汗はよくかく方がいい!実はメリットが大きい汗っかきの人の特徴

汗シミ、脇汗、汗臭、汗っかき。汗に関する悩みは多岐に渡ります。

さらに、汗を「かけない」という悩みも最近は増えてきているのです。

そこには現代の便利な社会環境が関係しています。あなたが汗をかきすぎる、または全くかけない原因を知り、対処策を考えていきましょう。

まずは汗について知ろう!汗の基礎知識

―汗はどうしてかくのでしょうか?汗をかいて気持ちがいいと思う時と、不快に思う時がありませんか?

匂いがある時やさっぱりと無臭な時、べとべとする時やさらさらする時、いろんな汗があるのはなぜでしょうか。

まずは汗とは何かを知って、あなたの汗の悩みに切り込む準備をしましょう!

汗とは何者なのか

汗は成分の99%が水分なので、ほぼ水のようなものです。

実際には血液中の「血しょう」というものが汗として排出されるのですが、血液の一部を体外にしみ出させてまで汗を流す理由はずばり「体温調節」です。

汗は人間の脳や内臓機能が最も働きやすい37℃前後に保てるように体温を調節するため、汗腺からしみ出て気化熱によって体を冷やす役割を持っているのです。

どんな時に汗が出る?

皆さんは汗をどんな時にかきますか?汗と言えば、まず暑いときにかきますよね。

運動をしたり、活動量が多いときにも全身が汗ばむ人が多いでしょう。

また、熱いラーメンを食べたり、激辛フードを食べたりしても顔や体に汗が噴き出てきませんか?

緊張や強いストレスで手汗脇汗が止まらない、という人も中にはいらっしゃるでしょう。

ひやっとしたときの「冷や汗」や、痛みに耐えるときなどにかく「脂汗」、運動してかく爽やかな汗など、汗1つとっても様々な汗が存在します。

汗の匂いの正体は?

実は汗の成分の残り1%は鉄分やカリウムなどのミネラル分と塩分でできています。

それらは先ほどの99%の血しょうと共に汗腺に送られてくるのですが、ミネラル分は普通は再び血液の中に吸収されて戻っていきます。

つまり、汗として出てくるのは水分とわずかな塩分のみとなるのです。

運動などをしてかく爽やかな汗(いい汗)は、このようにただの塩水なのでさらさらとして匂いもありません。

一方ストレスが溜まっていたり、脂っこいものを食べすぎていたり糖分過多の状態が続いていると汗腺の機能が低下し、その結果ミネラルが血液に再吸収されず、汗と一緒に皮膚表面に染み出てきます。

これがべたべたする汗、脂汗などの悪い汗の原因です。

このミネラルや皮脂が混ざったものを皮膚表面の雑菌がエサとして食べることで、雑菌が繁殖し、悪臭に繋がってしまいます。

また汗腺には2つの種類があるのですが、体温調節の機能としての汗はエクリン腺が担い、もう1つのアポクリン腺はいわゆるフェロモンを発するための汗腺と言われています。

またエクリン腺から出る汗と違い、塩分をあまり含まないため菌が繁殖しやすいのが特徴です。

ようするにアポクリン腺から出る汗が体臭やワキガの原因の1つということです。エクリン腺から出る汗による匂いはただの「汗臭さ」ということになりますね。

汗が塩を吹くのはなぜ?

先ほど説明した「悪い汗」が原因の1つです。ミネラル分がきちんと再吸収されないため、べとべとした汗になり、塩分を大量に含んだ汗となってしまうためです。

もう1つの原因として、汗腺機能が健康であっても過激な運動をした際に一気に汗が噴き出ると、再吸収の速度が追いつかず、そのままミネラルが流れ出してしまうために塩をふいてしまうことがあるためです。

汗っかきな人と汗をかけない人がいるのはなぜ?

汗は汗腺から染み出てきますが、実は汗腺の数は人によって大きな差があります。

1平方cmあたり100個~600個という差があり、これは幼少期にどんな環境で育ったかによって変わってきます。

寒い地方で育った人よりも、熱い地方で育った人の方が、体温調節のために必要な汗腺の数が多くなるのです。

汗をかきすぎる原因とは

1つに「多汗症」と呼ばれる病気が原因の場合があります。

これは動いていなくても、また暑い環境でなくても汗が大量に出てくる病気で、暑さや運動などで汗がたくさんでる汗っかきさんとは違います。

緊張やストレス、不安などで手汗や足裏の汗、脇汗などをかく人も多汗症です。

そのほか汗が大量に出るものとして

  • 甲状腺機能亢進症
  • 代謝異常
  • 精神伝達系の障害

などが考えられます。汗関係で困っている方は一度医師の診察を受けることをおすすめいたします。

汗っかきの原因としては、日常的に運動をしている人や代謝がいい人は汗腺が鍛えられ、それによって良い汗をたっぷりとかくようになっています。

よい汗なら積極的にかきたいものですが、かきすぎて困っているのならヨガなどのゆったりとした有酸素運動でじっくりじわじわ汗をかいてみるとよいでしょう。

また、自律神経が乱れていたり、肥満によって体に熱がこもりやすく体温調節の必要に駆られている場合には、普通の人より汗をかきやすくなります。

更年期の場合も同様に、体のほてりなどから汗をかきすぎる場合があります。

汗をかけない原因とは

汗をかけない人も病気の可能性があります。「免疫機能低下症」などがその例です。

汗をかけない人は代謝が悪く、そのため老廃物をうまく排出できません。すると免疫機能が低下し、体が菌やウイルスに弱くなってしまいます。

これは海藻やヨウ素サプリメントの摂りすぎなどが原因でかかることのある病気です。

また太り過ぎの人も代謝が悪くなるので汗をうまくかけない原因となります。

単純に運動不足や体を冷やす生活習慣が原因である場合もありますが、現代社会で最も問題となっているのはエアコンのきいた快適な環境に一年中いることです。

快適な温度設定は人間から汗をかく機会を奪い、汗腺は次第に退化していきます。

すると汗をかきたくてもかけない体になってしまうのです。汗がかけなくて最近体もだるい、という方は一度病院を受診してみてくださいね。

汗っかきさんの悩み

―汗をかくことは健康にとてもよいことですが、 日常生活で支障をきたすほどの汗が出てしまっては困りものですよね。

汗っかきさんはどんな悩みを持っているのでしょうか?あなたにも当てはまるものがあるかどうか見ていきましょう。

服にできてしまう汗のシミ

汗っかきさんのシャツはいつも汗シミが絶えません。

特に色のある服を着ると汗をかいているのが一発で見抜かれてしまうため、恥ずかしくておしゃれもおちおち楽しめません。

電車に乗る時にはとくに白か黒以外の服を着るとつり革を掴んだときに脇汗がしっかりバレてしましますよね。

汗っかきな女性が悩む一番深刻なポイントではないでしょうか。

不潔に思われないか心配

「汗っかき=不潔」というイメージを持つ人が多いので、さらさらの良い汗をかく人でも「自分も不潔だと思われているのではないか」と不安がっている場合があります。

周りから見て心配になるほどだらだら汗を流していないかぎりは、無臭のさらさら汗は周囲もそれほど気に留めません。

「暑いのかな」くらいにしか思われませんので、気にする必要はないでしょう。

ウエットティッシュや制汗シートなどでこまめに拭きとってあげると、残留した汗がさらに匂いを発することがなくなるので、「汗をかいたら拭けばいい」というだけのことです。

不潔ではありません。

汗臭さが気になる

汗臭さは「悪い汗」の場合に発生します。

ミネラルが溶けだしてべたべたした汗は蒸発しにくく、皮膚表面の雑菌のエサにもなり、菌が繁殖することで汗臭さが生じます。

こまめに拭いてあげることで汗臭さは気にならなくなりますし、適度な運動でいい汗を流してあげることで汗腺のつまりが解消し汗に匂いがつかなくなります。

また、普段の食事が肉食や油っぽいものに偏っていないか見直してみてください。

過剰な油脂や甘いものの摂取は体臭の原因にもなるので「臭さ」を消したい場合には食生活も気にしてみましょう。

手汗がすごくて手を握れない

彼氏といると緊張する。緊張すると手汗が酷い。

手汗が酷くて手を握れない!そんな辛い症状に悩まされている汗っかきさんもたくさんいます。

手汗など、局部的な緊張性の汗をとめる方法は次の対処策の項で説明致します。

汗っかきさんが汗をかかなくなる方法と対処策

汗っかきさんの悩みは、「汗は健康!」という一言では片づけられない辛いものがありましたね。

特に女性の場合にはそれは輪をかけて辛い症状。

どうにかして汗をかかなくなりたい、少なくとも「普通の量の汗」をかけるようになりたい。

そんな方のために、汗をかかなくなるための方法と、汗に対する対処策についてご紹介いたします!

リンパ節を冷やして体温を落とす

汗をかく理由は体温を下げるためでしたね。

そこで有効なのはリンパ節を冷やして、血液の温度を下げることによって体温を落とし、汗をかく必要がない状態にしてしまうことです!

よく冷えたペットボトルやハンカチに巻いた保冷材などを脇の下や首の後ろ、鼠径部(足の付け根)や鎖骨部分に当ててあげると次第に体温が落ち着いてきます。

夏の暑い季節、熱中症対策にもおすすめですよ。

汗をかかなくなるツボを刺激する

身体の熱を鎮静させてくれるツボがあります。簡単に見つけられるものを2つご紹介しますので、さっそくやってみましょう!

≪合谷(ごうこく)≫
さまざまな症状に効く万能のツボとして有名なツボです。手の甲で、親指と人差し指の骨が交わる部分に反対側の親指の腹を当ててぐっと差し込むと、ちょうどくぼみに指が入り込むかと思います。そこが合谷です。5秒ほどかけてゆっくりと若干強めに指圧してあげてください。何度か繰り返します。
≪後谿(こうけい)≫
肩こりや腰痛を鎮めるツボとしても知られています。手のひらを見ると、小指側の側面から横に走る腺がありますよね。そのうち一番くっきりとして長い線が手相で言うところの感情線なのですが、その端っこ、線の始まりの部分が後谿です。こちらもゆっくりと5秒ほど押す指圧を数回繰り返してください。

どうしても汗が気になる人は漢方を飲んでみる

多汗症の原因は様々で、精神的なもの、食生活、肥満によるもの、遺伝性、ホルモンバランスなどがあります。 また、発汗の部位も、全身性多汗症と、頭部、顔面、手足、腋などの局所性多汗症があります。 漢方では、その原因を探り、また部位を考え、さらに体質を総合的に判断して漢方薬を選定します。体表の汗腺をコントロールする力を高めたり、水分代謝を良くして汗を少なくする、自律神経のバランスを整えるなど、多くの処方があります。

多汗症など、病気に分類される場合には体質改善のためにお医者さんや専門カウンセラーの指導のもとで漢方を飲んでみるのはいかがでしょうか。

漢方はすぐに効果が出るというよりも、根本的な体質改善を目指すもので、あなたに合ったものを服用することで身体に大きな負荷をかけずに治療することが可能でしょう。

汗取りインナーを使用する

汗取りインナーというものをご存知ですか?

キャミソールやタンクトップタイプ、さらに半袖やフレンチスリーブタイプなどさまざまなインナーの脇の部分に、脇汗をキャッチし、乾かし、消臭までしてくれるシートやパッドがついているものです。

速乾性、消臭性にすぐれ、見た目にも違和感がないインナーが数多く存在するので、ご自分に合ったタイプのものを探してみてはいかがでしょうか。

おしゃれなデザインのものもありますよ!

緊張に強くなる

緊張やストレスにさらされると大量の汗が噴き出してくるという方は、ご自分に合ったリラクゼーション法や呼吸法を身につけ、いつでも「リラックススイッチ」1つで体からも心からも力を抜けるようにトレーニングすることが有効です。

特におすすめなのが、「吐く」ことを意識してゆっくりと時間をかけて深呼吸することです。

繰り返すことで、自然と副交感神経が優位になり、緊張状態から脱することができるようになります。

毎日、ストレスを感じた時や夜寝る前、朝起きて鏡の前に立った時など、ことあるごとに練習してみてください。

呼吸を整えることが、あなたの自律神経の乱れを整えていくカギになります。

汗をかけない、かきたい方のお悩みとは?

なかなか汗をかけなくて困っている人も存在します。

汗っかきさんからしたら、汗をかけない人は「何が問題なんだろう?」と思ってしまうかもしれませんが、汗をかけない方々も深刻な悩みを抱えています。

どんな悩みがあるのか見てみましょう。

汗がかけないと代謝が悪くなる

汗をかけない人は基本的に代謝がすこぶる悪く、汗をかけないだけでなく脂肪の燃焼もしにくいため、

  • 食べないのに痩せない
  • 疲れやすい
  • むくみやすい
  • 冷え性

といった種々の悩みを持っています。

代謝の悪さは体に毒素である老廃物を溜め込むことになるので、疲労物質が出やすく、免疫力も低下し、原因不明の身体のだるさや意欲の低下を招きます。

すっきりと汗をかければ気持ちがいいのに…というのが汗をかけない人の夢なのです。

老廃物が溜まっている気がして心配になる

あまりにも汗が出ないとそのものずばり、「出なきゃいけないものが出ていないんじゃないか?」という疑問が生じます。

よく「デトックス」というときに汗をいっぱいかくことが奨励されていますよね。

汗をかけないとデトックスができていない、つまり老廃物が溜まっていて、むくんだりセルライトをつくったりするのではないかと不安になるのです。

冷え性が酷い女性は汗と関係がある

汗をかけない人は体温が上がるときに汗によって体温を下げることができません。すると夏の暑い時期には体の中に熱がこもり、熱中症にかかりやすくなります。

「あれ?熱中症と冷え性って真逆じゃない?」とお思いになりましたか?体に熱がこもるので、汗をかけない人たちはクーラーがしっかりきいた室内にこもりがちです。

外気との差が激しい場所にい続けることで、次第に体の温度調節機能が麻痺していきます。

それが原因で慢性的な冷え性につながることがあるのです。

また、単純に代謝の悪さが血流を悪くし、冷え性に繋がっている場合もあります。本来かくべき汗をかけないことは、とっても不健康なことなのです。

汗がかけないと体臭がきつくなることがある

汗がかけない人は体臭がきつい場合があります。

本来汗の水分と共に流されるはずの老廃物や皮脂が皮膚の雑菌と共に汗腺に閉じ込められていると、中で雑菌が増殖し悪臭の原因になるからです。

匂いがきついからと制汗剤やデオドラントクリームを塗りたくってしまうと増々汗腺をふさいでしまい逆効果です。

汗をかかないで体臭に困っている人は、一度病院に相談してみることをおすすめいたします。

肌荒れが酷くなる

汗っかきさんの方が肌荒れが酷いと思いましたか?

実は、老廃物が体内にたまりにたまっている「汗をかけない人」の方がずっと肌荒れに悩まされやすいと言えるのです。

冷え性やリンパの停滞も肌荒れに拍車をかけます。

肌荒れにお困りの方は、体質改善を図り、代謝をよくすることによって汗もかけるようになり、肌も元気を取り戻せるはずです。

汗をかきたい方が汗をかけるようになる方法

―汗をかきすぎる人よりも、実は健康的に不具合をたくさん抱えてしまう汗をかけない方々。

汗をかきたい方が汗をかくにはいったいどうしたらよいのでしょうか。その方法をお教えいたします!

代謝をよくする

まず何よりも代謝をよくするために体質改善に乗り出さなくてはなりません!基本は以下の3つです。

  • バランスの良い食事
  • 規則正しい生活
  • 適度な運動

1つずつ確認していきましょう。まずは体を作る食事についてです。代謝をよくしてくれる食べ物の代表に、ビタミンB群があります。

身近なものだと豚肉、豆、卵、牛乳などに含まれており、たんぱく質や代謝を促すアミノ酸も摂取できるので毎日必ずこれらの食品を積極的に取り入れてみてください。

脂肪や糖質を上手に代謝できるようになります。

摂りすぎると免疫機能低下症の原因になりうる「ヨウ素」ですが、汗をかけない代謝の悪い方にはこのヨウ素を含む海藻やサケ、イワシなどの適量摂取をおすすめします。

次に規則正しい生活の重要性です。

毎日同じ時間に就寝し、十分な睡眠時間と睡眠の質を確保し、同じ時間に起き、食事も三食バランスよく、だいたい同じ時間に摂るようにするだけで、人間の基本的な体の機能は十分整ってゆきます。

サプリメントや健康食品で栄養やパワーを補わなくてもです。それほど、規則正しい生活が健康を作る一番のポイントだということです。

最後に適度な運動の重要性です。現代はデスクワークや立ちっぱなしの仕事が多く、特にそれは働く女性に顕著に見られる傾向です。

一日中同じ姿勢を続けていると血行やリンパの流れが滞り、代謝が落ち、体調が悪くなり、太りやすくもなります。

肩も腰もこりますし、足がむくんでぱんぱんになります。そんな不調を一挙に解決できるカギが、毎日の適度な運動です。

たった5分の駅から家の距離を歩くだけでも良いのです。

マンションのエレベーターを階段に変えるだけでも良いのです。ダイエットと思うからなかなか続きません。

ぜひ、「血を流す!」「細胞に酸素を送る!」といった具合に、自分の健康に直結する意識で身体を動かしてみてください!

発汗作用のある入浴剤を利用してみる

お風呂に入る時には誰しも体中が温まって汗腺が開きやすく、自然にしっとりと汗がかけるものです。

しかし日常的にたまりにたまっている老廃物をがっつり排出したい!という方や、お風呂に入るくらいじゃ全然汗とか出ない!という方には、お風呂に発汗作用のある入浴剤を入れてみてはいかがでしょうか?

おすすめは天然由来のバスソルトです!

塩は発汗作用だけでなく、毛穴の汚れを浮かせたり、殺菌効果や保湿効果、保温効果もあるのでぜひおうちでバスタイムを楽しむときにはバスソルトをお試しください。

これで汗がかければ万々歳ですね。

汗腺トレーニングを取り入れる

普段から汗をかけるようになるためには汗腺を地道に鍛えていく必要があります。

代謝をよくすることも重要ですが、エアコンのききすぎている部屋の温度を上げたり、時々はエアコンをつけずに自然の風や扇風機を利用して耐えてみましょう。

最初は辛いかもしれませんが、水分をしっかり補給しながら温かい環境に汗腺を慣らしていきましょう。

そのほか半身浴でぬるめのお湯にじっくりつかることも汗腺トレーニングになります。

時間と余裕があればスパに行ってサウナや岩盤浴で心も体もリフレッシュしながら汗腺を鍛えるのも良いですね。

つまり汗腺トレーニングとは、日常生活の中で汗をかく機会を多くつくることで麻痺した汗腺を呼び覚まし、正常な働きを取り戻させようという趣旨のトレーニングです。

汗を適度にかけるようになろう!

汗は「かきすぎ」も「かかなすぎ」も辛いということがわかりましたね。

今回ご紹介した汗を止める方法や汗をかきにくくする方法、汗をかけるようになる方法をぜひ試してみてください。

それでもなかなか改善せず、辛い症状が続くのであれば、無理をせずなるべく早めに病院を受診しましょう。時にはお薬に頼ることも必要です。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る