髪をセルフで脱色するのは危険!知っておくべきブリーチのデメリット

髪にとってあまりにもデメリットが大きすぎて目をつぶれないブリーチ。

ブリーチのデメリットを詳しくご説明し、ブリーチを使わなくてもカラーリングが楽しめるアイデアを6つご紹介いたします。

それでもブリーチがしたいという方のために、ブリーチの効果をきちんと得るためのコツもご紹介しているので、あなたの大切な髪についてじっくりと考えてみてくださいね!

ブリーチとは髪を薬剤で脱色すること

ブリーチとは日本人のような黒い髪の色を白に近い黄色や金色にすること、つまり色を抜くことを言います。

髪の色も肌の色と同じようにメラニン色素の量でその色が決まっています。もともと髪色が明るい人は、メラニン色素が少なめというわけです。

ブリーチで色を抜くと髪が痛むのはどうして?

ブリーチ剤は髪表面のキューティクルという髪1本1本を覆っているうろこ状の細胞を開かせます。

その隙間からメラミン色素を分解(破壊)するための成分を浸透する仕組みになっています。

つまり、黒髪から色を抜くことですね。

キューティクルは本来毛髪の中のたんぱく質や水分を守り、髪の健康や艶めきを維持するために必要不可欠な覆いです。

しかし、そのキューティクルを無理矢理開かせることによって髪がギシギシに傷んでしまうというわけですね。

ブリーチは何のためにするの?

ブリーチをする理由は、髪を白や金、黄色になるまで脱色する目的のほかに、自分の好みの色に思い通りに染めるために「いったん色を抜く」という目的で行われています。

これをダブルカラーと言います。

黒髪にはどれだけ美しい赤や青、アッシュブラウンの色素を入れようと思っても、メラニン色素が邪魔をして綺麗に染まってくれないのです。

そのため、髪色を明るく奇抜に染めたい人にとっては、(最近までは)避けては通れない道でした。

ブリーチのデメリット

しかし美しいカラーリングのために払われる犠牲は簡単に目をつぶれるものではありません。ブリーチをすることによってこうむるデメリットをあげてみたいと思います。

髪が傷む

前述したように、キューティクルがボロボロになると、毛髪の表面も荒れ、中の水分が蒸発してしまうので乾燥もひどくなります。

  • 髪が切れる
  • 細く弱くなる
  • 髪が抜ける
  • きしむ
  • 艶がなくなる
  • 枝毛が増える

といった毛髪のトラブルのオンパレードに見舞われる恐れがあります。

ブリーチをする際には、これらのデメリットを覚悟し、アフターケアにも手を抜いてはなりません。

地肌がヒリヒリと痛む

ブリーチ剤の主な成分はアルカリ剤(アンモニア)と過酸化水素水という化学物質で、これが頭皮についてしまうと「化学やけど」を起こしてしまいます。

やったことがある人はわかるかと思いますが、皮膚が焼けるようにヒリヒリする症状を起こしてしまうのです。

「刺激が強い」といえば「じゃあ脱色のために我慢しようかな」と思ってしまいますが、「化学やけど」と言われるとちょっと考えを変えたくなりますよね。

1度では綺麗に脱色できない

また、ブリーチは1度の塗布で黒髪から金髪になれるわけではありません。

黒髪の濃さによって個人差がありますが、数回繰り返すことで次第に完璧な白へと近づいていきます。

1度で終わらないということは、美容室に通う手間やお金がかさんでしまいます。

セルフブリーチ、セルフカラーにしてもそんなに頻繁に安いブリーチ剤で髪を傷めつけていると、取り返しがつかないほど毛髪を破壊してしまう恐れがあります。

脱色した日にカラーリングをできない

市販のブリーチ剤の説明書にも書いてありますが、ブリーチ直後は髪の傷みが激しいため、直後のカラーリングは推奨されておりません。

すぐに気分を変えたいのに、何日もかけて髪色を変えるのは面倒です。

パッとその日に思い通りの髪色にできない点もデメリットと言えるでしょう。

やっぱり似合わないと思ってもすぐに髪色を変えるのが大変

もっとも困るのが

  • やっぱり黒髪に戻したい
  • 違う色にしたい

と思ったときですね。

すでに髪をだいぶ傷めつけてしまっているので、しばらくの間カラーリングやパーマなどはなかなかできないという点です。

これらのデメリットをしっかりと吟味したうえで、次の「ブリーチ以外のカラーリング方法」を読んでみてください。

ブリーチをする前に知っておきたい他のカラーリング方法6選!

ブリーチまでしなくても、あなたの望みの髪色を手に入れることができるとしたら、そちらの方がずっといいと思いませんか?

ブリーチ以外の選択肢を6つご紹介しますので、まずはぜひそちらを検討してみてくださいね!

1Dayカラーリングで遊びを盛り上げる!

髪色を明るく染めたいときというのは人生で何度もあるかもしれません。

しかしそれらはイベントやバケーションなどのほんの短い時間だけのこと。通常の学校生活や社会人生活を送るうえではむしろ邪魔になってしまいますよね。

そんなとき、週末の1日だけ、ライブイベントやパーティーをエンジョイするための1Dayカラーリングとしておすすめなのが、
  • ヘアカラーチョーク
  • ヘアカラースプレー

といったヘアカラーアイテムです!

ヘアカラーチョーク

髪を高発色に染められるアイテムとして若者に人気を集めているのがヘアチョークです。

12色や24色のセット売りがまるで絵の具を買うような楽しさで、黒髪にも鮮やかに色が付きやすいのでブリーチをする必要がありません。

さらにシャンプーをすれば簡単に落ちるので次の日には何事もなかったかのように通学・通勤することができてしまいます。

ただし化学色素を髪に1日塗っているので、まったく髪が傷まないというわけではありません。

ブリーチよりは断然少ない刺激で1日限りなので、明るい色で目立ちたいシーンで活躍してくれるでしょう。

また手や服に色が移りやすいので、カラーチョークを使用する日にはお気に入りの服は控えた方がよいでしょう。

ヘアカラースプレー

ヘアカラースプレーはイベント時の派手色オシャレにも対応してくれますし、急な塾講師のバイトや仕事の面接時に「黒染め」としても活躍してくれます。

お出かけ前の「白髪隠し」にも使うことができ、様々なシーンで便利に利用できます。

こちらもカラーチョークと同じく表面に色を付けているだけなので、その日のうちにシャンプーで落とすことが可能です。

染料のせいで髪がごわつくことがありますので、トリートメントケアは怠らないようにしましょう。

また水溶性のため雨や汗に弱く、色が流れる恐れがあるので雨・汗対策をしっかりするか、汚れてもよい服を身に着けるなど工夫をしましょう。

ヘアマニキュアでダメージレスなカラーリングを!

ヘアマニキュアは大人の白髪染め程度ならばダメージを与えずにこしや艶を取り戻すことができ、さらに(発色は高くないが)色も付けることができるのでおすすめです。

明るい髪色、派手な髪色にしたい方には不向きかもしれませんが、薄っすらでいいから色を付けたい、でもダメージは本当に嫌!という方にはぴったりでしょう。

ヘアカラーやブリーチはキューティクル内部に働きかけるものですが、ヘアマニキュアは毛髪の表面に色を乗せてコーティングするので、髪の内部や頭皮に負担をかけることがありません。

ただし一度ヘアマニキュアを選択してしまうと、次に髪色を変えたいときに上からヘアカラーで色を入れようと思ってもなかなか入らないということがあります。

その場合ブリーチをせざるを得なくなるので、自分の髪のことをよく考えて選択しましょう。

髪を労わるカラーバターで2週間~1ヵ月のカラーを楽しむ!

ヘアカラーチョークやヘアカラースプレーは1日限定のオシャレでしたが、例えば長期休暇中のオシャレをがっつり楽しみたいという方におすすめなのが「カラーバター」です。

なんと「トリートメント×ヘアカラー」ができるということで、大きな注目を集めています。

髪内部に色素を浸透させながらもたっぷりの美容成分で髪を補修し、トリートメントしてくれます。

ただし真っ黒な髪には色素が浸透しないので、すでに昔ブリーチをしたことがある方や髪の色素が薄めの方がブラウンやアッシュにするのには向いているでしょう。

色むらなく綺麗に染まるのが特徴です。

毛先だけ染めるグラデーションカラーで中期のオシャレを!

流行りのグラデーションカラーでオシャレを楽しむというのもおすすめです。

毛先だけならブリーチをして色をしっかり抜いてから発色の良いカラーを入れても、都合に合わせてカラーリングした部分だけ切ってしまえば問題ありません。

長期休暇中にグラデーションカラーで楽しみ、休暇が明ける前に10㎝ほど髪を切ることでまた新たにイメチェンができて新学期・新年度が気分よく始められますよ!

ウィッグが便利でかわいい!しかも髪を傷めない

カラーリングではありませんが、とても手軽にダメージなしで髪色を変えられる方法として「ウィッグ」という選択肢があります。

最近のウィッグは低価格なものが多く、しかもなかなかばれにくいリアルなものが増えているので、簡単に髪色+髪型のイメージチェンジが可能です!

髪に薬剤を使わないで済むので、もっとも髪に優しいカラー方法と呼べるかもしれません。

ブリーチの様々なデメリットや費用面を考えると、この選択肢もアリではないでしょうか?

それでもブリーチをしたい方へ!自分でブリーチを成功させる方法

ブリーチのデメリットを知り、他のカラー方法を知ってもブリーチを選択する方のために、リスクを負ってでもやるブリーチを成功させるために気を付けたいポイントをご紹介していきます。

コツを頭に入れて、ブリーチをする際には順序良く手早くやっていきましょう。

もちろん、ブリーチはムラになりやすいので、一番いいのは美容院でやってもらうことですよ!

では、コツを見ていきましょう!

ブリーチ&カラー前はシリコンシャンプーを控える

シリコンシャンプーを使っている方はブリーチをする前の日にはノンシリコンシャンプーを使うようにしましょう。

シリコン成分が髪の表面をコーティングしてしまうので、ブリーチの成分が毛髪の内部に入りにくくなってしまうためです。

また、ブリーチ直前のシャンプーも控えたほうがいいでしょう。

美容室でカットやパーマをかけた直後にブリーチをお願いしても後日来店を勧められることがほとんどです。

自宅でブリーチをやる場合にも、シャンプーは前日に済ませておきましょう。

髪は乾いた状態で!ブリーチ前に汗をかくのもNG

また、髪は乾いた状態でブリーチ剤を塗布します。

直前にシャンプーをしないことはもちろんのこと、雨に濡れていたり、ブリーチ前に運動をして汗をかいたりしてもよくありません。

運動をすると頭皮の毛穴が開いてしまい、ブリーチ剤が毛穴を刺激し頭皮を傷めてしまいます。

気を付けましょう。

温かい部屋で塗布! 金属製のくし禁止!

ブリーチ剤は高温に反応するのでできるだけ温かな部屋で作業をした方が効果は得られるでしょう。

また、髪の長い人は塗りムラをなくすためにくしで梳かしながら塗ることが推奨されていますが、金属製のくしを使うのはやめましょう。

髪を傷めやすくなります。

根元は最後!10分以内に手早く塗布!

髪にブリーチ剤を塗布する際は、根元から3㎝ほどの部分から毛先にかけてを先にムラなく塗り、最後に根元を塗っていきます。

根元は地肌に近いので体温が伝わって染まりやすいので後回しにするのです。

また、ブリーチ剤は1剤と2剤を混ぜ合わせてから15分ほどしか作用が持続しないので、10分以内に毛髪すべてに薬剤を塗布するようにしましょう。

放置する時間が長ければ長いほど、髪はどんどん溶けていきます!

ここは手早く済ませることがコツです。

ラップを巻いてむらす

しっかり全体にムラなく塗布し終わったら、頭にラップを巻き付けると脱色効果が出やすいと言われています。

しかし痛みや灼熱感がある場合にはすみやかにラップを外してください。

このようなリスクを考慮したうえで、最大限の効果を引き出したい方は試してみてもよいでしょう。

どちらにしても、ブリーチ剤による化学やけどの可能性は常に付きまとうということは覚えておきましょう。

ブリーチ後のケア方法

ブリーチの放置時間が終了しシャンプーまで終わったあとは、ブリーチ剤に付属されているトリートメントを使って毛髪をケアしてあげましょう。

それだけですべてのダメージがケアされるわけではないので、毎日コンディショナーやトリートメントで髪を労わってあげることを忘れないでください。

セルフブリーチはおすすめしません

ブリーチはデメリットの方が多いのでやはりおすすめはできません。

別の方法を採用して賢くオシャレを楽しみましょう!あなたの髪が美しさと健やかさを保ち、オシャレも楽しんでいけることを願います。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る