモンに含まれる成分、桂皮アルデヒドが胃の働きを高め胃液の分泌を高めて、消化を促進させます。

毛細血管を丈夫にすることで血流を良くし肩凝り解消にもなります。

風邪予防にも力を発揮しますが、すでにひいてしまった風邪にも効果があります。発汗作用や解熱作用もあるので風邪の初期症状に改善効果も期待できますね。

病気の予防には免疫力を高めることが大切です。腸内環境を正常に維持することが免疫力アップに繋がります。ここでもシナモンは良い働きをしてくれます。

シナモンのリラックス効果でストレス解消!

シナモンの甘く深いコクのある香りには心をリラックスさせる働きがあり、アロマテラピーでは、気分が落ち込んでイライラしている時や、疲労感で無気力になっている時・孤独感で悲しみが襲う時など、シナモンが効果的だといわれています。

アメリカの大学で行われたマウスを使った実験では、シナモンが脳を活性化させて記憶力を伸ばし、学習能力に改善が見られたとの報告もありました。

心にも脳にも効くスパイスって素晴らしいですね。

5. 過剰摂取は副作用も。1日3g(小さじ1程度)を守りましょう!

残念ながらこのシナモンには副作用もあるので注意が必要です。シナモン自体の副作用というより過剰摂取による副作用があります。

過剰摂取になると肝機能に障害を引き起す可能性があります。適量を守って摂取することが大切です。

また、妊娠している女性の場合、シナモンの子宮収縮作用が流産を促す危険性がありますので妊娠中は控えるようにしましょう。

冷えは女性の大敵!冷え撃退のためにもシナモンを取り入れましょう

寒い冬はもちろんのこと冷房の効いた夏場でも冷えはとてもつらいもの。そんな人にもシナモンは強い味方になってくれます!

毛細血管は手足はもちろんのこと、内臓まで走っています。冷え性はこの毛細血管に血液が行かなくなり血管が収縮することで起こります。

加齢により、毛細血管が減少したり弱ってくると余計に血液循環が悪くなり冷えを増長させてしまいます。

毛細血管を丈夫にして修復してくれるシナモンは食べるだけで体を温めてくれるので内臓の冷えも手足の冷えも全部解消してくれます。

毛細血管の減少をストップさせるシナモンは冷えにも効くスパイスなのです。

コーヒーや紅茶に入れたり、朝食にバナナヨーグルトやトーストにはちみつといっしょにかけたりと手軽に美味しく食べられるシナモン。

毎日食べて元気に美しく過ごしましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る