チャイ風シナモンティーで体の不調を改善!飲めば体中ポカポカに

アンチエイジングや美肌効果に大きな期待ができるシナモン。

そのシナモンを生姜やミルクと一緒に取る事ができるシナモンティーは、体が温まり、免疫力を高める効果があります。

また、抗菌効果もあって、冬場に流行る風邪やインフルエンザの予防だけでなく早い改善にも効果が期待できるのです。

シナモンティーを生活に取り入れて、内側から病気に強い体づくりをしませんか?

1. シナモンの栄養素を見てみましょう

シナモンにはこれだけの栄養素が含まれています。

100g当たりの栄養成分
ビタミンB1 0.08mg
ビタミンB2 0.14mg
ナイアシン 1.3mg
カルシウム 1200mg
リン 50mg
鉄分 7.1mg
マグネシウム 87mg
マンガン 41mg
カリウム 550mg

※引用…五訂増補日本食品標準成分表(本表)より

●ビタミンB1    
炭水化物をエネルギーに変えるので、脳や神経にも深い関わりがあります。ビタミンB1が不足すると、炭水化物をエネルギーに変える働きが鈍くなるので、倦怠感や疲労感・手足のしびれや脚気など神経機能にも異常が出るようになります。
●ビタミンB2  
炭水化物、脂質、タンパク質をエネルギーに変えます。その中でも特に脂質をエネルギーに変えるためダイエットにはとても大切な栄養素です。細胞の再生にも働きかけるため皮膚、髪、爪などを美しく保ち、ニキビ予防や美肌効果が期待できます。
●ナイアシン
アルコールに含まれるアセトアルデヒドを分解する効果があるので、飲酒前に摂取すると悪酔いを防ぎ、二日酔いの予防になります。皮膚や粘膜を健康に保ち細胞の再生を助ける効果もあるので美肌には必要な栄養素といえます。
●カルシウム    
体の中に最も多く存在するミネラルです。骨粗しょう症や子どもの発育にはなくてはならない栄養素といえます。骨や歯を形成したり、筋肉を収縮させたりイライラを落ち着かせる効果があります。
●リン        
体の中に含まれるミネラルの中で二番目に多いものがリンです。骨や歯の形成に必要な栄養素でビタミンB群の働きに重要な働きをします。
●鉄分        
酸素を全身に運ぶ役割をします。貧血を予防する効果があるので月経のある女性にはとても大切な栄養素といえます。
●マグネシウム
カルシウムと同様、骨の形成をします。カルシウムと深い関わりがあり、適正量のカルシウムを細胞内に入れる役割をして、筋肉の収縮を助けます。
●マンガン      
代謝の促進や抗酸化作用の効果があります。愛情をつかさどる中枢神経とも関わりがあるため、マンガンが不足した親ウサギは子ウサギの育児放棄したとの実験結果がでています。
●カリウム      
細胞内外の水分量や浸透圧を調節する効果があります。ナトリウムの排泄を促す効果があるため、ナトリウムが腎臓で吸収されるのを制御して尿として排出させる働きをします。そうすることによって、高血圧の予防やむくみを解消させることもできます。

この他にも、香り成分であるシンナムアルデヒドは血流を促し美容効果が期待できる毛細血管の修復や老化を防ぐ働きをしてくれます。

それだけでなく血糖値を安定させて糖尿病予防にも効果があり、殺菌、抗菌作用、解熱作用があるので風邪予防や改善にも効果的です。

また、もう一つの香り成分オイゲノールは香料や精油の他に殺虫剤、麻酔薬といった医薬品にも使用されています。

オイゲノールにはとても強い抗酸化作用があり、活性酸素の発生や酸化を抑制して傷ついた細胞の修復や免疫力向上させ、動脈硬化やがんの発生までも抑制されるのです。

このようにたくさんの栄養素や体に嬉しい成分を持つシナモン。是非チャイ風シナモンティーで飲んでいただきたい訳を説明します。

2. ミルクやお砂糖を入れたチャイ風シナモンティーって太らない?

牛乳は太ると勘違いしている人が多いのですが、牛乳は200mlで138kcalしかありません。

意外にも低カロリーではないでしょうか。そしてそのカロリーに対し含まれる栄養素が多いのです。

みなさんもよくご存じのとおり牛乳はカルシウムを豊富に含み他にもビタミンB群、パントテン酸、マグネシウムなどを含んでいます。

これらの成分は糖質や脂質を分解する働きをしてくれる以外にも高タンパク低カロリーであり、お砂糖も一杯のシナモンティーに入れる分量が小さじ2杯だとして32kcal全部あわせても375kcalのドーナツ一個と比べても半分以下のカロリーです。

牛乳は腹持ちの良さから食欲の制御にもなるので他のおやつを食べなくても満腹感があるのが魅力です。

シナモンにも空腹感と甘い物が欲しくなる欲求を抑制する働きもあるのでシナモンティーなら安心して飲めますね。

そして女性の悩みのひとつ月経痛の改善に役立つα-ラクトアルブミンという成分が牛乳には含まれています。

シナモンにも血行を良くして月経痛を和らげる効果があるのでシナモンティーには期待できますね。

ここで、シナモンティーのレシピを紹介しましょう。

おいしいシナモンティーの作り方

【材料】

  • 紅茶        2パック
  • シナモンスティック 1/2本
  • お湯        200ml
  • 牛乳        200ml
  • 生姜        薄切り2~3枚
  • 砂糖        適宜

【作り方】

  1. 鍋にお湯を沸かす
  2. シナモンスティックと生姜を入れて薄く色づくまで煮だします
  3. 紅茶をその中に入れて1分煮だし、弱火にして牛乳を入れます
  4. ゆっくり温めて沸騰しないように気をつけましょう
  5. 湯気が上がり始めたら、鍋にぷくぷく泡が出る前に火を止めます
  6. お好みで砂糖を入れてカップに注ぎます

3. 生姜の効果もすごかった!

生姜が体を温めてくれるのは有名ですが他にも嬉しい効果効能があることをご存じでしょうか。

  • 発汗促進
  • 咳・痰を鎮める
  • 解熱・鎮痛作用
  • 抗炎症・抗酸化作用
  • 血液サラサラ効果
  • 白血球を増やして免疫力アップ
  • アンチエイジング・デトックス効果
  • めまい・耳鳴りを予防
  • 脂肪や糖の代謝を促進
  • 殺菌作用

などなど、嬉しい効果が沢山あります。本当に万能薬ですよね。

シナモンティーに生姜を少しいれるだけで味のアクセントにもなりこんなに嬉しい効果があるのです。

薬味に使うだけでは、なかなか毎日食べることがなかった生姜もシナモンティーを飲めば手軽に毎日摂れます。

4. お砂糖は脳にとっても大切なエネルギー!

健康にも美容にも敵だと思っていたお砂糖も脳には必要な栄養素です。

たしかに摂りすぎは良くないのですが、脳のエネルギー源はブドウ糖なのです。

おなかがすいてイライラしたり、疲れて何も考えられない時は血液中の糖の値が低下していて脳に栄養が行き届いていない状態になっています。

疲れた時に甘い物を食べると元気になった経験はありませんか?脳が糖分を欲していて甘い物を食べることにより脳が活性化されたのです。

必ずシナモンティーに入れる必要はありませんが、疲れた時に砂糖を少し入れたシナモンティーを飲むと脳を活性化することができますね。

5. シナモンと生姜のパワーで体の不調を吹き飛ばそう!

それぞれの効果効能で美容にも健康にも良いシナモンティー。

お肌の老化予防や改善は勿論のこと生活習慣病や風邪・インフルエンザにも効果のあることがわかりました。

朝食に、ちょっとした休憩時間に、手軽に飲めるシナモンティーで美しく健康な毎日を過ごしませんか。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る