しつこい便秘をスッキリ解決!マッサージで自然なお通じを手に入れる

便秘を経験したことがない人はいないのではないかというほど、現代社会は「便秘になりやすい環境」であると言えます。

  • 座りっぱなし
  • 立ちっぱなし
  • 常にストレスにさらされる
  • 運動する時間もない
  • 何なら食べる時間もない

そんな頑張りすぎるあなたの、せめて便秘だけでも解消するお手伝いができれば幸いです。

どうして女性に多い?便秘に悩む日本人女性

―便秘。それは女性なら一度はなったことのある辛い不調。

たかが便秘と侮っていると、便が「秘める」どころか「宿って」しまいます。

月に一度生理のある女性は、そのせいで自律神経が乱れやすく男性よりも便秘になりやすいです。

また、日本人は欧米人よりも腸の長さが長いため便が腸内に溜まりやすく、日本女性の実に約6割半を超える方が今現在便秘でお悩みのようです。

なぜ便秘になるのか

便秘の原因は実にさまざまです。

運動不足が原因で排便をする筋力が落ちていたり、蠕動運動が円滑に行われなくなっていたりする場合もあれば、ストレスによって腸の蠕動運動を司る副交感神経が働きにくく、それが原因で便秘になることもあります。

また、

  • 水分が足りないために便が固まりやすくなり、腸内で詰まってしまった
  • 食事制限によるダイエットのために食物繊維が足りず、便が排出されない

ということもあります。

腸内の善玉菌が加齢とともに弱っていくことも原因の一つでしょう。

お腹が苦しいのに出ないという辛い悩み

便秘で一番大きな悩みが「お腹が張る。苦しい」という悩みです。

いつもは入るはずのズボンのウエストがきつかったり、お腹が膨れているせいでおいしくご飯が食べられなかったりと、腹部の膨満感はとても辛いですよね。

さらに便秘による体重の増加やぽっこり醜い下腹のでっぱりなど、見た目や体重の面でも女性にはダメージが大きいです。

さらに便秘が引き起こす害の中には、「肌荒れ」「むくみ」「冷え性」など、女性が辛くなるあらゆる悩みが内包されています。

便秘一つで体中がまいってしまうのです。便は老廃物=排出されるべき毒素だからです。

便秘の主な対処方法

世の女性たちは便秘になるとどんな風に対処しているのでしょうか?一般的に走ってしまいがちなのは応急措置の「市販の便秘薬」。

すぐに解決したい働く女性の強い味方ですが、根本的な解決のためには生活習慣から変えていかなくてはまた同じことの繰り返しになります。

便秘薬の他に多いのが、ヨーグルトやビフィズス菌飲料を飲むこと。最近はコンビニにも便秘解消によさそうな飲み物がたくさん売られていますよね。

そういったもので対処しようとする方が多いようです。

下剤を飲んでも出ない!宿便の恐怖

いろいろ頑張っては見るものの、どうしても出てこない便。

それはもしかしたらすでに「宿便」となってあなたの身体の中で悪さをしているのかもしれません。

一度病院を受診し、必要であれば治療を受け、お医者さんの指示で数日間の断食やお粥生活、その後の食べ物指導を受けるとよいでしょう。

宿便とは腸内にこびりついて残ってしまっている便のことで、実は健康的に排便をしている人でもなることがあるのです。

宿便になると体にさまざまな不調が生じます。

突然の体調不良で救急車に運ばれ、検査の結果「便秘です」と言われてびっくりするという方もいるくらい、体の中で知らぬ間にとんでもない害を振りまいているのです。

いかがですか?普段から腸内環境を整える重要性を感じていただけたでしょうか?次はさっそく便秘を解消していくマッサージ方法についてご紹介していきます!

簡単にできる即効マッサージ5選!

忙しい朝、または電車や飛行機に乗る前に、なるべくならお腹をスッキリさせておきたいですよね?

そんな時、即効性のある便秘解消マッサージがあればヤってみたいと思いませんか?すぐに試したくなる、便秘解消マッサージをお教えします!

王道、「の」の字マッサージはもう試しましたか?

便秘なのに、意外とお腹をマッサージしたことはないという方がいらっしゃいます。

まずは知っている人はみんな知っている、王道の「の」の字マッサージを試してみましょう!

座っていても立っていても、仰向けに寝ても構いません。

  1. まず、姿勢を正した状態で、右手をみぞおちのやや下あたりにそっと当てましょう。
  2. 指はそろえて押すと効果的です。
  3. 次にそのまままっすぐ下に手を下してゆき、おへそ少し通り過ぎたら自分の右半身の方をぐるっと回って「の」の字を書きます。
  4. 目の前にいる人に「の」の字を書いて見せてあげるイメージです。
  5. 強すぎない適度な強さで押し、20~30回ほど繰り返します。

このマッサージをすることで、腸が刺激され便が出やすくなります。

また、固くなっていて便が詰まっているのを感じる部分は揉むようにマッサージしてあげるとさらに効果UPです。

とても簡単で、しかもどこでも場所を選ばずできるマッサージなのでまずはこれを試してみてください。

他のものと組み合わせるとしても、このマッサージで腸を刺激することはためになるでしょう。

腸を揺らして便を出す!

腸はお腹の中をぐるっと回って、最後に急カーブのS字を描いて肛門へと下りていきますよね。

そのS字部分は便が詰まりやすく、また、詰まった便が固まってしまいさらなる便秘を引き起こす原因となる部分です。

ここを揺らして便を動きやすくしてあげるマッサージをご紹介します。

  1. 仰向けで寝ころび、膝を立てます。
  2. 腰の下にクッションや毛布を丸めて入れましょう
  3. おへその左側にある腸が急カーブしている場所を頭の中でイメージしながら、その部分に両手を添えます。
  4. 添えた両手で少し押しながら腸を持つイメージで、持った腸を左右にゆらゆらと揺すってあげます。

こんな簡単な動作で、格段に便が出やすくなるのですから「の」の字マッサージと組み合わせてやっておきたいですね!

おへそから恥骨へ、恥骨からおへそへ

便が腸から肛門へ向かう最後の場所も、固まって詰まっている便をしっかりとほぐしてあげましょう。

両手の指をそろえておへその下に当てます。

少し力を加えて押し、そのまま下に下がっていきます。すると固い骨(恥骨)にぶつかります。おへそから恥骨、恥骨からおへそに戻るという動きを反復します。

とっても簡単ですね!これも座ったままでこっそりできるのでデスクワークの女性にぴったりです。

上半身をひねるだけ!これが一番簡単で気持ちがいいかも?!

デスクワークでずっと同じ姿勢をしていることが多い女性は、腸を動かす機会が極端に少ないため便秘になりやすいです。

そんな方でも座ったまま気分転換&ストレッチがてら簡単に実践できる便秘解消マッサージが「ひねるだけ」のマッサージです。
 

  1. 背筋を伸ばして座りましょう。お尻の穴をキュッと締め、お腹をへこませ、体を右にひねります。
  2. 腰はそのままに、上半身だけを真横にひねりましょう。
  3. そのまま数秒止まります。
  4. 次に左側に同じようにひねり、そこでも数秒止まりましょう。

これを数回繰り返しているとトイレに行きたくなってきませんか?腸が動き始めた証拠です。

「の」の字マッサージはあまりにも有名な「便秘マッサージ」のため、職場や電車でやっていると「この人便秘なんだな」と思われてしまいそうですが、このひねるだけマッサージなら、「身体がこったのかな?」くらいにしか思われませんので堂々とやってみてください。

体に血がめぐり、こりも少し解消され、いいことだらけです!

背中から腰をさする!

トイレに座って、「の」の字マッサージもして、もう出そうだけどあと一押し足りない!というときにおすすめなのが、肛門や直腸に刺激を与えることができる腰の後ろ側を手の届く範囲でマッサージすることです。

背中から腰を反復してさすりおろしてあげてください。排便時の助けになるはずです。

人別!便秘解消マッサージ

―基本の即効マッサージを学んだ次は、妊婦さん、赤ちゃん、寝たきりの方にそれぞれ合った便秘解消マッサージの方法についてお教えいたします。

さらに、家族の一員であるペットの便秘を解消してあげるマッサージも合わせてご紹介します。

妊婦さんのための便秘解消マッサージ

妊娠中は普段よりも便秘になりやすくなります。

それは妊娠中に黄体ホルモンと呼ばれる女性ホルモンが活発になり、腸の動きを鈍らせるのに加え、体が水分を必要とするので腸で便を柔らかくするための水分まで体内に吸収し溜め込みやすいためです。

胎児が大きく成長していくにつれて子宮が腸を圧迫することも便秘の苦しさに拍車をかけます。

そんな便秘に悩まされる妊婦さんはなんと7割を超えると言われていますが、お腹の中に胎児を宿す大切な身体なので安易にマッサージやツボを押して体調不良にでもなったら大変です!

妊婦さんのための便秘解消マッサージは、必ず病院でお医者さんに正しい方法を教わりながらやってください。

ネット上の情報を頼りにやってしまい、もしものことがあったら取り返しがつきません。どの産婦人科でも丁寧に教えてくれるので、気軽に相談してみましょう。

赤ちゃんのための便秘解消マッサージ

赤ちゃんも大人と同じように便秘をします。

1日や2日便秘をしたからと言って神経質になる必要はないようですが、もし赤ちゃんの元気がなかったり、食欲がなかったり、ずっと機嫌が悪かったりするのであれば、かかりつけのお医者さんに相談しましょう。

赤ちゃんの便秘の場合は大人の「の」の字マッサージが同じく効果的です。

ただし、大人は直接手で力をかけながらマッサージをしますが、赤ちゃんの場合はお風呂に入った際、体を石鹸で洗うついでに「優しくなでるように「の」の字を描いて触ってあげる」程度で大丈夫です。

デリケートなので赤ちゃんのお腹を乾燥した手などでこすると肌が傷ついてしまいます。

優しくゆっくりなぞってあげてくださいね。また、ハイハイ前の赤ちゃんが便秘がちの場合には、なるべく多めに寝返りを打たせてあげることで腸が動きやすくなります。

寝たきりの方のための便秘解消マッサージ

病気の方や高齢者の方で寝たきりの生活を余儀なくされていると、食事量や運動量が減り、便秘になりやすくなります。

さらに介護をしてもらう際に遠慮や恥ずかしさから便意を我慢してしまう方が多いそうです。

そうなると腸内環境は増々悪化し、体調は悪くなる一方です。介護をされている方は、お通じがスムーズになるようにマッサージを取り入れてあげてはいかがでしょうか。

基本の「の」の字マッサージをして腸の動きをよくしてあげたあと、ご本人がいきむのと同時におへその左側から肛門の方へ便が動くようにイメージしながら少し強めに押し出してあげてください。

病人や高齢者は腹圧を自分で強くかけられないことがあるので、こうして補助をしてあげるとより排便がスムーズに行われるようになります。

また、お腹を温めてあげるのも効果的です。寝たきりのご本人が一番辛いでしょうから、便秘の苦しみだけでもよく気づいて取り除いてあげたいですね。

ペットのための便秘解消マッサージ?!

今や「家族」という認識が一般化しているペットですが、人間でなくても生活習慣が悪いと便秘になります。

ワンちゃんや猫ちゃんがもしお腹を触らせてくれるなら、お腹を温めてあげたり、軽く上下に撫でさすったり、人間から見て「?」型になるように手を優しく動かしてさすってあげましょう。

一番の便秘解消は食事の改善と散歩でしっかり運動をすることですが、老衰で体力が弱っていたり、ケガや病気で動けないときには飼い主さんがマッサージで補助してあげることも必要でしょう。

マッサージの効果をアップする方法

―腸に直接刺激を与えるのでマッサージだけでもかなりの効果が期待できますが、体の内側から便秘を解消していくために、マッサージ効果をより高める方法をお教えいたします。

マッサージの効果的なタイミングとは?

朝起きてすぐやお風呂上り、そしてトイレに入っている時などが効果的です。

気を付けたいのが食べてすぐは吐き気を催す恐れがあるので控えるようにしてください。食後は2~3時間の間隔を置いてマッサージをする方がよいでしょう。

組み合わせると効果UP!

マッサージと共に、便秘解消に効果のあるツボを押してみてはいかがでしょうか。

おへその両側、指3本分外側には「天枢(てんすう)」というツボがあります。

この部分をゆっくりと痛気持ちいい程度に押します。5秒ほどしたらまたゆっくりと戻しましょう。

これを数回繰り返します。

天枢は便秘解消の他にも胃腸の状態を良くする効果も期待できるので、胃の調子が悪い、お腹が張って苦しいという時に、押してみてください。

3食しっかり食べること!

便秘は食べ過ぎて詰まるものではありません。むしろダイエットなどで十分な食事量、繊維量が確保できないときに便秘がちになります。

特に「食べないダイエット」をしてしつこい便秘に悩まされている人は、むしろ「食べるダイエット」に切り替えてたまった便をどんどん出すことに重点を置くだけで3~5kgならストンと落とすことが可能でしょう。

なぜなら便秘や宿便は軽く5kgほどの重さを持つことがあるからです。これらを解消するには、やはり「食べる」必要があるでしょう。

どんな食べ物が便秘に効果的で、どんな食べ物が便秘を誘発するのか、のちほど詳しく説明いたします。

水を上手に取り入れる

水分不足は便を固くし、便秘になりやすくします。

便秘を解消したい人は、マッサージや食事療法と共に水分を十分に摂取するように心がけましょう。

内臓が冷えると便秘を促進させてしまうので、なるべく夏でも温かい飲み物を飲むようにすると体の中から綺麗になれる基礎ができます。

体が温まると基礎代謝もUPし、痩せやすい体も作ることができますよ。

便秘にならないための生活習慣

―便秘は何より生活習慣の乱れが一番の原因です。

マッサージで一時的には排便を促せても、あなたの生活習慣が乱れたままではまたすぐに便秘を繰り返してしまいます。

この機会に「快便体質」に生まれ変わってみませんか?

適度な運動習慣

腸を動かし、便の排出を促すのに一番手っ取り早いのは適度に運動をすることです。

運動の代わりをマッサージで補うのですが、普段から歩いたりスポーツをしたりする人は、自然と腸が動いて代謝もいいため、便秘もしないし痩せやすい体質を持っています。

冷え性に困ることもありません。あなたの心身の体調不良は適度な運動でかなり改善されるはずです。

ぜひ日常生活に意識的に運動を取り入れてみてくださいね!

白湯を飲む習慣

白湯が身体にいいことはすでに多くの人の知るところですが、朝起きて1杯の白湯を飲むことは便秘の解消にも役立つことをご存知ですか?

朝は水分が不足しているので沸かしてから少し冷ました温かな白湯をゆっくり少しずつ飲むことで、デトックス効果、基礎代謝UP、血行促進、冷え性の改善、リラックス効果などさまざまなよい効果を期待できるのです。

お金もかかりませんし、薬でもないので副作用もありません。朝に1杯、白湯生活始めませんか?

規則正し食事と睡眠

毎日3食、しかもほぼ同じ時間に摂ることによって、体が毎日同じサイクルで動くようになります。

すると、朝登校・出勤する前に必ず排便ができるようになったり、便がお腹に溜まって張るようなことが減るでしょう。

また、規則正しく生活をすることで、ちょっとばかし食べすぎても太りにくくなります。

これは基礎代謝がUPし、便秘も解消されることでエネルギーを効率よく燃焼できるようになるからです。

また、毎日の規則正しい睡眠習慣も便秘解消には欠かせないポイントです。

睡眠不足になると代謝が低下し、疲労やストレスが溜まる一方で、自律神経が乱れるため便秘がちになります。

毎日同じ時間に就寝できるのがベストです。睡眠時間自体も十分に確保してくださいね。

寝る前にお風呂で身体を温めながらお腹をマッサージしてあげるのも良いでしょう。

便秘を引き起こす食べ物に注意しよう

便は食べたものが直接影響します。食べたものが腸に運ばれ、吸収され、エネルギーとなり、そこで出たカスが便になるからです。

以下、便秘解消に役立つ食べ物と、避けたい食べ物を挙げるのでよく確認して食習慣を改善してみましょう!

≪便秘予防・解消に役立つ食べ物≫

  • 発酵食品
  • オリゴ糖
  • 食物繊維をたっぷり含んだ野菜・果物(プルーン、リンゴ、キャベツ、バナナなどが代表的)
  • オリーブオイル

≪便秘を誘発・悪化させる食べ物≫

  • 冷たい飲み物・食べ物(胃腸が冷えると便秘がちになります)
  • コーヒー(飲み過ぎには注意です)
  • 甘いもの(糖分は腸内環境を悪化させる悪玉菌のエサになります)

甘いものが大好きで、コーヒー党なあなたは便秘で困っていませんか?

甘いものはたまの贅沢にし、コーヒーは1日2杯までにするなど、完全に排除するのは難しくても美容と健康のためにも食べるものを調節してみましょう。

宿便になったら便秘薬や腸洗浄に頼ることも必要

宿便で、気づかないうちに体に毒素がどんどん回っていた、なんてことになると冒頭でお話したように救急車のお世話になることすらありうるのです。

そうなるまえに、便秘やお腹の膨満感でお困りの方は、一度病院を受診しましょう。

自分ではどうにもできないほど宿便が固まってしまっている場合には、便秘薬で排出を助けたり、浣腸や腸洗浄で一度腸内をリセットすることも必要かもしれません。

便秘を解消して快適な生活を!

仕事や試験勉強で忙しかったり、ダイエットをしていたりすると生活習慣はいとも簡単に乱れ、あっという間に辛い便秘に悩まされます。

まずは便秘解消マッサージを試し、できるだけ早く規則正しい生活に戻してくださいね。

それでも便秘が解消されなければ、迷わずすぐに病院を受診しましょう。あなたの便秘が一日も早く解消されることを願います。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る