8時間ダイエット成功の秘訣!ラクにゆるく、健康的に痩せよう

努力せずに痩せる方法はない。わかっていても、できればラクして痩せたいですよね。以前話題を集めた8時間ダイエットはいかがでしょうか?

1日のうち食事をするのは8時間、残りの16時間は食事せず水分のみというシンプルなやり方です。

これだけで「1週間で-2kg」「2ヶ月で-5kg」など痩せた口コミ多数!「でも毎日なんて続かなそう…」そう思ったら、ゆるくやっていきましょう。

ゆるいやり方でも結果を出すためには、注意点に気をつけながら続けていくことです。痩せる仕組みや注意点の解説と、ゆるく続ける方法の提案をしていきます。

8時間ダイエットの基本的なやり方

1日のうち食事時間を8時間以内におさめる。これだけです!

もともと朝食抜きの人は、ハードルが低いですね。12時から昼食をとったとして、20時までに夕食をとり終えればOKです。8時間の他の例として

  • 7時に食べ始める→15時までに食事を終える
  • 10時に食べ始める→18時までに食事を終える

「え?仕事の関係で絶対に無理…」という人も、後半でルールをゆるめるやり方をご紹介します。ゆるく続けても結果が出たという口コミも多いのです!

食事内容に制限はなく、8時間以内なら基本的に何を食べてもOK。比較的短期間で結果を出せる人が多く、お肌や胃腸の調子まで良くなったと感じる場合も!

食べ物を口にしない16時間も、水分はとれます。目安として1日約2ℓはとりましょう。水、白湯、お茶、無糖の炭酸水。ブラックコーヒーや無糖紅茶、酵素ドリンクなども飲めます。

1日のうち、「食事する8時間」をどこに設定するかがポイントになります。自分の体調やライフスタイルに合わせて選ぶとよいでしょう。

より効果を高めるためには

1日のうちに、以下の中から最低2点を選んで食べる

  • 卵、魚、肉類(脂身の少ない物、もしくは脂身をカット)
  • 乳製品(ヨーグルト、チーズ、牛乳など)
  • ナッツ類(アーモンド、くるみ、ピーナッツなど)
  • 豆類(大豆製品、枝豆、黒豆など)
  • ベリー系の果物(いちご、ブルーベリー、ラズベリーなど)
  • 明るい色の果物(りんご、みかん、メロンなど)
  • 葉物の野菜や緑黄色野菜
  • 穀物(玄米、全粒粉のパン、シリアルなど)

栄養バランスのよい食事につながり、代謝を高めます。

1日10分程度の有酸素運動をする

通勤含み仕事内で歩いている人は、特にしなくてもOK。普段の運動量が極端に少ない人は

  • 買い物に歩いていく
  • 家でテレビを見ながら踏み台昇降やエアージョギング
  • 散歩をする

などを取り入れてみましょう。脂肪燃焼効果が高まりますよ!筋トレも行うと、さらに効果的です。

どうして痩せるのか、その理由

「痩せた」という口コミが多いですが、そもそもどうして痩せるのでしょう。仕組みをご説明します。

摂取カロリーが減る

「8時間は食事してもいいよ」と言われても、8時間ずっと食べ続ける人はなかなかいませんよね。よって摂取カロリーが減り、体重が減るという仕組みです。

また、比較的自由に時間が使える人以外は、1日2食になる場合が多いです。

栄養バランスのよい食事であれば1日2食でOKと言う医師もいますし、健康を気づかって1日2食という人も見られるようになってきていますね。

胃腸の調子がよくなる

食事をすると、食べた物を消化・吸収しようとして胃腸がフル活動します。消化の悪い食事、頻繁な間食などは胃腸を休ませることが少なくなり、機能を衰えさせます。

1日16時間胃腸を休ませることは、胃腸の回復力や持続力を高めるのです!

「便通がよくなった」という口コミも多いです。便秘に悩む女性は多いですが、便通がよくなるだけでも痩せる人はたくさんいます。

もともと便秘ではないという人も、腸内環境を整えると痩せやすくなります。血流・代謝がよくなり、不要な脂肪をたくわえずに済むのです。

また、腸の調子を整えることは、美肌・美髪づくりや免疫力を高めることにもつながります。美容と健康にも嬉しいのですね。

代謝酵素の働きで、脂肪が燃焼しやすくなる

人間の体内でつくられている酵素は2種類あります。「消化酵素」と「代謝酵素」です。

胃の中に何もない状態は、消化吸収に必要な消化酵素を使わせずに済みます。これにより代謝酵素がより働くようになり、以下のような効果が得られます。
  • 代謝の促進
  • 有害物質の除去
  • 免疫力の強化

つまり、エネルギーを消費し、脂肪が燃焼して痩せやすい体になるというわけです!

失敗した口コミ…考えられる原因

「全く痩せない」「かえって太った」…。失敗してしまった口コミも当然あります。でも原因はだいたい想像できますので、4つに分けてご紹介します。

摂取カロリーの増加

1日に摂取するカロリーが、ダイエットを始める前と変わらないかそれ以上になった場合です。たとえば以下のようなことが挙げられます。

  • 揚げ物など、油分を多く含む食事ばかり
  • 炭水化物に偏るなど、栄養バランスが悪い食事
  • ファストフード、お菓子などカロリーの高い物だけで満腹にする
また、16時間あけた直後は吸収がよくなっているので、ここでカロリーの高い物をどんどん口にすると太りやすくなります。

よく噛んで食べる、野菜や海藻類から食べ始めるなどを心がけましょう。ほんの少しの努力が、成功に導くカギとなりますよ!

ストレスによる甘いものの食べすぎ

ストレスは目に見えないもの。自分で気づかなくても、それまでと違う食生活がストレスになり、甘い物を食べることが増えたケースです。

お菓子だけでなく、甘い飲み物、甘いお酒の摂りすぎには注意です。特に洋菓子はバターや生クリームが使われている場合が多く、カロリーを跳ね上げます。

「何をどれだけ食べてもOK」と言われても、極端な食事内容はおすすめできません。

健康にも悪いですし、カロリーの高い物に偏った場合ダイエットの失敗につながるからです。

もともと似たような食生活

もともと朝食をとらない日が多い、夕飯は軽めという人もいると思います。もともと似たような食生活だった人の場合、大きな変化が感じられないこともあります。

反対に、もともと「起きている間はだらだら食べ続ける」「毎日3食たっぷり食べる」などの場合は、結果が出やすいと言えるでしょう。

空腹がつらく途中で挫折

16時間食べないことは、「思ったより平気」、「空腹がつらい」…人それぞれです。

空腹に耐えられず食べてしまい、そのまま8時間ダイエットをやめてしまう人もいます。

ただ、「めまいがする」「極端な集中力の欠如」など、日常生活に支障が出るほどの場合はストップしましょう。

ダイエット法には向き不向きがあります。他のダイエット法をみつけましょう。

空腹を楽しみながら乗り切る方法

「食べたい!でも我慢…」という時もあるでしょう。「我慢」と言うと、苦痛に結びつきがち。どうせなら、楽しみながら乗り切りましょう!

水分をとることを楽しむ

水、お茶と一言で言っても、さまざまな種類の物が販売されています。これを機にいろいろ試してみるのはどうでしょう?

ブラックコーヒーや無糖紅茶も、種類によって微妙に違い面白いです。

また、温かい飲み物の方が精神的に落ち着き、満足感がアップしますよ!体を冷やさないので、美容にもよいですね。

氷を噛む、炭酸水を飲む

氷を噛むことでも、食欲を多少抑えられます。噛むように口を動かす「エア噛み」でもOK!

歯磨きをすると空腹感が和らぐという口コミもあり、どうやら口を動かすことがよいみたいですね。

また、炭酸水を飲むとお腹が満たされやすくなります。もちろん無糖の炭酸水にしましょう。

アロマオイルの香りを楽しむ

好きな香りを嗅ぐとリフレッシュできますよね。食欲を抑えてくれる香りもあるので、それを楽しむのもよいでしょう。

  • グレープフルーツ、ペパーミント、シダーウッド・・・食欲を抑える
  • オレンジ、レモン、イランイラン、ベチバー・・・食欲をそそらず、気持ちを落ち着かせる

個人的には、やさしい香りのゼラニウムがおすすめです。

ストレス軽減と前向きな気持ちになる効能があります。ホルモン分泌の調整をし、むくみや美肌にも効果が期待されます。

好きなことを楽しむ

好きなことに夢中になっていると、空腹を忘れやすくなります。ただ、テレビ・音楽鑑賞など体を全く動かさなくてよいこと、外をぶらぶら歩くことなどは、比較的食事の誘惑に負けやすいです。

読書やネット、ゲームなど、手先だけでも動かせることの方がよいでしょう。ものづくりや楽器演奏などの趣味があればなおよいですし、歌うこともストレス発散になりますよ!

また、お風呂に入ると食欲が多少抑えられるそうです。ただ、空腹時の入浴は貧血を起こしやすいので、長風呂は避けた方がよいでしょう。

軽い運動を楽しむ

軽い運動には、ストレス解消や健康・若さの維持など、効果がたくさん!体を動かして気分がよくなると、食欲も抑えられるのです。

自宅でも手軽にできるものとして、

  • 段差を使って踏み台昇降
  • スロージョギング(その場で小走り)
  • ダンス
  • ラジオ体操・テレビ体操
  • ストレッチ

などがあります。いずれも好きなテレビ・DVDを見ながら、音楽を聴きながらでも行えます。

また、ダイエットで脂肪が減ると、同時に筋肉も減ります。筋肉が減ると、脂肪が燃えにくくなり、冷えや免疫力の低下につながります。美容と健康にもよくないのですね。

女性向けの足腰、腹筋、腕の筋肉を鍛える方法が、ネットでいろいろ検索できます。筆者個人の感想ですが、最も疲れず効果も出ているのがワンダーコア。ゆるく続けて約2年になります。

スマートの方を1日10分行なっているだけですが、足腰、腹筋、二の腕が引き締まり、特に足が細くなったとよく言われるようになりました。

効果が出るとやっぱり嬉しいですね。

ラクにゆるく続ける方法、提案します!

8時間ダイエットは、「ルールをゆるくして実践したけど成功した」という口コミが目立ちます。もちろん痩せるまでに多少時間はかかりますが、ゆるくやっても効果が出れば嬉しいですよね!

毎日きっちりやるのはつらい…効果が出るまで続かない…そんな人はゆるく続けてみませんか?

口コミから得た方法も含め、5つに分けてご紹介します。

8時間でなく、10時間12時間に

「仕事の関係で、食事を8時間以内におさめられない」「16時間空腹はきつい」…そんな人は食事できる時間を10時間、12時間など、ゆるめてみてはどうでしょうか?

できれば最後の食事を20時までには終わらせるようにしましょう。夜遅くに食事をとると、太りやすくなるからです。「夕飯早めダイエット」と組み合わせる感じですね。

仕事の関係で20時までの食事が難しい人でも、寝る2~3時間前までには食事を終わらせるようにしましょう。

カロリーをより消費してから寝る方が、成功しやすくなります。

週3日や週末だけに限定する

「毎日はつらい」…その場合は、週に3日や、1日おきで実践してみましょう。休日だけ取り組むのも一つの方法です。

8時間ダイエットを実践しない日も、なるべく以下のことを心がけると成功につながりやすくなります。

  • よく噛んで食べる
  • 野菜や海藻類、汁物などから食べ始める
  • 食物繊維を多く含む栄養バランスのよい食事
  • 寝る2~3時間前には食事を終える
  • 適度な運動

食を軽めにとる方法

空腹に耐えられない時は、食事できる8時間以外にも軽く食べてしまうという方法です。

たとえば

  • 食事時間12時~20時の設定→朝食にスムージー
  • 食事時間7時~15時の設定→夕食にスープ、リゾットなど
上記でも1~2ヶ月後には2~3kgの減量に成功したという口コミがありました。それまで3食たっぷり食べていた人などは、成功しやすいのかもしれません。

飲み会、食事会、気分が乗らない日は休む

食事時間6時~14時、9時~17時などの設定だと、夜のイベントに参加できなくなります。たとえ意志が固くても、職場のつきあいだと断りにくい場合もありますよね。

そんな日は、思い切って休むのはどうでしょう?それでも1~3ヶ月後に結果が出たという口コミが複数ありました。

食事できる8時間の設定は毎日同じ方が望ましいのですが、飲み会の日だけ設定を変える人もいます。仕事が不規則なので、最後に食事をしてから16時間あけていたという口コミもありました。

大切なのは、「ルールをゆるくしても続けよう」という意志なのだと感じます。楽しむことは楽しみながらも、頭の片隅にダイエットのことを日々置いておくとよいのかもしれません。

良い点に目を向け、痩せた自分をイメージする

8時間ダイエットの良い点は、よほどの暴飲暴食や極端に偏った食事内容でない限り、8時間以内なら何を食べてもよいことです。

よく考えてみると、もともとゆるいダイエット方法なのです。

ダイエットを「つらい」と思い込まず、痩せた自分をイメージして楽しみながら取り組みましょう。

成功したイメージを頭に焼き付けることで、本当に成功しやすくなると脳科学的に言われています!

ゆるく続けて理想の体型と健康を手に入れよう!

8時間ダイエットは、健康にも嬉しいダイエット方法です。

胃腸の調子や免疫力が高まったためなのか、「朝の目覚めがスムーズ」「昼間の眠気やだるさが解消」という口コミもありました。

筆者も1週間試してみましたが、昼食と夕食はいつも通り食べてお酒も飲んで1kgの減量。それ以上に嬉しかったのは、肌の調子がよくなったことでした!

少しでも効果が出たら感謝し、無理なくゆるく続けていきましょう。皆さんの理想の体型と健康を手に入れるお手伝いができたら嬉しいです。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る