コレ1つでスキンケアは完璧!オールインワンゲルの肌ケアポイント

化粧水に乳液、さらに美容液や保湿クリーム、と毎日のケアは結構大変ですよね。

仕事や子育てで忙しい女性にとって、ケアの時間すら惜しいことも少なくありません。

そんなときに便利なのがオールインワンゲル。

これひとつで基本のスキンケアはもちろん、化粧下地効果やUVカット効果があるものも!旅行に持って行くのもオススメです。

ここではオールインワンゲルについて詳しく説明しています。

上手にオールインワンゲルを使って、手軽に美肌を手に入れちゃいましょう!

オールインワンゲルとは?

最近よく耳にするオールインワンゲルとは、それひとつだけで洗顔後のスキンケアが完了する便利なアイテムのことです。

オールインワンゲルには、化粧水、乳液、美容液、クリームなど基礎化粧品の機能が一つになっています。

美白やエイジングケアなど商品によって機能が追加されますが、基本的な機能は保湿です。

オールインワンゲルは、油分が少ないのでベタつきが少なく、みずみずしい使い心地が特色です。

オールインワンゲルを使うことで肌負担を減らせる

毎日のスキンケアにオールインワンゲルを使うメリットは3つあります。

  1. 時短
  2. コストパフォーマンスに優れている
  3. 肌負担を減らせる

時短になることやコストパフォーマンスに優れていることはもちろんですが、肌負担を減らせることも大きなメリットです。

あなたが考えている以上に肌は繊細

肌はとてもデリケートです。

洗顔後にいくつものスキンケア用品でケアしていると、そのたび摩擦によって肌を刺激してしまうことになりかねません。

摩擦による刺激は、肌荒れやメラニンが過剰生成されて色素沈着を起こしてしまうこともあります。

オールインワンゲルを使うと、洗顔後のスキンケアで肌に触れる回数が減らせて、肌への負担も大きく減らせる、というわけです。

オールインワンゲルでケアするときにも、肌にはできるかぎり優しく、なでるようにケアすることが大切です。

オールインワンゲルの効果的な使い方

オールインワンゲルの使い方は、通常のお手入れと基本的には変わりません。

朝夜の洗顔後に、決められた量を手のひらに広げて顔全体に優しく伸ばしていきます。

朝は、オールインワンゲルを塗りすぎず、メイクの直前に塗るのはできるだけ避けることがポイントです。

ケア直後は肌にオールインワンゲルが残った状態なので、化粧下地やファンデーションを塗るとよれてしまいます。時間をおいて、肌にゲルが浸透しなじんでからメイクしましょう。

夜は、入浴後のまだ肌がしっとりしているうちにオールインワンゲルを塗ります。

また、スペシャルケアとしてパックとして使うこともオススメです。

入浴後にオールインワンゲルをいつもより多めに肌に乗せ、そのまま5分程度おき優しくふき取るかぬるま湯で洗い流します。

朝はUVカット効果のあるものを、夜は保湿効果の高いものを、というように使い分けるとより効果を感じられます。

オールインワンゲルのデメリット

いいことづくめのようなオールインワンゲルですが、デメリットもあります。

単体で使う以上の効果は得られない

オールインワンゲルは、水分補給や保湿、美白、アンチエイジング、UVカット、化粧下地など多目的な機能を持っています。

多目的がゆえに、どれか突出した機能を持つわけではなく、それぞれの機能を平均的に持ち合わせているのがオールインワンゲルの特徴です。

それがメリットでもあるのですが、やはりそれぞれの効果は単体のケア用品で使うほどは得られません。

気になる肌悩みがある場合には、オールインワンゲルだけのケアに追加して悩み別のケアアイテムを使うことをオススメします。

肌の状態や季節に合わせたケアやピンポイントなケアがしにくい

いくつもの機能を持つオールインワンゲルですが、それぞれの機能を調節して使うことができません。

今日は乾燥しているから保湿をしっかりしようと思っても、そのまま塗るだけでは微調整できないのがオールインワンゲルの弱点でもあります。

また、ニキビやシミ、シワなどの悩みにはオールインワンゲルは向きません。

多機能なオールインワンゲルですが、得意なのは全体的なケアでピンポイントなケアは苦手なのです。

ケアアイテムをプラスしたり重ね付けしたりして使うことで、オールインワンゲルの弱点をカバーして使うとよいでしょう。

肌トラブルの原因となることも

機能が多いということは、それだけ含まれる成分も多くなるということ。化粧水の成分ではトラブルが出なくても他の成分で出てしまう、なんてこともあります。

特に敏感肌の方は、使用前にパッチテストをしてから使いましょう。また、使われている成分を確認することも大切です。

自分に合ったオールインワンゲルの選び方

さまざまな種類のオールインワンゲルがありますが、なんとなく選んでいる人も多いもの。

自分の肌に合ったものを選ぶことがケア効果を高めるポイントです。

配合成分を確認して選ぶ

まずは配合成分に注目して、オールインワンゲルを選びましょう。

  • 保湿なら、ヒアルロン酸、コラーゲン、植物性セラミドなど
  • 美白なら、ビタミンC誘導体、プラセンタ、リノール酸Sなど

敏感肌の方は、まず保湿効果がきちんとあるかどうか確認しましょう。

オールインワンゲルに限らず、美白成分や乳化剤、防腐剤が刺激になって肌が荒れることもあるので注意が必要です。

プラスアルファのアイテムも用意しておく

オールインワンゲルだけで大丈夫と考えず、自分の肌の状態や季節に応じてアイテムをプラスすることも必要です。

肌トラブルのあまりないときはオールインワンゲルのケアのみで、乾燥や美白のケア効果を高めたいときはプラスアルファのアイテムを使うとよいでしょう。

オールインワンゲルはドラッグストアなどでも購入できます。

他にもインターネットなどの通販を利用すると返金保障やトライアルサイズなどもあるので気軽に試して自分の肌に合ったものを選びましょう。

オールインワンゲルで手軽に美肌を目指そう

オールインワンゲルは、時短やコストパフォーマンス、肌摩擦の少なさなどの面からオススメできます。

一方では何もかも含まれているからこそのデメリットも。きちんと理解した上で使うことが大切です。

自分の生活スタイルや肌の状態などから、オールインワンゲルでのケアが向いているのか、どんなタイプのオールインワンゲルが向いているのかなどしっかり考えてから選ぶことが大切です。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る