魅惑のアッシュカラー!根強い人気の秘密は一体何?!徹底解剖!

髪の色を変えることでかなり印象が違って見えるもので、イメージチェンジをしたい人にとって髪の色はかなり重要になってきますよね。

その中でも昔から大人気なのがアッシュカラーで、オーダーする人はとても多いんです。

しかし、髪を染めたことが無い人から見ると、アッシュっていったいどんな色なんだろうと疑問に思う人もたくさんいると思います。

これだけ支持の高いアッシュカラー、どんな魅力があるのか、その辺りについて改めて調べてみました。

これからイメージチェンジを図って、髪の色を変えたいと思っている人の参考になれば嬉しいです。

是非、最後まで読んでみてくださいね。

大人気色アッシュカラー、そもそもどんな感じの色味?

よくアッシュカラーに髪を染めるなんて話を耳にすることが多いと思います。

市販のヘアカラーでもアッシュカラーのものが売られているぐらい人気がある色味なんですが、そもそもアッシュとはどんな感じの色味の事をいうのでしょうか。

正直、わからない人も結構いるのではないかと思います。

アッシュ系カラーとは灰色系ブラウン寄りのニュアンスカラーの事を言います。

グレーよりももう少し渋い感じの色味で、灰色に近いブラウン系の感じだと思っておけば良いと思います。

アッシュカラーはヘアカラーしたあとの仕上がりの髪にニュアンスを加え、染めた色に灰色っぽいブラウンに寄せるための色として作られているんです。

言葉ではちょっと伝わりづらいかもしれませんが、それを加える事によって、希望の髪色に落ち着いた感じの灰色っぽい様な、そしてブラウンっぽい様な色が混ざったニュアンスの髪色に仕上がります。

髪を染めたりブリーチすると赤みがかるのが嫌な人は覚えておこう!

髪の毛をブリーチしたり染めたりすると、人によっては思った色が出ないことがあります。

おそらく、想像していたものよりも赤みが強い場合があり、理想と違う仕上がりになることが多くないでしょうか。

特に日本人は髪の性質から綺麗に色が出ず、赤みがかってしまう人が多いんだそうです。

アッシュカラーはその赤みを消すために効力を発揮します。おそらく、アッシュカラーを嫌う人は少ないと言われています。それぐらい良い感じのニュアンスが出る色なんです。

赤みが強い髪の毛がアッシュを加える事で、理想に近い色味になることも多く、それ故に支持がとても高いんですね。

もう人気は10年以上続いている!根強い人気の意味

せっかく美容院に行って髪のカラーを変えたのに、イメージと違う…これほどがっかりすることはないですよね。

ヘアカラーを変えると心機一転、新しい自分に出会えるような気がしますし、おしゃれに敏感な人の多くはヘアカラーを体験しています。

赤みが強く出てしまい、自分の思っていた色味が出ない場合、アッシュカラーを混ぜることで、その悩みは解消することが多いです。

それどころか、アッシュカラーを加える事で、不思議な事に透明感のある控えめなニュアンスグレー系ブラウンに仕上がるんです。

アッシュカラーは髪に落ち着いた印象を与えることが可能で、きちんと染めているのに、品のある洗練されたイメージを出すことが可能と言うことになります。

赤みがかった色合いは痛んで見えて、髪自体にツヤがないと、手入れが行き届いていないヘアケアを怠った髪の毛にしか見えなかったりします。

しかしアッシュカラーを加える事で、透明感が生まれますので、痛みが目立たなくなる事もあるんですよ。

また、ロングヘアの場合、黒髪で伸ばすと重い印象になりがちなのですが、ヘアカラーする際にアッシュカラーを加える事で、痛んだ印象を回避し、そして落ち着いた印象を与え、尚且つ、洗練された色味に変化しますので髪を相当伸ばしていても、重苦しい印象にならないんです。

髪の毛は切りたくないけれども、いつも単調で飽きてくるという方は是非、アッシュカラーが混ざったヘアカラーに挑戦してみてほしいと思います。

それによって髪の長さやカットをしていないのにも関わらず、垢抜けたちょっと抜け感のある良い雰囲気のイメージチェンジになる可能性が高いですよ。

残念ながらデメリットも…明るめアッシュは長持ちしない…

アッシュカラーの髪色、とても気に入っているのに長持ちしない…そんな事を言う人もたくさんいます。

実はアッシュカラーは、比較的持ちが悪いと言われています。

気に入った色こそ長く持たせたいのですが、その辺りに関しては期待に反して色落ちが早いですので、出来るだけ色を持たせる為にはどんなシャンプーを使ったら良いのか、日頃から気を付けてる事などを美容師さんにしっかりと聞いておくようにしてください。

髪質の影響もあり、個人差がありますが、出来るだけ長く色を楽しみたい方は日頃のケアを怠らない様にしてくださいね。

日頃からきちんとヘアケアを行うだけで、髪は期待に応えてくれることが多いですよ。

髪の毛そのものが痛んでいると綺麗に発色しない可能性も

アッシュカラーが入ったヘアカラーで綺麗な髪の色にしようも思っても、髪の毛自体が痛んでいたら、色が綺麗に出ない事もありますので、損傷が酷い場合は、満足しない出来上がりになる可能性があります。

日頃からきちんとトリートメントなんどをかかさず、ドライヤーやヘアアイロンなどで負担をかけないように心がけている方は色が入りやすいと言われています。

しかし、おしゃれをするが故にヘアアイロンなどでスタイリングを繰り返しているとどうしても髪の毛にダメージがあり、期待通りにならない事も結構あります。

必ずこの先、髪を染めたりする事があるとわかっている場合は、毎日必ず面倒でもケアをする事が大切となります。

ヘアカラーが得意な美容師さんを探す事は大切!

外を歩いていてあの人の髪の色、綺麗だなと思ったらアッシュカラーが入っている可能性が高いです。それぐらい、ずっと流行っている色味になります。

気になる方はアッシュカラーのヘアカラーが得意な美容師さんを探して、そこで色を入れてもらうようにしましょう。

しっかりと希望色を伝えて、その通りになるのかどうか髪質を見て判断してくれる誠意のある美容師さんがベストです。

美容師さんの評判は、インターネットなどの口コミなどでしっかりと調べてから行くようにしてくださいね。

失敗すると落胆度も大きいです。そんな事が無いように、下調べをしっかりとする事をお勧めします。

結論!おしゃれな人は髪の毛の色をオーダー!

髪の毛を染める事自体、今では本当に極普通の事になりました。

誰でも染めているのが当たり前で、それ故に、ちょっと素敵なカラーでないと没個性になってしまう怖さもあります。

全く染めていない人より、黒髪の人の方が個性的なんて事も言われているぐらいです。

アッシュカラーにしても、超人気色となりますので、自分がこうなりたいというオリジナルのカラーで染めるのが一番素敵でしょう。

ヘアカタログやインターネットなどからプリントアウトして、そこからカラーを選ぶのも良いのですが、やっぱり、自分の好きな色、似合う色にアッシュカラーを入れてオリジナリティ溢れる色を作ってもらう事がお勧めです!

人にその髪の色、素敵ね!と言われると嬉しいじゃないですか。

ただ、アッシュ入りヘアカラーを作る場合は、自分の顔立ちに似合った色味を作ってくださいね。

肌の色が沈んだり、透明感が失われたり老けてみえるようだといくらおしゃれな色味であっても失敗になります。

そうならないように、髪質と顔色、そして、ヘアスタイルすべての面に於いてベストカラーで染めるようにしてください。

それでますます素敵な自分を演出する事が出来ますよ。

髪を染めることに抵抗がある方も、勇気を出してイメチェンしてみませんか。

昨日とは違う自分に出会える事、間違いないですよ!”

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る